看護師の悩み

【看護師】ブラック病院の見分け方|失敗しないための注意点すべて

「ブラック病院」に入りたくないけど、どうしたら就職先、転職先の病院が「ブラック」なのか見分ける方法をお探しでないですか?

就職活動や転職活動の際に心配なのが、うっかり「ブラック病院」に入社してしまうこと。

入る前はいいところだと思っても、実は上司のパワハラが横行していたり、サービス残業が日常茶飯事…なんて目には遭いたくない。

でも、入社前に病院の悪い面まで教えてはくれないので、見分けるのが難しいです。

事前に判断できれば、わざわざ入らないのに…。

ただ、「ブラック病院であると思う条件」についての調査によると、

サービス残業、労働条件が過酷、上司によるパワハラ、新人イジメといった特徴のあるブラック病院は、あることに気を付けるだけで就職を回避することが可能です。

この記事では、就職・転職活動のそれぞれの段階でカンタンに実践できるブラック病院の見分け方について以下の流れでご紹介します。

最後まで読めば、どの病院がブラックなのか見分けられるようになり、無事ブラック病院への就職を回避する可能性がグッと上がるでしょう。

【ステップ①】ブラック病院の見分け方|求人情報の7つのチェックポイント

まずは、求人情報でブラック病院の見分け方です。

求人情報のチェックポイントは7つ

  1. 一年中ずっと求人が出ている
  2. パートやアルバイトを多く募集している
  3. 経験者限定の求人
  4. 病床数よりもかなり多めの看護師を募集
  5. 給与や賞与についての記載があいまい
  6. 休暇が少ない(年間休日110日未満)
  7. 各種手当に関する記載がない

一年中ずっと求人が出ている

ずっと「募集中」な病院ってありますよね。

入職してもすぐに辞めてしまうので、予備の人員を採用していることが考えられます。

どうして入職してすぐに辞めるのか…?

それはブラック病院の可能性が高いからです。

働いてみたら「思っていたのと違った…」ということでしょう。

いつから掲載されているものなのか確認する必要があります。

パートやアルバイトを多く募集している

パートやアルバイトを多く募集している理由は2つあります。

1つ目は、手当や賞与、社会保険代をケチりたいこと。

2つ目は、夜勤はしなくても、外来や日勤だけの勤務者がほしいこと。

常勤が定着しないから、非常勤でなんとかするしかないのです。

非常勤の割合が40%以上の病院はヤバいかも…。

経験者限定の求人

経験者限定は、お察しの通りです。

即戦力が足りていないということ。

どこの病院も新人よりも経験者の方が有り難いです。しかし「限定」とついている場合は要注意。

経験者やブランクへの教育体制が整っていない場合もあります

入職した途端、膨大な仕事や慣れていないのにリーダー業務を任されることもあるかもしれません。

病床数よりもかなり多めの看護師を募集

有床病院の場合、看護師が常在していなければならない人数が決められています。

人員配置基準とは?

入院患者数に対して看護師の人数が決められていて、施設によって割合は変わります。(※人員配置基準と7対1看護は別物です。)

一般病棟では患者:看護師=3:1

療養病棟では患者:看護師=4:1

老人保健施設では入所者:看護師(介護者)=3:1

例えば、一般病棟の場合、患者3人に対して1人の看護師が必要です。

入院患者が30名なら、常勤は10名必要です。

しかし、もし非常勤の場合は、常勤と働く時間が異なるので、人数が変わります。

常勤は週5、8時間で週40時間。一方、非常勤の場合、週4、5時間で週20時間です。

常勤換算を考えると、常勤の半分なのが分かります。

常勤1名=非常勤2名です。

つまり、人の出入りが激しいので、常に募集していないと人員配置基準を満たせない病院です。

先ほどの紹介した「パートを多く募集している」と同じで、常勤が定着しない理由があるのでしょうね。

給与が高すぎる

給与が明らかに高いのは、給与を高くしないと募集してこない病院の可能性が高いです。

また、入職後に求人情報でみた金額よりも低い給与のケースも。

他より高い給与の病院は、疑って対応したほうが後々いいですね。

各種手当や賞与に関する記載がない

看護師の場合、基本給が安くても手当でカバーすることも多いですよね。

それなのに、その部分を曖昧にしていたり、大まかにしか書いていない病院は、怪しんだほうが◎。

休暇が少ない(年間休日110日未満)

常勤で働く場合は、年間休日の日数も大事です。

年間休日110日未満はかなりキツイのでやめましょう。

というのも、年間休日110日未満は完全週休2日ではありません。

もし求人票に4週8休と書かれているのも危険。

年間休日120日以上ある看護師の職場ってどんな病院?【調査した結果】どうも、みも(@Nurse3Info)です。 今回のテーマは、看護師の年間休日。 というのも、転職したい看護師にとってお給料...

 

【ステップ②】ブラック病院の見分け方|転職サイトで紹介してもらうときのチェックポイント2つ

続いては、転職サイトで紹介してもらうときのチェックポイントです。

担当者(コンサルタント)で気をつけるポイントは2つ↓

  1. ある求人だけを、やたらと勧めてくる
  2. 担当者が言葉を濁す

ある求人だけを、やたらと勧めてくる

担当者に希望条件を伝えたあとに、希望条件とは異なる求人をやたらと勧めてくれば気をつけましょう

というのも、早く人員を補充したい求人の可能性が高い=ブラック病院です。

もし「人気の病院の求人なので、〇〇さんにオススメです。」と言ってくるのは、ウラがあります。

担当者が言葉を濁す

病院の雰囲気や仕事内容などを聞いているときに、担当者が言葉を濁したときは要注意です。

本音ではオススメできない求人の可能性があります。

「合う人には合うんですが…」

「慣れている人は問題なくて…」

「どこの病院も似たような悩みありますよね」

など危険ワードです。

 

【ステップ③】ブラック病院の見分け方|病院見学でのチェックポイント3つ

病院見学は、「ブラック病院」を見分ける絶好のチャンスです。

病院見学でのチェックポイントは3つ↓

  1. ナースステーションの雰囲気が悪い
  2. 働いているナースに笑顔がない
  3. 派手なメイク、髪色など清潔感ある身だしなみができていない
  4. 看護師の年齢層が高い

ナースステーションの雰囲気が悪い

まずは、ナースステーションの雰囲気をチェックしましょう。

といっても、外から見ただけではよく分かりません。

しかし、よーく観察してみてください。

ナースコールが鳴っているのに近くにいる看護師が出ようとしない、若手ナースはバタバタしているのに中堅&ベテラン看護師は座って話している、物が整理整頓されていない…など、おかしいと思うポイントがあるはず。

また、すれ違う看護師たちが、笑顔が少なかったり、疲れているように見えたら、長時間勤務や人間関係で疲れているのかもしれません。

慢性的に疲れ切ってしまい、笑顔にも気を配れない状態です。

派手なメイク、髪色など清潔感ある身だしなみができていない

ブラック病院の場合、とにかく人員補充のため、人を選ぶ余裕がありません。

だから、身だしなみがルーズな人も採用します。

つまり、清潔感がない看護師が多いです。

金髪に近い髪色、ボサボサのお団子ヘア、2〜3箇所のピアス、化粧が濃い、白衣が汚れている…など、見るからに清潔感とはいい難い。

看護師の年齢層が高い

見るからに若手看護師が少なく、ベテランばかり…という病院は、ブラック病院の可能性が高いです。

若手ナースが定着しない理由は、上司のパワハラ、イジメ、人間関係が悪い、教育体制がない、妊娠&出産後働きにくい環境、産休&育休が取れない、有給休暇がとれない…などなど、いろんな問題があるはず

 

【ステップ④】ブラック病院の見分け方|面接や内定後のチェックポイント3つ

最後は、面接や内定後(条件交渉など)のチェックポイントです。

内定を承諾したら、基本的に断るのは難しくなります

内定をもらう前に、ブラック病院か最終チェックしてくださいね。

チェックポイントは3つです↓

  1. 実際の勤務体制や休暇日数が求人情報と異なる
  2. 残業がないと言い切る
  3. 面接の場で即採用する

実際の勤務体制や休暇日数が求人情報と異なる

求人情報に掲載していた情報と、内定時に提示された雇用条件に違いがある場合は、ブラック病院です。

コンサルタントに相談して、辞退できるか聞いてみましょう

残業がないと言い切る

どんな職場でも残業がないと言い切れる職場はありません。

残業が少ない職場であれば、残業時間を聞いたら「月に2回、15分程度の残業をする程度です。」と具体的に答えてくれるはず

はっきりと「残業がない」と言い切れるのは、就業時間になったらタイムカードを押してサービス残業させている可能性が高いです。

面接の場で即採用する

面接が終わるや否や、「採用です」と言う病院はブラック病院しかありません。

その場で内定を言う理由は2つ。

1つ目は、募集してくる看護師が少ない。2つ目は、看護師に考える時間を与えず、逃さないため。

その場で一旦、内定を保留にする方法2パタン

「内定を頂き、ありがとうございます。

ただ、私自信の将来に関わることですので、他院選考、今一度考える時間を頂いてもよろしいですか」

「家族とも話し合おうと思います。後日、お返事させていただくという形でもよろしかったでしょうか」

丁寧かつ正直に伝えましょう。

合否を待っている病院がある等、他院の選考があることも正直に伝えて、いつ頃までに返事ができるか、できる限り正確に伝えてくださいね。

悩む看護師
悩む看護師
見分けるポイントを見ていたら、今の勤めている病院ってブラック病院かも…。
先輩ナース
先輩ナース
新卒の場合、ブラック病院だったと転職してから気づく人がほとんど。

ブラック病院の見極めるチェックリストを用意したので、今あなたが働く病院がいくつ当てはまるのか確認してみましょう

 

もしかして今の病院がブラックかも…【ブラック病院を見極める10のチェックリスト】

自分が働いている病院が次のチェックリストのうち、いくつ当てはまるかでブラック病院かどうか知ることができます。

さっそくチェックしましょう。

  1. あらゆる求人情報誌に求人情報を掲載している
  2. パートやアルバイトの看護師が多い
  3. 明らかな上司やお局からのパワハラ
  4. 転職を希望してもなかなか辞めさせてくれない
  5. 残業は基本的にサービス残業
  6. 有給は捨てるものという暗黙の了解がある
  7. 患者の安全よりもコスト重視
  8. 年間休日110日未満
  9. 夜勤の回数が上限を越えている(2交代:5回以上、3交代:8回以上)
  10. 昼休憩は就職を急いで食べて終了

いかがですか?

0〜2個の場合は、ブラック病院の可能性は低いです。

3〜6個の場合は、ブラック病院と言い切れないけど要注意。

7〜10個の場合は、ブラック病院です。今すぐに転職して脱出しましょう。

先輩ナース
先輩ナース
チェックした結果、ヤバいかも…と思ったら、迷わずに転職するようにしてくださいね。

【2020年最新版】看護師におすすめ転職サイトランキング|本当に使って良かったベスト3を紹介

 

ブラック病院をすんなり辞める方法【転職サイトを使おう】

先ほどのチェックリストで、自分が働く病院がブラック病院だった。

そんなときはどのような行動をとるべきなのでしょうか?

もしあなたが毎日辛い…と感じているなら、今すぐにでも転職しましょう。

といっても、ブラック病院はすんなり退職を認めてくれません。

悩む看護師
悩む看護師
引き止められるって聞いたことある。

辞めれないときはどうしたらいいの?

先輩ナース
先輩ナース
退職届を郵送で送って強行突破する方法もありますが、トラブルが耐えません。

かといって退職代行を使うと高額になります。

そんなときにオススメなのが、転職サイトです。

悩む看護師
悩む看護師
転職サイトって退職サポートもしてくれるの?
先輩ナース
先輩ナース
一部の転職サイトでは、円満に退職できるようにサポートをしてくれます。

せっかく転職するなら、使わないと損ですよね。

退職まで手厚いサポートをしてくれる看護師転職サイトといえば、看護ルーです。

毎年2万人の看護師が利用していて、いろんな看護師をみてきたコンサルタント。あなたの状況に近い看護師を参考に、退職サポートをアドバイスして貰えます。

【追伸】次に働く病院もブラックかも…と心配な人へ

新卒で入った病院がブラック病院なのはよくあるケース。

それなのに2度もブラック病院に入職するなんて、「次もブラック病院に違いない」と諦めないで。

あなたに合う病院は絶対にあります

次こそブラック病院に引っかかりたくないと思うなら、まずは信用できるコンサルタントを見つけることが重要です。

悪いコンサルタントは、自分や自社の利益のことしか考えておらず、ブラック病院と知っておきながら勧めてきます。

それを予防する方法が、比較することです。

1社に絞らずに、2〜3社の転職サイトを併用して、コンサルタントの対応をチェック。

同じ病院の情報でも、A転職サイトとB転職サイトでは全く違うことを言ってくる場合があります。

どちらかが嘘をついている可能性がありますが、見極めるのは難しいです。

さらにもう1社の転職サイトを利用して、信用できるコンサルタントを見つけることがブラック病院に引っかからないコツ。

そして、最初からコンサルタントの質がいい転職サイトを使うのも大切です。

ブラック病院を回避できるコンサルタントの質がいいと評判の看護師転職サイトはこの3つ↓

第1位:看護roo!
満足度96.2%の人気の転職サイト

非公開求人も豊富で、転職サポートが手厚いと評判です。

無料登録特典「転職ガイドブック」は、これからの転職活動で大活躍するアイテムになるはず。

第2位:看護のお仕事
あなたに一番寄り添ってくれる転職サイト

「看護のお仕事」のアドバイザーは、とにかく対応が早くて丁寧です。求人リクエスト機能もあるので、交渉も得意!

LINEでやり取りできるので、電話が苦手な人にオススメです。

第3位:マイナビ看護師TOP
認知度No.1

全国のエリアに強く、病棟以外の求人も豊富です。

東京、大阪、名古屋などの都心だけでなく、キャリアアドバイザーに直接会って相談することができます(全国21箇所)。

3社を比較して、信用できるコンサルタントを見つけてくださいね。