新人看護師のよくある悩み

【2022年最新】新人看護師におすすめ転職サイト|人気ベスト3

✓看護師転職サイトってありすぎ…。どうやって選んだらいいの?

✓看護師転職サイトって電話がしつこいし、ブラック病院ばかり紹介されそうで利用する気にならない…

✓親身になって寄り添ってくれる看護師転職サイトがあるなら利用してみたい

上記の悩みを解決します。

この記事では、新人看護師(初めての転職者)に人気の看護師転職サイトを徹底的に調査して、”満足度の高い看護師転職サイトのランキング”を作成しました。

看護師転職サイトをどこにするか迷われている方にとっては一見の価値ありです!

看護師転職サイトを何社も活用してきた私が紹介します

看護師転職サイトを利用することで、「求人検索」「書類添削」「日程調整」「病院へのフォロー」など丸投げできるので、初めての転職でやり方がわからなくても効率的に転職活動ができますよ

要するに、
何でも一人でやろうとするより、頼れるところは頼ることが成功の秘訣ってわけですね。

とはいえ、ハズレな看護師転職サイトを引くと苦労するので、看護師転職サイト選びはしっかりしないとダメです。

求人の質が高く、サポートが手厚い看護roo!(看護ルー)がNo.1です。

実際に利用しましたが、徹底したサポート体制で安心感が格段に違って、とても満足度が高いサービスだと感じました!

ランキング1位!満足度No.1/
公式サイトはこちら

目次
  1. 看護師転職サイトランキングの比較ポイント
  2. 【徹底比較】看護師転職サイトのおすすめランキング
  3. ヤバい担当者の特徴5つ!こんなアドバイザーは避けよう
  4. 合わない、イラッとする担当者に当たってしまったときの対処法
  5. 看護師転職サイトの付き合い方【15のテクニックで使い倒そう】
  6. 転職に関するよくある質問【新人看護師の悩みにズバッと答えます】
  7. 【まとめ】新人看護師におすすめ転職サイトランキング1位は「看護roo!(看護ルー)」

看護師転職サイトランキングの比較ポイント

今回のランキングでは3つのポイントから看護師転職サイトを順位づけしています。

第一に優先するのは「実績」です。

なぜなら…
実績があるということは、それだけ転職ノウハウがあるということだし、医療機関との関係性があるということの証明でもあります。

また、実績は会社の業績にも直結します。

つまり、資金についても余裕があれば、アドバイザーの教育がしっかりできている可能性も高いってわけです。

裏を返せば…
実績がない会社を利用した場合、利用者の希望に合わない求人を無理やり押し付けられるかもしれません。

せっかく看護師転職サイトを使うのに、アドバイザーにとって都合よく転職活動を進められることは避けたいはず

実績があるかどうかを基準に置いて頼れるアドバイザーを選びましょう。

次に「エリア」「人気」の面で、評判が高い看護師転職サイトを上位としています。

判断基準
  • 実績:創業年数や年間の利用者数
  • エリア:取り扱っている求人の地域
  • 人気:比較サイトのランキングや利用者の評判

 

【徹底比較】看護師転職サイトのおすすめランキング

3つの比較ポイントから本記事ランキングで1位となったのは「看護roo!(看護ルー)」です。

紹介実績を多く積んでいることから、より多くの情報を得られることと、面接対策と条件交渉が評価を集めました。

さっそく申し込む⇒公式サイトへ

実績・エリア・人気の比較表

1位 看護roo!(看護ルー):サポートが手厚い定番サイト

看護業界でもトップクラスの知名度・実績を誇る「看護roo!(看護ルー)」。

社歴は42年の長い歴史ブランド力があり、転職業界でも3本の指に入る大きな看護師転職サイトです。

看護roo!の一番の特徴は、ビジネススタイルにあります。

一人のアドバイザーが病院側と求職者側の対応をする「一気通貫性」という主に欧米で主流のビジネススタイルを取り入れることで、手厚いサポートを実現しています。

求職者に病院を紹介してから実際に入職するまで、面接の日程調整や面接対策などの一連の流れに携わるため、双方を十分に理解したうえで確実にサポートできるのです。

ちなみに、一般的なビジネススタイルは分業制です。

アドバイザー同士で十分な情報共有ができてない場合、いちいち確認の連絡を取らなくてはなりません。

例えば、「残業って月どれくらい?」と質問されても、情報共有できていないと担当者に確認をとらないと答えられないため、返答に時間がかかります。

タイムロスが生まれ、お互いの魅力を的確に伝えるのが難しくなるのです。

一方、看護roo!の一気通貫制なら、双方を十分に理解できるため、スピーディな対応が可能になります。

アドバイザーは病院側の採用基準を把握したうえで、求人紹介や履歴書作成、面接対策をしてくれるから、大きく外すってことはなし。

むしろ、効率よくアピールできたり、マッチング制度が高くなるってわけです。

経験やスキルに不安がある新人看護師だからこそ、看護roo!のこのビジネススタイルがおすすめ。

が、しかし!

このビジネススタイルには、デメリットがあります。

一般的なビジネススタイルである「分業制」と違い、双方の顧客を担当するため、自然と一人のアドバイザーの負担が大きくなります。

そのために対応できる求人病院数や求職者数に制限がかかってしまうのです。

とはいえ、看護roo!ならその心配もありません。

なぜなら、一気通貫性のデメリットをうまくカバーしているからです。

求人病院数の制限って聞くと、ガッカリする人も多いと思います。

たしかに取り扱っている求人数が多ければ多いほど、自分の希望にあう求人が見つかる可能性が高くなるでしょう。

ですが、求人ページや紹介された求人情報が、サービス残業や休みが少ない、給料が低いなど離職率の高い病院ばかりだったらどうですか?

私は嫌です。

それってハローワークとほぼ一緒。

看護師転職サイトを使っても離職率の高い病院を選んでしまう可能性があります。

つまり、
前職のように病院選びで失敗したくないなら、求人の”量”よりも”質”が大事ってことです。

看護roo!は、レバウェル看護やナース人材バンクのように10万件を超える求人数はありませんが、厳しい基準をクリアした病院だけを厳選

また、注力エリアを関東や東海、関西などの都市部に絞ることで、満足度を高めているのです。

とても満足度が高いサービスなので、都市部で転職したい方に特におすすめ。

実際に利用してみて、手厚いサポートだと感じました!

面談時間は30分以上かかったけど、しっかり話を聞いてくれたうえで求人紹介してもらえたから的外れの求人紹介はなし。

面接対策では非常に丁寧で詳しいアドバイスがもらえたから、落ち着いて面接に臨めたのも良かった。

ダメもとで頼んでみたら給料アップが起きたり、登録すると内容盛りだくさんの転職ガイドブックが無料でもらえるなど、満足度はかなり高いです。

\転職ガイドブックはなくなり次第終了!/
公式サイトはこちら

おすすめの方
  • 関東・東海・関西の都市部で転職したい
  • 量よりも質の高い求人の中から選びたい
  • 面接が苦手でしっかりサポートしてほしい

実績
東証一部上場の株式会社クイックが運営。(創業1980年)
年間2万人以上の看護師が利用し、利用者満足度96.2%(※看護roo!調べ)

公開求人数
62,349件(2022年9月26日時点)

非公開求人数
非公開(2020年以前は50%以上)

対応エリア
関東/東海/関西

事業所(オフィス)
東京(赤坂)/名古屋(栄)/大阪(梅田)/神戸(三宮)

対応職種
看護師/准看護師/助産師

対応施設
一般病院/大学病院/一般+療養/療養型病院/精神病院/クリニック/訪問看護/介護施設/健診センター/保育園・学校/その他施設

対応雇用形態
正社員(夜勤あり・なし)/パート/派遣(※看護roo!派遣

サービス
面談/応募書類の添削/面接対策/年収交渉/入職後のアフターフォロー

アドバイザーとの連絡方法
電話/メール/LINE

利用特典
【今だけ】無料登録で「転職ガイドブック(P143)」がもらえる

2位 レバウェル看護(旧 看護のお仕事 ):月間ユーザー数が25万人!

月間の利用者数が25万人にのぼる「レバウェル看護(旧 看護のお仕事 )」。

オリコン顧客満足度®調査の評価項目別ランキングで3冠受賞し、今もっとも人気の看護師転職サイトです。

レバウェル看護の大きな特徴として、内部事情の独自調査がストイックなことが挙げられます。

年間4000回を超える職場訪問で、医療方針から辞めた人の理由までとことん情報収集しています。

あなたに合う職場かどうか、職場の情報とヒアリング内容を照らし合わせてアドバイスしてくれるので、「働いてからやっぱり違っていた…」ということが少ないってわけですね。

以前の記事【なぜか新人がどんどんやめる職場】でもお伝えしましたが、入職1年以内で辞める大きな原因はイメージと現実との乖離によるリアリティショックによるもの。

入職後「実際に思っていたことと現実が違った」ということを感じて辞めてしまうため、より詳しい内部事情を集めておくことは効果的です。

ちなみに、

実際に私が教えてもらった内容は…

有給消化率や希望休の取りやすさ、働いている年齢層、産休育休の実績(人数)、看護師長の性格、退職する理由など、実際に働かないと分からないことを教えてもらえました。

しかも、良いことだけでなく、悪いことまで包み隠さず教えてもらえたので、最終的に決断する際に役立ちましたよ。

ただ、全国対応と謳っている割に、求人が少なめと感じるエリアもあります。

在籍するアドバイザーを見て分かるとおり…(2022年12月時点)

  • 北海道・東北エリアは3名
  • 関東エリアは15名
  • 甲信越・北陸エリアは2名
  • 東海エリアは9名
  • 関西エリアは3名
  • 中国・四国エリアは6名
  • 九州・沖縄エリアは4名

このように地域差があるため、地方で転職したい方は要注意。

とはいえ、転職時期によってアドバイザーの人数や求人数は変動するし、地方に特化した看護師転職サイトはごく稀です。

地方で転職したい方は、全国対応の看護師転職サイトに登録しておいて損はないでしょう。

\会員登録は無料
公式サイトはこちら

おすすめの方
  • 内部情報を詳しく教えてほしい
  • 良いことも悪いことも両方知っておきたい
  • 初めて看護師転職サイトを利用する

実績
月間ユーザー数25万人(※2022年10月実績)
「オリコン顧客満足度®調査」担当者の対応/紹介案件の質/交渉力の3部門で第1位(2022年)

公開求人数
138,300件(2022年9月26日時点)

非公開求人数
非公開(2020年以前は約40%)

対応エリア
全国

事業所(オフィス)
北海道(札幌)/東京(渋谷・立川)/埼玉(大宮)/千葉(船橋)/神奈川(横浜)/名古屋(栄)/大阪(西梅田)/広島/福岡(天神)

対応職種
看護師/准看護師/助産師/保健師

対応施設
総合病院/一般病院/クリニック/特別擁護老人ホーム/訪問看護/有料老人ホーム/デイサービス/重症心身障害者施設/保育園/検診センター

対応雇用形態
正社員/パート/アルバイト/派遣/紹介予定派遣/日勤常勤/夜勤専従常勤/夜勤専従パート/非常勤

アドバイザーとの連絡方法
電話/メール/LINE

サービス
面談/応募書類の添削/面接対策/年収交渉/入職後のアフターフォロー

利用特典
24時間いつでも電話相談可

3位 マイナビ看護師:実際にアドバイザーと会って相談できる


「マイナビ看護師」は、あのマイナビが運営する看護師向けの転職サイト。

認知度は5年連続No.1を獲得しているので、今回「どの看護師転職サイト使おうかな…」と思ったときにパッと頭によぎった人もいるのではないでしょうか。

マイナビ看護師の大きな特徴としては、直接会って面談するスタイルです。

忙しくて来院が難しい場合は、Web面談も行っているので、アドバイザーの顔を見ながら面談することができます。

わざわざ”会う”にこだわる理由は、寄り添ったサポートをするためです。

一般的には最初の面談は電話で行うケースがほとんど。

初対面なら尚更、電話ごしの声だけでは感情を読み取るのは難しいですよね。

でも表情やジェスチャーがあればどう?

言葉よりも感情がぐっと掴めやすくなりますよね。

それに転職が初めてだと言葉にできない不安や心配ごともいっぱいあるはず。

電話では気づいてもらえなかったことが、1対1で会うことで気づいてもらえることもあります。

転職したいのに、なぜか胸がザワザワしたり、不安で眠れなかったりするようなら、マイナビ看護師のアドバイザーに相談してみましょう。

これまでに3回マイナビ看護師を利用しましたが、どの担当者も熱意がすごい。

とにかく熱心に動いてくれ、全力でサポートしてくれようとする気持ちが伝わってきました。

ただ、看護roo!は次の日に返答してくれた内容でも、マイナビ看護師は2日以上経ってから。

先ほどお伝えしましたが、
看護roo!は一気通貫性で、マイナビ看護師は分業制とビジネススタイルが異なります。

返答が遅かったのは担当者の問題ではなく、おそらくビジネススタイルが原因です。

マイナビ看護師だけの独占求人、美容や企業などの病院以外の求人も多いので、登録しておいて損はないはず。

\登録はたった1分/
公式はこちら

おすすめの方
  • 直接会って担当者さんを選びたい
  • 美容など未経験の分野のセミナーを受けたい
  • マイナビ看護師だけの独占求人もチェックしておきたい

実績
看護師を対象とした人材紹介サービスで「5年連続認知度No.1」(GMOリサーチ株式会社調べ)

公開求人数
50,635件(2022年9月26日時点)

非公開求人数
30%(独占求人も含む)

対応エリア
全国

事業所(オフィス)

札幌/仙台/銀座/新宿/西東京/横浜/さいたま/群馬/茨木/静岡/新潟/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡/熊本/鹿児島

対応職種
看護師/准看護師/助産師/ケアマネージャー

対応施設
病院/クリニック/診療所/美容クリニック/施設/訪問看護ステーション/一般企業/治験関連企業/保育施設/その他

対応雇用形態
正社員/契約社員/パート/アルバイト/業務委託/常勤/夜勤なし/夜勤専従/その他

アドバイザーとの連絡方法
電話/メール/LINE

サービス
面談/応募書類の添削/面接対策/年収交渉/入職後のアフターフォロー

利用特典
オンライン面談や面接できる
美容や治験などのセミナーを受けられる

 

ヤバい担当者の特徴5つ!こんなアドバイザーは避けよう

先ほど紹介した実績があって人気の看護師転職サイトであっても「ヤバい担当者」がいないとは言い切れません。

次のようなアドバイザーにあたっていないかチェックしておきましょう。

あなたの転職が成功するかは、担当者次第です。

というのも、
看護師転職サイトに登録すると、あなた専属の担当者がつきます。

面談から求人紹介、応募書類の作成、面接対策、日程調整、条件交渉など、内定までしっかりフォローしてくれます。

利用の流れはこんな感じ↓

看護roo!に登録して転職するまでの流れ

引用:マンガで楽々!看護roo!のサポートの流れ

担当者と関わるのは、どこもめちゃくちゃ重要なシーンしかありません。

これから一緒に戦うパートナーなので、
信頼できる人や、コミュニケーションが取りやすい人がいいですよね?

ところが…
中には合わないと感じてしまう担当者がいるのも事実です。

実際、SNSやネット上の掲示板をみると、
看護師転職サイトへのネガティブな書き込みの多くは、担当者の質に関してのもの

転職で成功したいなら、ヤバい担当者の特徴に当てはまっていないかチェックしておきましょう。

1日に何度も電話やメールをしてくる

知っている人もいると思いますが、担当者との連絡は、電話やメールで行います。

とくに多いのが、求人紹介の連絡です。

看護師転職サイトへの登録後の面談で、あなたの経歴やスキル、希望条件といった情報を担当者に伝えていると思います。

それを踏まえて、担当者があなたに合った求人を紹介してくれます。

ただ、
「応募してもらいたい」といった気持ちが前に出てしまうがゆえに…1日に何度も何度も連絡してくる担当者も少なくありません

実際に私も、勤務中に何度も担当者から連絡があり、着信履歴をみて「5件も着信って何事?!」とビックリした経験があります。

たしかに考えようによっては、熱心に対応してくれているのかもしれません。

が、しかしです。

仕事などで忙しいなか、1日に3回、5回も電話がかかってくると、面倒くさいし、うっとうしいですよね?

夜勤後の寝ている時間だったら、「もういい加減にして!」と怒る人もいるはず…。笑

相手のことをキチンと考えられる担当者は、連絡内容を1回にまとめるなど、こちらに配慮した連絡の仕方をしてくれます

当たり前のことですが、
それが信頼関係を築くってことですよね?

偉そう、上から目線の態度

あなたは、担当者がどんな立場なのか知っていますか?

担当者は、これから一緒に戦うパートナーです。

ビジネスとはいえ、あなたに寄り添って一緒に転職活動を進めていくのがパートナーの役割。

意見を押しつけたり、キャリアについて説教する立場ではありません

ところが、
「あなたは高望みしすぎてる」「もっとキャリアを積まないと」と、高圧的に説教じみた言い方をする担当者がいます。

(とくに経験浅い看護師に対して多い傾向。)

もちろん求職者のことを想って言いづらいことをハッキリ伝えるのも大切です。

ただ、説教口調で伝える必要はないので、偉そうにするお局や看護師長と同じで、人として信用できませんよね。

自分が推したい求人ばかり紹介する

看護師転職サイトは、求職者が病院に入職してはじめて、病院から報酬を得ることができます。

まぁ…ぶっちゃけ、業績を上げるためには「入職させたい」というのが本音です。

担当者の中には、売上を重視するがあまり、求職者にふさわしくない求人を紹介したり、無理やり応募させる人もいます。

よーく考えたら分かることなんですが、
担当者に言われるがまま病院へ入職できたとしても、仕事や人間関係にミスマッチを感じてしまい、結果的に退職することになりますよね?

注意してほしいのは…
興味のない求人をゴリ押しされても、こちらの意見に耳を傾けない担当者は要注意ということです。

パートナーの気持ちにより添えない担当者は、本当のパートナーと言えるのでしょうか?

連絡してもレスポンスが遅い

ビジネスにおいて信頼関係を築くのに、電話やメールのレスポンスの速さは重要です。

どんなに素晴らしい求人を紹介してくれたとしても、質問メールの返答が3日後。電話しても折返しが翌日。

恋愛の駆け引きだったら成功かもしれません。

ですが、これはビジネスの関係。

レスポンスが遅すぎると、相手への信頼はどんどん下がってしまいます。

実際に私もレスポンスが遅い担当者にあたってしまい、えらい目に遭いました。

3日前に応募すると伝えた求人が、締め切られて応募ができないと言われたのです。

はぁ〜?って話ですよね。

「もし3日前にすぐ応募してたら私が採用されていたかもしれない」

連絡が遅いのは、明らかに後回しにされています。

サポートの優先順位を上げれなかった私も悪いのですが、パートナーと思っているならこんな結果にはなっていないはずです。

内定を急かす

担当者はパートナーですが、
内定を承諾するしないと最終的に決断するのはあなた自身です。

ですが、
担当者の中には「早く売上にしたい」とか「ほかの転職サイトに決められたくない」と思うがあまり、ただの自分都合で内定を急かす人もいます。

当然のことなんですが、
パートナーとして認識があれば、あなたのことを一番に考えてくれるはず

もし内定を急かしてきたら、遠慮なく断りましょう。

 

合わない、イラッとする担当者に当たってしまったときの対処法

先ほどのヤバい担当者ではないけど、なんか微妙。

最初は良かったのに、やりとりする中で合わないかもと思ってきた。

そう思ったらすぐに、担当者に不満をぜんぶ伝えましょう。

「えッ!不満って言っちゃっていいの?」と思った方もいると思いますが、不満はぶつけるべきです。

だって、担当者とはあくまでもビジネスの関係だから。

友だちでも職場の同僚でもありません。

あなたは「看護師転職サイトのサポート」に登録した理由を思い出してみてください。

  • 自己分析をして「転職の基準」を明確にしたい
  • 確実に自分にピッタリ合う職場を探したい
  • 限られた平日休みに面接を取り付けたい
  • 面接官が会いたいと思う履歴書を作成したい
  • 「ぜひ、うちに来てほしい」と思ってもらえる面接練習がしたい
  • 言いにくい給料アップの交渉してもらいたい
  • 迷ったときこそプロの意見・アドバイスしてほしい

それもこれも、転職で失敗したくないからですよね。

だったら、我慢するのだけはNG!

あなたが我慢しても転職活動にいい影響は絶対にありません。

むしろ悪影響が出てしまう可能性があるので、きちんと不満を伝えて、すばやく対処してもらいましょう。

気になることはぜんぶ伝えてOK

担当者とのやりとりで気になることがあるなら、隠さずにぜんぶ伝えちゃってください

今あなたが心配すべきなのは、担当者との関係性ではありません

転職を無事、成功させることですよね?

例えば、勧めてくる求人が微妙に希望とズレている場合。

ストレートにズバッと不満を伝えてもいいのですが、大人の対応がしたいなら聞き方を工夫しましょう。

1年目ナースの杏ちゃん
1年目ナースの杏ちゃん

この求人、私の希望条件とはちょっとズレていると思うんですが、何か意図があるんでしょうか?

こんなふうに聞いてみましょう。

どうしてもムリなら担当者をチェンジ!

不満を伝えても対応してくれない。

どうしてもムリ!

そんな場合は、担当者をチェンジすれば大丈夫です。

私も生理的にムリな人がいて、担当者を変更してもらいました。

直接本人には言いづらいと思うので、気兼ねなく依頼できる「お問い合わせフォーム」を使うのがオススメです。

ここからが重要なんですが、
なんと言って(書いて)担当者を変更してもらえばいいと思いますか?

「担当者を変えてほしい」

これだけではダメです。

濁したり曖昧に伝えるとまた同じような担当者になる可能性があるので、不満や嫌だったことをぜんぶハッキリと伝えましょう。

「いつも高圧な接し方をされるので、萎縮して本音で話せません。」

「連絡頻度について何度もお願いしているにも関わらず改善してもらえません。」

前の人と同じような担当者に当たりたくないなら、ちゃんと本音を伝えましょう。

それが今後の転職活動がスムーズに進めるコツです。

そもそも担当変更してもらうこと自体、気に病む必要はありません。

後任の担当者さんいわく、「看護師転職サイトでは、担当変更はよくあること」だそうです。

私たちが思っているほど、担当者の変更は気にしなくてもいいみたいですね。

別の転職サイトへ乗り換える

担当変更をお願いしても、なかなか対応してもらえない。

変更してもらったけど、別の担当者も合わない。

なんてこともあるでしょう。

そういう場合、看護師転職サイト自体と相性がよくないのかもしれません

幸いにも看護師転職サイトはたくさんあって、あなたにピッタリの会社は必ずあるので、ムリにその看護師転職サイトを使い続ける必要はないってことです。

 

看護師転職サイトの付き合い方【15のテクニックで使い倒そう】

転職の成功率を高めるためには担当をうまく味方にできるかが重要!

ということで、
ここからは、実際に看護師転職サイトの活用したテクニックをぶちゃけようと思います。

…で、賢く使いこなすテクニックこれ↓

活用テク①正直に話す

つい見えを張ってしまって…とウソをついてしまう人もいるのですが、最適な求人紹介や選考対策ができるようにすべて正直に話しましょう。

担当者は、これから2〜3ヶ月、一緒に戦うパートナーです。

パートナーにウソをつかれたら嫌ですよね?

そもそも嘘をつくような人を信頼できるかって話です。

私はできないし、あなたもそうですよね?

例えば、うつや適応障害で休職したことがある。できない看護技術をできると言ったり。

担当者に本当のことを伝えたら、「求人を紹介してもらえないかも…」という不安があると思います。

ですが、ウソをついたり、わざと隠して採用されても、入職後に苦しむのはあなた自身です。

私が思う良きパートナーとは、

転職に不利なことがあっても、それを突破するサポートをするのがパートナーの仕事だと思います。

包み隠さずに打ち明け、突破口を本気で探してくれる人

あなたには、そんな担当者を選んでほしいのです。

活用テク②紹介された求人が妥当かを自分で判断する

担当者に紹介された求人ぜんぶに応募する人も多いのですが、オススメしません。

必ずしも希望条件やキャリアを叶えられそうな求人とは限らないからです。

提案された求人を見返して、「本当に自分の希望に合ってる?」と一度疑ってみましょう。

冷静にみて「希望とは程遠いものばかり」「一貫性がない」と感じた場合は、改めて希望条件を伝えてみてください。

それでも希望とズレている求人であれば、担当者と合わない可能性大

時間をロスにしないために、担当者を変えたり、別の転職サイトに乗り換えましょう。。

活用テク③日程をうまく調整してもらう

看護師転職サイトを利用すると、面接のダブルブッキングなどトラブルを未然に防ぐことが可能です。

在職中に転職活動する場合、面接の調整が困難になります。

というのも、
看護師はシフト制で、勤務表ができるのはいつもギリギリ。

「面接があるのでこの日休ませてください」とはお願いしにくいですよね。

とはいえ、面接は平日に限られます。

夜勤明けや平日休みに面接を一気に済ませようと思ってしまい、結果ダブルブッキングが起こりやすくなるのです。

担当者にお願いすればその心配はありません

また、退職で引き止めにあった場合でも、入職日の調整も行ってくれます。

活用テク④面接対策をしてもらう

看護師転職サイトは、求人を取り扱う病院すべての面接の傾向を把握しています。

つまり、
面接官が見ているポイントを重点的に対策ができるってワケ。

看護roo!の面接対策は定評なので、面接が苦手な人はぜひ利用しましょう!

地方で探している人でも、登録特典の「転職ガイドブック」はゲットしておくべき。

というのも、
面接のコツについてビッシリ(約22ページ)書かれています。

登録すれば誰でももらえるけど、ゲットできるのは今だけ。

ほしい方はこちらから無料登録すれば、1週間ほどで届きます。転職活動にまだ間に合いますよ。

活用テク⑤残業や福利厚生は転職サイト経由で聞く

興味の持った病院の残業や福利厚生など待遇面の質問は、担当者を通じて聞くのがベスト!

なぜなら、直接病院へ聞いてしまうと「待遇ばかり気にして…」と懸念を抱かられる可能性があります。

直接質問しないほうが無難です。

担当者に聞いておきたい内容は、

  • 有給の取得率・取りやすさ
  • 職場の雰囲気
  • 上司のキャラクター
  • 給料が高い理由
  • 直近退職した人の退職理由
  • 寮の詳細

など。

同期や先輩から聞いた噂の真相も担当者に確かめておくと安心です。

活用テク⑥面接後のフォロー

担当者は面接後に病院側の担当者と連絡を取ります。

面接でうまく言えなかったことを伝えておけばフォローもしてくれます。

活用テク⑦面接後のフィードバックを教えてもらう

面接に落ちたときも、理由をフィードバックしてくれるため、次の面接に活かすことができます。

通常だったら聞くことができない内容なので、自分自身を見直すきっかけにもなりますよ。

活用テク⑧給料交渉を代行してもらう

自分では言いにくい給料交渉の代行は、看護師転職サイトを利用するメリットの1つ。

交渉はやり方を間違えると評価が下がるので、やり方を熟知している担当者にお願いしたほうがいいでしょう。

活用テク⑨推薦文を見せてもらう

看護師転職サイトを利用した場合、履歴書とは別に「推薦文」が病院側に渡されます。

推薦文を書くのは私たちではなく担当者。

担当者が書いた推薦文をみて病院側は、

「ぜひとも会ってみたいわ!」と思うのか、

「大した事なさそう」と思うのか、

「変な人がくるみたい」と思われるのか。

内容次第では、変なバイアスがかかるので要注意です。

亜子先輩
亜子先輩

内容に誤りがないか確認するために、一度見せてもらいましょう。

活用テク⑩自分に向いている職場を聞く

自分は向いていると思っていても、第三者からみたら向いていない場合もあります。

思い込みだったり、願望だったり、自分を真っ直ぐに見ることができません。

また、看護師の職場は、意外と知らない働き方がいっぱい。

視野を広げるために、転職のプロの意見を参考にしてみましょう。

活用テク⑪他の転職サイトに登録していると伝える

看護師転職サイトには優先順位があります。

というのも、
担当者はあなただけでなく、複数の看護師を担当。

みんな平等にサポートが理想ですが、ビジネスとして転職支援を行っているので、利益に直結しそうな看護師から優先的にサポートすることになってしまうのです。

じゃあ、どうすれば優先的にサポートしてもらえると思いますか?

  • すぐに転職しようとする意思がある人
  • すぐに決まる可能性がある人

優先的にサポートするのはこんな人です。

ですので、

「すぐにでも転職したいので、複数の転職サイトに登録していますが、忙しくて実際に面談にくるのは御社が初めてです。」

といえば担当者は本気になるはず。

活用テク⑫担当者と相性が悪いときは即チェンジ

先ほども言いましたが、合わない担当者に我慢する必要はありません。

看護師転職サイトでは、担当者が変わることは日常的。

お問い合わせフォームでカンタンに変更できるので、合わないときは即チェンジしましょう。

活用テク⑬内情や生の声を聞く

看護師転職サイトを使えば、公にはでない情報や、コネがなくても実際に働く看護師の生の声を聞くことができます。

というのも、
担当者は、実際に医療機関に訪問し、事務長や看護部長に直接ヒアリングを行っているので、ネットにはない情報を知っているのです。

また、過去に転職サポートした看護師から「現状」を確認してくれます。

例えば、残業時間など。

昔は残業が多かったかもしれませんが、働き方改革や労基が入ったなどで改善されている可能性もあります。

人間関係なんかも、「今どうなのか」が重要ポイントですよね。

コネがなくても、転職サイト経由から生の声が聞けちゃいます。

活用テク⑭担当者を信用しすぎない

短くて1ヶ月、平均2〜3ヶ月一緒に過ごす担当者。

パートナーですが、信用しすぎるのは危険です。

担当者によってはノルマや営業成績達成のために利益の大きい求人を紹介する可能性があります。

活用テク⑮複数の転職サイトを掛け持ちする

担当者とは相性があります。

多くの時間をロスしないために、複数の転職サイトを併用しましょう。

最初は3社に登録して、最終的に1社に絞るのがオススメ

1社に見極めるタイミングですが、応募する前がベターです。

併用している状態で応募すると、

  • 同じ求人に応募する
  • 面接がダブルブッキングする

といった最悪の事態を招く恐れがあります。

トラブルを避けるために、応募までに担当者との相性、提案力、案件内容などをみて1社に絞りましょう。

 

転職に関するよくある質問【新人看護師の悩みにズバッと答えます】

Q.”転職”の先輩ナースたちは、どうやって転職先を探してる?

転職方法として一番多く利用しているのは「転職サイト」です。

看護師向けの転職サイトは「エージェント型」が多く、登録すると担当者が割り当てられ、転職先を紹介してくれたり、転職相談にのってくれたりします。

「非公開求人が見られる」「希望先の病院の情報を教えてくれる」「面接や病院見学のスケジュールを組んでくれる」などの理由から利用する人が多数。

ただし、担当者によっては「希望条件でない求人ばかり紹介される」こともあります。

「サイトによって出てくる情報が違う」「担当者の合う・合わないがある」ことから複数利用する人が多いです。

Q.看護師転職サイトって、本当に無料で使えるの?

今回紹介した3社とも、完全無料で利用できます。

看護師転職サイトは、以下の図のような仕組みで報酬が発生しているので、求職者は1円も払わなく使えるのです。

成果報酬は、求人の年収の20〜30%が相場と言われていて、その紹介料で看護師転職サイトは運営されています。

タダほど怖いものはない…と言いますが、
実際はタダではなく、病院側が負担しているだけ。

つまり、使わないことのほうが損ってことですね。

Q.看護師転職サイトは登録だけでも大丈夫?

看護師転職サイトに登録した場合、「登録してすぐに病院を紹介される」「必ず応募しなければならない」と勘違いしている看護師さんは案外多いです。

しかし、登録したからといって、必ずしも応募しなければならないというわけではありません

転職の相談だけでも利用は可能で、
実際に転職すべきか悩んでいる看護師さんの利用も多いです。

実際にわたしも相談だけしたことあるし、転職サイトに登録したものの自力で見つけた病院に転職したという看護師さんも複数います。

Q.看護師転職サイトってどんなサポートしてくれるの?

  1. 求職者と面談をし、求める条件や今までの経験、持っているスキルのヒアリング
  2. 条件に合致した求人情報の収集・紹介
  3. 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策の指導
  4. 求人の応募や企業との面談日程の調整
  5. 病院に対して給与や勤務地などの条件面の交渉
  6. 退職交渉のアドバイス
  7. 入社後のアフターフォロー

今回紹介した3社はとくに、評判が高く手厚いサポートが期待できます。

実際にわたしが利用した際、全7項目のサポートをしてもらえましたよ。

Q.履歴書の添削って具体的には何してくれるの?

誤字脱字がないかザーッと見て終わる担当者もいますが、経験豊富な担当者は違います。

履歴書を多く見てきた担当者は、”使いまわし”に気づいてくれ、的確なアドバイスが貰えるでしょう。

というのも、
履歴書の内容をそのまま使いまわして応募する人も多く、「A病院にはふわさしくない文章になっている」なんてことも…。

「ホームページを見ていないのか!」「うちは第一志望じゃないのか?!」などと思われて損な結果になります。

自分では気づきにくい”使いまわし”がないか、経験豊富な担当者にチェックしてもらいましょう。

Q.面接対策って具体的には?

転職が初めてだと、気になるのは面接時の質問内容ですよね。

看護師転職サイトを利用すれば、「どんな質問がされやすいか」「どう答えたらいいのか」をしっかり教えてもらえるでしょう。

というのも、担当者は、採用担当者や看護師長と関係を築いています。

とくに看護roo!の場合は、一気通貫制といって一人のアドバイザーが病院側と求職者を担当するスタイル。

双方のことを十分理解したうえで面接対策してくれます。

例えば…
面接官が「身だしなみに厳しい」や「ハキハキした人を好む」など把握した上でアドバイスが貰えるのです。

ゲームで例えるなら攻略本をみながらボス戦に挑むようなものですね。

また、面接官が見ているのは「自信」や「前向きな姿勢」で、噛んだり緊張したりしようがあまり気にしていません。

「自分がそこでやりたいこと」がハッキリ伝わるように徹底的に練習してもらえるでしょう。

Q.ものすごく気が重い「退職相談」のコツはある?

退職相談で大事なポイントは3つ。

  1. 相談相手を見きわめる
    一般的には「師長」「直属の上司」です。
    ただし、
    ・辞めていった多くの看護師が「副師長(主任)」に伝えることが多い場合
    ・休職中や育休中で看護部長に相談した
    ・まずはお世話になった人→直属の上司の順に伝えた
    その人との関係性、病院ごとの退職ルール、休職中・育休中などにより「相談相手」が変わるため、見きわめが大事です。
  2. 伝えるタイミング
    誰かに聞かれてしまうとややこしくなるため、相談するタイミングは人が少ない時間を狙いましょう。
  3. 引き止めに合わない工夫
    退職を伝えた際、慢性的に人手不足の職場では「引き止めにあう」は避けられません。引き止めに合わない工夫をしましょう。
    例えば…
    ・揺るがない意思を持って伝える
    ・転職先が決まっていると伝える
    ・今の病院ではできない「退職理由」を伝える

Q.「転職する!」って決めた後、どのようなスケジュールで動けばいい?

◆先に「退職する」場合(決意〜転職するまでの平均は6ヶ月)

①退職意思を上司に伝え、退職届を出す

②「引き継ぎ」と同時に「転職先探し」をスタート
看護師転職サイトに登録する(1〜3ヶ月)

③「有給休暇」を取得しながら、転職先を探す、履歴書を書く(2週間〜1ヶ月)

④退職

⑤応募先へ見学、面接へ行く(1週間〜)

⑥合否が届き、転職先と出勤スタート日の相談(1週間〜)

「有給休暇を計画的に取得したい」「引っ越しするのが決まっている」「現在の勤務先に出勤したくない」「病院の方針で、退職相談を1年前にしないとダメ」という看護師さんは、先に退職するのがオススメ。

ただし、無職の期間が発生したり、その期間の税金関係や保険を自分で手続きする煩わしさ、金銭面の不安があります。

◆先に「就活する」場合(決意〜転職するまでの平均は4ヶ月)

①転職先探しをスタート
看護師転職サイトに登録する(2週間〜1ヶ月)

②応募書類の提出、面接の日程調整(1週間)

③面接に行く
事前もしくは面接時に施設内を見学する(1週間〜)

④合否の連絡
退職の意向を上司に伝える

⑤引き継ぎ(1ヶ月〜)

⑥有給休暇を取得後、退職(2週間)

⑦転職先に出勤

気持ちや金銭面での安心から、一般的には「転職先が決まってから退職する」看護師さんが多いです。

ただ、退職するまでのモチベーションの維持が難しい、通常勤務の合間を縫って履歴書を書いたり、面接を受けたりすることで休みが潰れることが負担を感じてしまうでしょう。

Q.入職後、ミスマッチを防ぐには何が大事?

入職後「やっぱりイメージと違った…」

なんてことにならないためには、「情報収集」が大事です。

看護師転職サイトを利用すれば、ネットでは調べれない”今”の内情をチェックできます。

ただ、その情報を鵜呑みにするは危険です。

しっかり自分の目で見て判断するためにも、できる限り「病院見学」はしたほうがいいでしょう。

とはいえ、新型コロナの影響でなかなか難しいところもありますが、ミスマッチの経験者として「病院見学」が超重要!

例えば…
スタッフの表情や職場の雰囲気、患者さんへの対応などで「なんかこの病院こわいな…」と感じることができます。

求人票では分かりにくい「紙カルテを使っているのか」「どんな物品を使っているのか」なども分かるでしょう。

また、実際に通勤できそうかも知ることができたり、同世代のナースと話す時間をセッティングしてくれたりします。

これから長く働く職場になるので「直接見る」という機会を最大限に利用してくださいね。

看護師転職サイトを利用する場合、担当者に「病院見学をしたい」と伝えるだけでOKです。

病院見学時の服装やマナー、確認ポイント(15項目)を詳しく知りたい方は、看護roo!の無料特典「転職ガイドブック」をゲットしておくと安心。

分かりやすくまとめられているので、ぜひ活用しよう!

Q.担当者と考え方が違う場合、どうすればいい?

すぐに担当者を変えたほうがいいでしょう。

担当者が自分に合わないと感じている状態で転職活動を続けても、良い結果はほとんど得られません

担当者を変更したからといって「ブラックリストに載る」とか「求人案件が減った」ということもないので、即チェンジしてもらいましょう

看護roo!の場合、「問い合わせフォーム
レバウェル看護(旧 看護のお仕事 )の場合、「お客様サポート窓口
マイナビ看護師の場合「kango-customer@mynavi.jp」

担当者に直接電話で伝えなくても、上記の方法で簡単に担当者を変更してもらえます。

変更を希望する理由を、具体的に書くことがポイントです。

Q.自分に合う担当者を選ぶコツはある?

最初から1社の看護師転職サイトに絞らずに、2〜3社併用して比較するのがコツです。

担当者選びは家探しと同じ。

「いいな」と思っていた物件でも、別の物件を見ると劣る部分が発見できたりしますよね。

つまり、看護師転職サイトを併用したほうが、短期間で自分に合う担当者が見つかるってワケです。

今回紹介した3社は、もともと担当者のレベルが高いと評判。

しかし、担当者も人間なので、どんなに優秀な人でも性格が合わないということも起こります。

話しやすいか、スムーズにやり取りできるかなど、自分との相性も確認することが大事!

良い担当者に出会えるかどうかは、転職の成否に直結する重要事項です。

急いで決めてしまわずに、じっくりと自分に合った担当者を見定めてください。

  1. 看護roo!【おすすめ】
  2. レバウェル看護(旧 看護のお仕事 )
  3. マイナビ看護師

Q.転職先にいち早く「溶け込む」ために気をつけることは?

多くの看護師さんが、溶け込むために気をつけたことは次の4つ↓

  1. 笑顔
  2. 学ぶ姿勢
    業務に早くなじむように勉強したり、自分よりも年下のスタッフでも「教わる立場」なので丁寧な態度で接したりしています。
  3. 否定しない
    「郷に入っては郷に従え」
    病院ルールにギャップを感じても、前職とやり方が違っても、口に出さずに教えに素直に聞きいれる。
  4. コミュニケーション
    ・しっかり挨拶をする
    ・報連相はこれ以上に頻回に行う
    ・「すみません」はメンタルが落ちるので、「ありがとうございます」を心がける
    ・「前の病院では」「ここの病院では」ではなく「うちの病院では」と言うようにする
    ・最初は「業務に関係する話題」を選ぶ

Q.入職後、どんなギャップを感じた?

  • 認識の違い
    事前に聞いていても「忙しさ」「看護師不足」などの程度について認識が違うケースが多発。
  • 勤務形態の違い
    常勤→非常勤やパートになった場合、残業や資格手当などに違いが出てくる。
  • 規模・方向性の違い
    「物品」や「設備」の充実度、「福利厚生」など前職よりも劣る。
    そもそも「感染対策」が違う場合もある。
  • 面接・見学時との違い
    研修制度が説明された内容と異なっていて、きちんと制度化されていない。
    面接時の幹部が入れ替えされていて、日勤のみの常勤採用のはずが夜勤もできる扱いになる場合もある。

転職するうえで、あなたが大事にしたい条件に関しては、入職後ギャップを感じると不満が高まります。

病院見学、看護師転職サイト、口コミサイトなどを利用して多面的に情報を集めておくと、入職後のイメージがつきやすくなるでしょう。

Q.そもそも新人看護師って転職できるの?

新人看護師でも転職は可能です。

ご存知のとおり、
看護業界は常に人手不足なので、非常に需要が高くなっています。

他の職種よりも求人が多いうえに、新人看護師は第二新卒の条件で応募が可能です。

転職先は豊富にありますが、良い条件の求人が極端に少ないため、第二新卒を歓迎している看護師転職サイト(看護roo!レバウェル看護)の利用をおすすめします。

転職したいけど、以下のような理由でできないと思っている方は参考にしてみてください。

Q.転職のタイミングはどの時期がおすすめ?

看護業界は人手不足であるため、比較的いつでも転職しやすい傾向です。

とはいえ、「転職しやすい時期」というものがあります。

下の表一般職業有効求人倍率厚生労働省 一般職業紹介状況)をみて分かるとおり、

2021年1月 1.15
2021年2月 1.15
2021年3月 1.12
2021年4月 1.04
2021年5月 1.02
2021年6月 1.06
2021年7月 1.11
2021年8月 1.12
2021年9月 1.14
2021年10月 1.16
2021年11月 1.20
2021年12月 1.26

※有効求人倍率は、1.0であると1人に1件求人があることを表しています。

求人倍率は7月にぐっと上がり、12月にかけてジワジワと上がっています。

一方、4月〜6月は1.1を下回っていて、1年の中でもっとも低い時期。

つまり、年度末で退職すれば、求人を比較しやすく、より希望条件にあう職場が見つかりやすいってことですね。

とはいえ、求人が増える=ライバルも増えることを意味します。

新人看護師にとっては不利な条件なので、中堅やベテラン看護師と同じ戦い方をしても負けてしまうでしょう。

ですので、早めに看護師転職サイトに登録しておくことをオススメします

なぜなら、いち早く求人をチェックできるからです。

事前に希望条件を伝えておくだけでOK。

新着求人が出たらすぐにメールで知らせてくれるので、求人を見逃す心配もないってわけですね。

良い求人との出会いは、彼氏探しと同じで突然やってきます。

明日かもしれないし、1ヶ月後かもしれません。

いま登録しておけば、明日求人が出てもチェックできますよね?

Q.転職してよかった?【転職経験者の口コミ】

 

【まとめ】新人看護師におすすめ転職サイトランキング1位は「看護roo!(看護ルー)」

本記事では、新人看護師(初めての転職者)が安心して利用できるように、「実績」を第一に重視したランキングを紹介しました。

今回紹介した看護師転職サイトは、実績が豊富かつ人気の高いサービスなのでオススメです。

新人看護師も歓迎している看護師転職サイトなので、相手にされないという心配は少ないでしょう。

看護師転職サイトを活用することで、経験やスキルがない新人看護師でも自分の強み(魅力)を見つけ、活かせる職場を探しませんか?

「実績重視」看護師転職サイトランキング

✓1位:看護roo!
✓2位:レバウェル看護
✓3位:マイナビ看護師

エリア・人気からも総合的に判断したランキングになっているため、迷われている方はまず1位の看護roo!を試してみることをオススメします。

看護roo!は、完全無料で使えるサービスで、まずは登録だけでもOKです。

いま登録すれば、内容盛りだくさんの看護師向け転職ガイドブックが無料でもらえます。

ネットで簡単に調べられる時代とはいえ、正しい情報か判断することのほうが難しいので、転職活動のいろはが分かるこの本が手元にあるだけでも安心です。

ランキング1位!満足度No.1/
公式サイトはこちら

ABOUT ME
みも
二児のママナース。 【経歴】看護学校卒業後、病棟看護師(内分泌内科&眼科)、眼科クリニック、呼吸器内科クリニックを経て、現在は健診クリニックで働く。副業で夜勤バイト、消化器内科クリニック、小児科クリニックの経験もあり。 ただいま、QOLを高めるために「お金」の猛勉強です!