転職したいと思ったら…

【完全ガイド】転職活動の進め方|流れを知って準備万端で始めよう!

悩む看護師
悩む看護師

転職したいけど、何から始めたらいいのか分からない…。

転職すると決心しても、実際に何から手をつけていいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

多くの看護師がいきなり求人情報をみますが、それはオススメしません。

なぜなら…

計画を立てたり、情報を集めたりするのが転職を成功させるための重要ポイントだからです!

まずは「転職活動の流れ」を把握し、「転職活動にどんな方法があるのか」も確認しておきましょう。

悩む看護師
悩む看護師

あの…転職活動を始めるのって在職中にしたほうがいいんですか?それとも退職後?

と迷うこと、考えることもいっぱい出てきます。

先輩ナース
先輩ナース

では、一緒に見ていきましょう。

転職に有利な時期やタイミングで始めたい!

転職活動をするとき、いつ始めるのか、いつまでに終わらせるのか、どのタイミングですべきか…など、「時期」の迷いどころがいっぱいありますよね。

転職活動に必要な期間

転職活動には、どれくらいの期間が必要なんでしょうか。

先輩ナース
先輩ナース

一般的には、3ヶ月〜半年程度だと言われています。

しかし、転職期間は人によってさまざま

最短1ヶ月の人もいれば、1年かけてじっくり行う人もいます。とくに決まりはないし、誰に何を言われるわけでもありません。

長引かせたくない人は、「7月までに…」などと期限を決めて取り組むのがオススメです。

「いい転職先が見つかれば…」とのんびり考えるなら、情報を集めてしっかり検討したほうがいいですね。

というのも…

じっくり時間をかけても失敗することもあります。

時間と労力を無駄遣いしたくないなら、情報を集めてしっかり見極めましょう。

転職活動の流れ

看護師の転職活動は、次のように進めていきます。

【在職中の場合】転職活動の流れ

  1. 自己分析・情報収集
  2. 病院見学
  3. 提出書類の作成
  4. 求人に応募
  5. 書類選考
  6. 面接選考
  7. 内定後の準備・退職準備
  8. 退職・入職
先輩ナース
先輩ナース

この中で一番大事なことって何だと思う?

悩む看護師
悩む看護師

えーっと…、面接だと思います。

看護師の場合は、ほぼ書類選考はクリアできるって聞いたことあるし、面接で人柄などをみて最終決断をするんですよね?

先輩ナース
先輩ナース

確かに一番のハードルは面接ですが、その前にもっと大事なのは、自己分析や情報収集という最初の段階なんですよ。

転職活動のベストは看護師○年目

悩む看護師
悩む看護師

2年目なんだけど転職したいけど、3年目まで待ったほうがいいかな?

「何年目で転職するか…」と悩む看護師はとても多いです。

よく言われるのが「臨床経験は3年以上あったほうがいいよ」というアドバイス。

なぜなら…、

3年の臨床経験で以下の「力」が身につくと言われているからです。

  • 状況に応じて判断できる力
  • リーダーシップ力
  • 危険を予測し対処できる力
  • 課題に対して主体的に取り組む力
  • 患者・家族・チームと連携する力

しかし、個人差があるので、3年働いたからといって全員が身につくものでもなし。

とはいえ、臨床経験3年と縛りをつけている職場も結構あります。

例えば…

先輩ナース
先輩ナース

健診クリニックの場合は新人は採用されません。

応募条件は「臨床経験3年以上」が求められる職場が多いですね。

他にも、企業看護師や治験コーディーネートなんかも3年以上です。

もしあなたが、沢山の求人の中から選びたいと思っているなら、看護師3年目以降で転職活動をしたほうがいいでしょう。

しかし、臨床経験が3年未満であっても求人はあります

やる気がないなか3年耐え抜いても、先ほど紹介した「力」は身についていません。

「4年目なのにこんなのもできないの?」と転職先で深く傷つく可能性があるので、成長できる職場と実感しているなら耐えてもいいでしょう。

もし作業をこなすだけの毎日であれば、心も体も壊す原因となります。

体を壊してまで働くのは本末転倒なので、臨床経験が3年未満であっても転職したほうが世界が広がるはずです。

【解決策】看護師1年目が「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!こんにちは、みもです。 こんな風に「仕事を辞めたい…」と思いつつ働いている1年目は少なくありません。 ...

転職活動を始めるのは「在職中」or「退職後」のどっち?

転職活動を「在職中」に始めるか、「退職後」に始めるかも迷うところですよね。

貯金が200万円以下である人は特に、「在職中に探し始めて、転職先を決めてから辞める」ことをオススメします。

在職中に転職活動する場合、病院にバレないように気をつけたり、面接など時間の確保が難しいというデメリットがあります。

しかし、退職して収入がなくなり、貯金を崩しながら活動するも転職先がすぐに決まらない。

こんな状況になれば、人は予想以上に焦りを感じてしまうのです。

焦って転職先を探しては、甘い言葉に騙されてブラック病院に入ってしまったり、「聞いていた話とは違う」と後悔する可能性が高くなります。

転職活動を有利に進められる時期

求人数が増えるのは、一般的に2月〜3月や6月、12月頃。

これは、年度末やボーナスをもらって辞める看護師が多いことが原因です。

求人数が多いということは、自分が探す職場の選択肢も多くなる可能性大

しかし、同じようにライバルも多い可能性があります。

有利に進めたいなら、逆にライバルが少ない穴場の時期を狙うのひとつの手です。

先輩ナース
先輩ナース

転職活動はとてもエネルギーが必要なので、「思い立ったときに始める」ことをオススメします。

ただし行動は「勢いで」ではなく慎重に!

退職することを病院にいつまでに伝えればいい?

法律上、労働者が病院側に退職を伝えたら2週間後に契約は終了します。

しかし、病院にはそれぞれ「就業規則」があります。

多くの病院では、退職を申し出る時期は就業規則で決めているので、必ず確認しましょう。

「1ヶ月前までに」や「3ヶ月前までに」など、病院によって異なります。

ブラック病院の場合は、「半年前までに」や「9月までに退職希望を出さないとダメ」など、すぐに辞められないルールのことも多いです。

先輩ナース
先輩ナース

法律が2週間だからといって就業規則を無視してはいけません。

退職トラブルを招くことになり、通常の退職時よりも倍以上のエネルギーが必要になります。

余計なトラブルを避けるためにも病院の規則に従いましょう。

退職を拒否された!辞めたい看護師が知っておきべき法律と対処法看護師長に「退職したい!」と伝えたとき… やめたい人は、順番待ちしている 辞める場合、半年前に言う決まり 9月...

 

転職の成功に自己分析と情報収集は欠かせない

どんなに調べても「実際に働いてみないと本当のところは分からない」と思っている看護師は多いもの。

だから、自己分析や企業研究(病院研究)をせずに転職活動を行う人も意外といます。

しかし、自己分析や企業研究をしっかりやっておかない人ほど、転職に後悔する可能性が高くなってしまいます

先輩ナース
先輩ナース

自分が転職先に望む条件や転職先で何ができるか、病院にはどんな特徴があるのか…など押さえておかなければ、転職の軸がブレてしまうのです。

転職の軸がブレブレだと、自分に合わない職場に応募してしまったり、面接で転職理由を聞かれても上手く答えられない、内定を迫られてうまく断れなかったりします。

そもそも同期や先輩に相談したときに、周りの意見に流されてしまうことも。

美味しい料理を作るときに下準備が重要なように、転職でも自分と相手(病院)のことは必ず深堀りしましょう。

面倒だと思いますが、この下準備はブラック病院を避けるためにも大切なんです!

【看護師】ブラック病院の見分け方|失敗しないための注意点すべて「ブラック病院」に入りたくないけど、どうしたら就職先、転職先の病院が「ブラック」なのか見分ける方法をお探しでないですか? 就職活動...

「自己分析」をやったことがない人、苦手な人はこちらの記事で「簡単にできるやり方」を紹介しています。

看護roo!の無料特典「転職ガイドブック」|驚くべき使い方の秘密 これが…本当に無料? ウソでしょ!? 転職ガイドブックを届いたときの感想です。 転職ガイドブックは、看護ル...

 

看護師転職サイトを有効活用しよう!

転職方法と言えばいわゆる「転職(求人情報)サイト」を使う人も多いですよね。

誰でも使いやすい大手の総合型サイトのほか、業界や働き方に特化した専門型サイトも多数存在しています。

転職で失敗したくないなら、アドバイザーがつく転職サイトを上手く使って、効率よく転職活動を進めましょう!

意外と多い転職サイト

転職に関するサービスは、一般的に大きくわけて2種類あります。

自分で求人情報を探すのに使う「転職サイト」とアドバイザーが病院への橋渡しをしてくれる「転職エージェント」。

しかし、看護師に限っては、アドバイザーがつく転職エージェントのことも「転職サイト」と一括で呼ばれています。

わたし自身もエージェントって言うんだ…と知ったのは、2〜3年前です。

ということもあり、看護師に特化した転職サイトは100以上あります。

その中から自分にあったものを選ぶのは、とても難しいことです。

働きたい転職先があるなら、逆指名ができる「ナースではたらこ」に登録しておきましょう。

とくに転職先を限定していないなら、まず登録しておきたいのが「看護のお仕事」と「マイナビ看護師」の2社。

第二新卒などの属性や病院以外の求人、全国の求人情報を見ることができます。

無料で利用できる心強い味方!看護師転職サイトの活用方法

看護師転職サイトは、あなた(求職者)と病院の間に立ってパイプの役割を果たしてくれるサービス

看護師の転職サイトであれば、無料で受けられるサービスです。(※多職種のハイクラス向けサービスは有料プラン)

看護業界の転職に詳しいアドバイザーが相談に乗ってくれて、第三者かつプロの目線で転職希望者にアドバイスしてくれます。

先輩ナース
先輩ナース

相談や求人紹介はもちろん、履歴書などの提出書類の添削や面接対応、面接日の日程調整、待遇面の交渉を行ってくれるところも多いです。

不安や分からないことを相談して解決したり、病院の詳しい内部情報を聞いたり、転職サイトを味方につけて上手く活用しましょう。

ただし…

先輩ナース
先輩ナース

看護師転職サイトは色んな会社がありますし、アドバイザー個人の力量の差、相性の良し悪しもあります。

全面的に頼り切ってしまわないようにしてくださいね。

自分にあった看護師転職サイトを見つけるためにも、情報の収集や相性を判断するためにも、1社だけなく複数を同時に利用するのがオススメです。

とはいえ、

先輩ナース
先輩ナース

やり取りが混乱したり、スケジュール管理がストレスにならないよう、一度に利用するのは2〜3社程度にしておくといいですよ。

【保存版】新人ナースにおすすめ看護師転職サイトランキングBEST3 転職しようと思った矢先、大きく立ちはだかるものが…看護師転職サイト選び。 適当に選んだら、転職活動は進まず「転職するなって...

 

まとめ

転職の流れや期間、転職方法などについて紹介しました。

「辞めたい」その一心で転職する人も多いでしょう。

しかし、「なぜ転職したいのか」「どんな職場で働きたいのか」など、転職理由をはっきりさせておくことはとても大切です。

じゃないと…

本当に自分に合った転職先を見つけることはできないし、面接官を納得させることもできません。

まずはいつまでに転職したいのか、なぜ転職したいのか、自分の中で目標と計画を立てましょう。

転職方法は1つではないので、色んな方法を試してみてくださいね。

先輩ナース
先輩ナース

転職サイトは便利な存在ですが、全部を鵜呑みにすれば裏切られることもあるので、情報の一部として使い、自分でも情報収集はしっかり行いましょう。