看護師の悩み

仕事の抜けが多い看護師の共通点は、「無意識のアレ」【解決法】

新人看護師で「仕事の抜け」があるのは当たり前。

しかし、経験を重ねれば「仕事の抜け」が減っていくと思いますか?

今回は、仕事の抜けを自然に減らすコツをまとめました。

仕事の抜けを減らしたら自信が持てて、仕事が楽しいと思えるはず!

仕事の抜けが多い看護師の共通点はズバリ…無意識の「あの行動」です。

仕事の抜けが多い…と悩んでいる看護師さんは必ずチェックしてくださいね。

仕事の抜けが多い看護師の共通点は…無意識の「あの行動」【2つあります】

「もうアレって何?」

と気になっている人も多いので、さっさと結論から言いましょう。

仕事で抜けが多い人の共通点は2つあります。1つ目はルーチン化、2つ目は引きずる事です。

どうですか?無意識にしてますよね?

どっちも無意識な行動。

ちゃんと確認もしてるつもりなのに…何度も仕事が抜ける。よくありますよね。それは無意識な行動が原因だから。

では、どうすれば仕事の抜けを減らすかは、次の項目で詳しく解説していきますね。

 

【仕事の抜けが多い看護師さん必見】慣れた作業ほど慎重に!

まず「ルーチン化」ですが、聞いた事ある人も多いですよね。パターン化された業務のコトです。

看護師の仕事はほぼルーチンワーク。

一般的に外来やクリニック、老人施設、健診センターがルーチンワークのイメージがありますが、病棟だってほぼルーチンワークです。

イメージしやすいように病棟の1日を見てみましょう。

朝はバイタルチェックから始まり、清拭、点滴、オペ出し、入院の受け入れ…とこなします。昼からは、BS測定、食前薬の確認、配膳、片付け、トイレ介助、検査出し、記録、報告。

申し送りが終われば、今日の一日の仕事は終わりです。

考えて動くコトも多いですが、病棟もルーチン化されています。そこで勘違いするのが、「私できるナース」と思ってしまうこと。

ルーチン化は効率よく働くための方法ですが、ちゃんと出来ていると勘違いするナースが多いです。

それが仕事で抜ける原因。

決まった時間に作業をこなすコトに慣れてしまい、「なぜ必要なのか?」という本来の意味をスルーしている状態です。

抜けが多い看護師でチェックリストを使う人も多いですが、それでも減らないのはそこ!

慣れる=作業をこなすの考えが間違いです。

じゃあ、どうすればルーチン化で抜けを減らすかは、もう分かりますよね。

一つ一つの行動の意味を理解して行動すればOK。

「作業をこなす」⇒「意味を理解して行動する」にすれば、自然と抜けが減るはずです。

もう一つの無意識の行動「引きずる」。

仕事で抜けが多いと「あ〜なんてポンコツなんだ…。」「看護師向いていない…」と落ち込んでいませんか?

病棟よりも楽?ルーチンワークができる看護師の職場BEST3「もう病棟はイヤ!ルーチンワークできる楽な仕事がしたい!!」 と思う看護師さんも多いですよね。 そこで今回は、ルーチンワーク...

 

仕事の抜けが多くて引きずってもマイナスにしか進めない…【前向きに進む方法】

もう1つ無意識にするのが、落ち込むコト。

ミスしたら誰だって落ち込みます。もちろん落ち込んで反省し、同じ失敗を繰り返さないコトは大事な行動です。

でも、「あ〜今日も仕事で抜けてた…」と引きずるのだけはNG。

引きずる事は、ネガティブな行動です。

ポジティブに進みたくても気持ちがマイナスを向いている状態。それでは先に進むコトなんて出来ません。

じゃあ、どうすれば良いのか…。

カンタンな方法があります。

気持ちをリセットするだけたったこの行動をするだけでOKです。

だって、完璧な人はいないのだから、仕事で抜けるのはたり前。

落ち込む時間があったら、なぜ抜けてしまったかを考えないと何も改善されませんよね。

同じミスを繰り返さない人は、気持ちを切り替えるのが上手

「今日も抜けた…」と落ち込むのではなく、「今日はちゃんと確認したつもりだったけど、やっぱり抜けた。明日は確認方法を変えてみよう!」と進むコトだけを考えましょう

すぐには効果がでなくても、半年先、1年先…と近い将来に抜けが少なくなっているはず

これからも看護師で働くつもりなら、今のうちに取り入れておきたいスキルですね。

新人看護師は仕事ができないのが当たり前!【悩む人の特徴3つ】 こういった疑問にお答えしていきます。 ✓この記事の内容 新人看護師は仕事ができないのが当たり前!【悩む人の特徴3...

 

最後に…

いかがだったでしょうか?

「ルーチン化」も「引きずる行動」も無意識にしていましたよね。これを克服すれば、あなたも仕事で抜けが少ない看護師の仲間入りです。

ただ、毎日のちょっとした努力は必要ですが、これを見ているあなたなら大丈夫。

それでもムリだった場合は、新しい環境でチャレンジするのも1つの方法です。

人には向き不向きがあって、病棟は合わなくてもクリニックなら合うことも。

同じ看護師資格でも、その職場によってルーチン化された作業も職場によって異なります。

しかし、自分に合うかはやってみたいの分からなりません。

だからこそ、転職のプロである「キャリアアドバイザー」に相談してみるのがオススメです。

自分では気づかない看護師の可能性を広げてみませんか?

【ランキング】初転職におすすめ看護師転職サイトベスト3【相性よりも大事なこと】 と悩んでいませんか? この記事を書いている私は、今までに転職を4回。(※病棟→眼科クリニック→呼吸器内科クリニック→健診ク...