今さら聞けない【看護技術】

皮下注射のやり方|皮膚を「つまむ」ときの注意点【新人ナース必見】

こんにちは、みもです。

皮下注射するとき、

とりあえず皮膚をつまんで実施

という看護師さんは多いのですが、これ半分正解で半分間違いなんです。

そこでこの記事では、「皮下注射」について以下の順でわかり易く解説していこうと思います。

この記事で分かること
  1. 皮下注射で皮膚をつまむ理由
  2. 皮下脂肪厚が5mm以下の場合、起きる怖いこと
  3. 【疑問】皮膚をつまんだまま薬液を注入するの?
  4. 皮下注射の手技を再確認しておこう

皮下注射の手技に自信が持てない看護師さんは必ずチェックしてくださいね。

皮下注射で皮膚をつまむ理由はたった1つ!

早速ですが、皮下注射で皮膚をつまむ理由を解説していきますね。

まぁ、皮下注射なので目的はただ1つ。

皮下の脂肪組織や結合組織に薬剤を注入するのが目的です。

じゃあ、あなたに質問。

先輩ナース
先輩ナース

確実に皮下注するには皮膚をつまむとき、何をチェックしたらいいでしょうか?

新人看護師
新人看護師

えぇーーーッ!何をチェックって言われても適当にムギュッとつまんでいるんだけど…(心の声)

と思っている方も多いことでしょう。

実は私もそう思っていました。笑

でも、ちゃんとエビデンスがあるんです。

看護師はただドクターの指示で皮下注をしている訳ではありませんよね。

先ほども言いましたが、皮下注射の目的は…皮下の脂肪組織や結合組織に薬剤を注入すること

確実に皮下に薬剤を注入するためには,少なくとも5mm以上の皮下脂肪厚が必要なんです!

Q.なぜ、5mm以上の皮下脂肪厚が必要なのか?

理由は2つあります。

1つ目は、皮下組織は脂肪と結合組織で構成されているため可動性があるので、つまむことで皮下組織を固定するため。

2つ目は、注射針が筋層まで届かないようにする目的です。

先輩ナース
先輩ナース

皮膚をつまんだときに、皮下脂肪厚をチェック!

皮膚をつまみあげた指と指の幅が1cm以上ある場所を選んで注射すればOKです。

では、もしも皮膚をつまんだ時、皮下脂肪厚が薄かったら(5mm以下)どんなことが起きるのか見ていきましょう!

 

皮下脂肪厚が5mm以下の場合、起きること

ここからはちょっと怖い話をします。

正確に皮下注射できなかった場合、以下のことが起きます。

5mm以下の皮下脂肪厚だった場合、筋肉の表面に走行している血管や神経に注射針が刺さることがある。

もし「血管」に注射針が刺さったら…

もし血管に注射針が刺さったら、静脈注射と同様の効果です。

皮下注はリンパ管や末梢血管からゆっくり吸収されるので効果発現は約30分ほど

一方、静脈注射の場合は、直接血管に入るので約10分で効果発現します。

薬剤吸収速度の速い順番↓

①静脈注射

②筋肉注射

③皮下注射

覚え方は、注射が速いのは『常勤のピカチュウ』。

脈注射

肉注射

ピカチュウ→皮下注射

先輩に必ず聞かれるので、覚えておきましょう。

予定よりも早くなったことで、思いもしない副作用が出ることもあります。

取り返しのつかない状況になる場合もあるので、確実に皮下注しなくてはなりません。

もし「神経」に注射針が刺さったら…

針先が神経に刺さった場合、患者さんはビリビリ…としびれる痛みを訴えます。

でも、病棟で働いていると、意識レベルが低い人、マヒや知覚鈍麻がある人もいますよね。

そんな患者さんの場合、訴えが遅くなって末梢神経障害を起こす危険があります。

悩む看護師
悩む看護師
末梢神経障害を起こしたらどうなるの?
先輩ナース
先輩ナース
リハビリや疼痛コントロールは時間がかかるので、患者さんのADLやQOLに大きな影響を与えることになります。

最悪なケースでは訴訟問題にも。

だから、皮下注射の合併症を予防するためにも、注射部位をつまむことは大切なんです。

\しびれの対処法をチェックしておこう!/

採血による「しびれ」の対処法【看護師が訴えられないための3ステップ】 とお困りではないですか? そこでこの記事では、採血による「しびれ」の対処法について以下の順で紹介していこうと思います。 ...

 

【疑問】皮下注って皮膚はつまんだまま薬液を注入するんだっけ?

この章ではよくある皮下注の疑問にお答えしてこうと思います。

皮膚をつまんだ手。

薬液を入れるときもつまんだままなのか、それとも離していいのか悩む方は多いです。

結論から言うと、皮下注は皮膚をつまんだまま注入しません

なぜなら、つまんだまま薬液を注入すると、投与した薬液が抜針したときに出てくることがあるからです。

悩む看護師
悩む看護師
薬液が出てくるって、どういうこと?
先輩ナース
先輩ナース
皮下組織は皮下脂肪と結合組織でできているんですが、あまりスペースがありません。

もともと余裕がないのに、約1ccの薬液を入れたらどうなる?

悩む看護師
悩む看護師
ピチピチな状態になる。
先輩ナース
先輩ナース
ピチピチな状態で皮膚をつまんだら?
悩む看護師
悩む看護師
針穴から薬液が出ていこうとする!

薬液を投与する前に皮膚をつまんだ手を離してシリンジを固定。しびれの有無や逆血がないか確認後、しっかり固定して注入しましょう。

皮下注射はゆっくり吸収させる目的があります。

だから、皮下注射の後は揉まない!

 

皮下注射の手技を再確認しておこう

皮下注射の一連の流れも再確認しておきましょう。

皮下注射で準備するもの

皮下注射で準備するものは、以下の通り↓

  • 注射の指示書
  • 手袋
  • 消毒綿
  • シリンジ
  • 針(23〜27G)
  • 薬剤
  • 針捨て容器
  • トレイ

皮下注射のやり方

手順は、次の【7ステップ】です↓

  1. 適切な体位をとってもらう:注射部位を露出して、腰に軽く手を当ててもらう
  2. 穿刺部位を決める:肩峰から肘頭のライン下1/3の位置
  3. 消毒する:皮膚をつまんで消毒する
  4. 穿刺する:刺入角度は10〜30°。針先の切り口を上にして2/3ほど挿入する
  5. 逆血がないか確認する
  6. 薬液を注入する:ゆっくり入れることで痛みを軽減
  7. 抜針し、止血する
先輩ナース
先輩ナース

注射部位を決めるとき、上腕に走行している「腋窩神経」と「橈骨神経」に注意しよう!(とくに橈骨神経)

詳しくは動画でチェックしましょう。

 

先輩ナース
先輩ナース

もし腹部でインスリン注射する場合、4mm針であればつままなくてもOKです。

穿刺部位、腹壁、大腿、臀部、上腕が候補になります。

多くは腹壁が選択されるのですが、理由は吸収スピード。腹壁>上腕>臀部>上腕の順に吸収が早くなります。

穿刺部位は毎回2〜3mmずつずらして打つのがポイント!

皮下注射とよく混乱するのが【筋肉注射】です。

筋注って皮膚つまむんだっけ〜?と思った方は【筋肉注射の手技】も合わせてチェックしておこう!

 

最後に

以上、皮下注射で皮膚をつまむ理由をわかり易く解説しました。

皮膚をつまむ理由が分かれば、もう皮下注のオーダーが出ても怖くないはず!

皮下注射するとき薬液を入れる際、痛くない方法は【筋注が痛くない方法】を参考にしてください。

\採血が上手くなりたい看護師さんへ/

新人看護師さんが採血で一人前になるために必要な全知識をまとめたよ!どうも、健診ナース9年目のみもです。 この記事は、新人看護師さんが採血で一人前になるために必要な全知識をまとめました。 新人...
【現役看護師がチョイス】跡がつかないお団子ヘアBEST5看護師のまとめ髪といえば…「お団子ヘア」です。 でもね… 仕事気分のまま帰りたくないので、仕事のあとは決まってダウン...

/普段のお団子ヘアの参考に!\