今さら聞けない【看護技術】

採血しながら血糖測定も同時にしたい!【シリンジと真空管のやり方】

どうも、みもです。

採血しながら血糖測定も同時にしたい時、「どうやってやるんだろう…」と新人ナースやブランクのある看護師は困りますよね。

そこで今回は、採血しながら血糖測定をする方法を紹介します。

  • シリンジ採血のやり方
  • 真空管採血のやり方

2パターンをまとめました。

ぜひ参考にしてくださいね。

シリンジ採血と真空管採血の違いとは?

一応確認ですが…

シリンジ採血と真空管採血の違いは知っていますよね?

もし自信がない場合は、こちらの記事を参考にして下さい↓

【今さら聞けない】シリンジ採血と真空管採血の違いって何?こんにちは、みもです。 実は…シリンジ採血と真空管採血の違いってよく分かんない。 何が違うのか教えてほしい! ...

といっても採血の手順(手技)は、シリンジでも真空管でも同じです。

採血のやり方
  1. 駆血帯をする
  2. アルコール消毒し、穿刺する
  3. シリンジを引くorスピッツを入れ替える
  4. 駆血帯を外し、抜針する
  5. スピッツに分注する(シリンジ採血の時だけ)

今回は、採血と同時に血糖測定をするやり方です。

ただし、シリンジ採血と真空管採血では異なるので、それぞれのやり方を見ていきましょう。

 

シリンジ採血で血糖測定を同時に行う

まずはシリンジ採血で血糖測定を同時にする方法です。

これに関しては、多分疑問を抱く人は少ないはず。

一応おさらいしておきますね。

採血+血糖測定をする方法
  1. 駆血帯をする
  2. アルコール消毒し、穿刺する
  3. 簡易血糖測定器の電源をオン、センサー(チップ)をセットする
  4. シリンジを引く
  5. 駆血帯を外し、抜針する
  6. スピッツに分注する
  7. 血糖測定を行う

手順としては、通常の手順の一番最後に血糖測定を行います。(スピッツに分注した残りの血液を使用するから。)

穿刺する前に血糖測定器の電源を入れる、センサー(チップ)をセットするのも忘れずにしましょう。(センサーをセットしたら自動にオンになるものも)

電源をオンして2分間操作されなければ自動にオフされます。採血、分注は素早く行ってくださいね。

センサーに血液を垂らす方法

人によって異なるポイントです。

私が病棟(糖尿病内分泌内科)で働いていた時に先輩に教わったやり方は、センサーの袋に血液を少し垂らし、センサーに吸わす方法を教えて貰いました。

※チップの場合は、めくったフィルムの上。

他にも、針とシリンジを外し、シリンジ側の血液を吸わす方法も。

どっちが正解という事はないので、自分のやりやすい方法でやって下さいね。

 

真空管採血で血糖測定を同時に行う方法

多くの新人看護師、ブランクのある看護師が悩むのがこっち。真空管採血しながら血糖測定を同時に行う方法です。

やり方の手順は次の通り↓

採血+血糖測定をする方法
  1. 駆血帯をする
  2. アルコール消毒し、穿刺する
  3. 簡易血糖測定器の電源をオン、センサー(チップ)をセットする
  4. スピッツを入れ替える
  5. 駆血帯を外し、抜針する
  6. 血糖測定を行う

流れはこんな感じで、シリンジ採血と同じで最後に血糖測定を行います。

で、一番気になるのがどうやってセンサー(チップ)に血液を吸わすのか?

私が知っている方法は3パターンあります。

  • シリンジを使う
  • 翼状針内の血液を使う
  • ホルダーの先端の血液を使う

シリンジを使って血糖測定をする

コストを考えるとあまりオススメしない方法です。

採血後にホルダーから翼状針を外しシリンジを装着。翼状針のチューブに残った血液をシリンジで吸って、センサー(チップ)に吸わせる方法です。

5ccのシリンジは1個10円くらい。血糖測定のためだけに使うのはやっぱりコストがかかりすぎですね。

翼状針内の血液を使う

翼状針のロックをせずに、針先を下にしてチューブを屈折圧迫すれば残りの血液が出てきます。

ただし、翼状針のロックをしないので、針刺しリスクがあるのであまりオススメしませんね

ホルダーの先端の血液を使う

針刺しリスクも、コストもかからない方法。ホルダーの先端の血液を使って血糖測定するやり方です。

とくに難しい工程はなく、採血が終わって、翼状針とホルダーを外して測定すればOK

誰でも簡単にできるので、私のイチオシのやり方です。

 

【おさらい】血糖測定+採血する方法(シリンジ採血・真空管採血)

以上、採血+血糖測定のやり方を紹介しました。

さっそく次の採血のときに試してみよう!と言いたいのですが、その前に注意点があります。

指先と静脈では血糖値が異なるということは知っていますか?

指先は、毛細血管の血液です。

ブドウ糖が組織に配られている血液。

一方、静脈血はブドウ糖が消費された後の血液です。

空腹時の血糖値は指先も静脈もほとんど同じですが、食後の血糖値では指先の方が高くなります。

そのことも踏まえて今回紹介した方法を試しましょう。

新人看護師さんが採血で一人前になるために必要な全知識をまとめたよ!どうも、健診ナース9年目のみもです。 この記事は、新人看護師さんが採血で一人前になるために必要な全知識をまとめました。 新人...