新人看護師のよくある悩み

【こっそり】使ってみるまで半信半疑!看護師転職サイトのホントのところ

どうも、こんにちは。看護師のみもです。

今回は「看護師転職サイトの実際のところ」について、私の実体験を踏まえてお話しようかと思います。

転職すると決めたとき、看護師転職サイトを使うか悩む人は多いですよね。

転職経験のある看護師550名に「転職サイトの利用の有無」を調査した結果が以下のとおりです↓

引用:CAREE

看護師転職サイトを使う割合が若干多いものの、ちょうど半分。看護師転職サイトを使わずに、ハローワークや直接応募する人もいます。

自力で転職活動する場合、

  • 自己分析をする
  • ハローワークへ行って求人を探す
  • 自分にピッタリ合う求人を何万件の中から選ぶ
  • 病院ごとの履歴書を書く
  • 面接で言うことを考える
  • 病院見学のセッティング
  • 面接の日程調整
  • 内定後は待遇面の確認
  • 入職日の日程調整

ズラーッと挙げただけでも面倒くさいことばかり!

これらをぜんぶ、自分一人で行わなくてはなりません。

一方、看護師転職サイトを利用すれば、担当者があなたの代わりにやってくれます。

転職サポートを使ったときの流れがこれ↓

看護師転職サイトを使えば面倒なことはぜんぶ省けるのに、なぜ忙しい看護師は使わないのでしょうか?

「転職が不利になる」

転職先の候補が「〇〇病院で働きたい」とハッキリ決まっている人を除いては、誤解しています。

実は私もそう思っていたから、タイトルに「使ってみるまで半信半疑だった」と入れたのです。

というワケで、
この記事では、「看護師転職サイトを使ったホントのところ」をお話します。

どうせ、良いことしか書かないんでしょ!と思うかもしれませんが、実際にあなたが使うか判断できる内容にする。

それが私がこのブログを始めたきっかけ。

だから、悪いところも包み隠さずに書くので、安心して最後まで読んでくださいね。

使ってみるまで半信半疑だった「看護師転職サイト」のホントのところ

私が倍率10倍の健診クリニックへ転職できたのは、看護roo!のおかげ。

控えめに言って、使って良かったです。

というのも、
そのときの私は、出産して3ヶ月という非常に不利な状況でした。

他にも応募者がいたのだから、看護師6年目とはいえ出産後のナースは選びません。

ですが、私が選ばれたのです。

なぜだと思いますか?

面接で「この人いいな♡」と好印象を残せたからです。

看護roo!の転職サポートの賜物だと言っていいでしょう。

マンガで楽々わかる!看護roo(看護ルー)を利用して転職するまでの流れ「看護roo!(看護ルー)を利用した場合、どんな流れで転職活動が進んでいくんだろう…」 こんな悩み、疑問を抱えていませんか? ...

看護roo!は面接対策に定評あり

看護roo!は面接対策に力を入れていて、このときも何度も練習しました。

面接対策って聞いて、
面接で聞かれることの多い質問に対してハキハキ、スラスラと答える。

こんなイメージありませんか?

よくある質問の例といえば、「転職の理由は?」とか「あなたの長所・短所は?」とか「自己PR」「応募理由」ですよね。

しかし、実際はそういった事前準備だけではありません。

世の中には「面接ノウハウ」なるものが山ほどあり、応募者は同然ながら対策をしています。

「明るくハキハキ話す」なんて基本的なことは、たいていの人がクリア

そのため見た目や始めの数分で「この人はいい」と面接官に思ってもらうことが重要です!

というのも、第一印象から無意識に見た目の印象が大きくなるからです。

以前の記事【新人ナースの髪色】でもお伝えしたのですが、「メラビアンの法則」によって証明されています。

メラビアンの法則では、話し手が聞き手に与える影響は、

  • 視聴情報(55%):表情・目線・仕草・態度
  • 聴覚情報(38%):声のトーン、大きさ、話し方やテンポ
  • 言語情報(7%):話している内容

見た目もビシッと決まっていないと話になりません。

第一印象はおおよそ3〜15秒で決まるので、面接だと「入室時の態度」と「初めの挨拶」でここが超大事ってことですね。

質問に対してどんな返答をするかも練習しましたが、この辺りもアドバイスもらいましたよ。

ちなみに、
看護roo!の登録特典「転職ガイドブック」でもこの辺りについて詳しく解説しています。(P40〜42)

チラッとお見せすると、こんな感じ↓

この転職ガイドブックのもらい方をはじめ、どんなときに役立つのか(活用方法)については以下の記事を参考にしてくださいね。

【看護rooの転職ガイドブック】埋めるだけで「自己分析」ができる?看護師の転職において、「自己分析」は必要不可欠です。 なぜなら、 転職で失敗している看護師の多くは「自己分析不足」が原因。 ...

第一印象を覆すのは、振られた元カレを忘れるくらい難しい

第一印象を覆すのは、振られた元カレを忘れるくらい難しいです。

ずーーっと引きずってしまいます。

なぜなら、最初の印象が強烈に脳裏に焼き付くから

面接の最後まで、その印象に引っ張られるので、途中でミスったとしてもさほど印象は変わりません

ところが、
ほとんどの人が「どう答えるか?」そのことばかりを意識して対策します。

会って数秒で面接官に「この人いいかも♡」と思ってもらうことが面接突破のコツ。

抜かりない看護roo!の面接対策だからこそ、転職で不利な私が10倍の倍率を勝ち抜けました。

ただ連絡はちょっと面倒くさい…

看護roo!には感謝していますが、正直担当者との連絡はちょっと面倒くさかった…。

誤解してほしくないのですが、
看護roo!側の問題でなく、これは私の問題です。

というのも、
もともとメールも電話も嫌いな私。

月に何度も遊ぶ友達でも必要最低限の連絡しかしません。

だから、担当者からの電話はドキッとするし、メールで送られてきても読むのが面倒くさい…。

自分のことなのも分かってるし、相手が良かれと思ってしてくれていることも分かっている。

でも、連絡が面倒くさいのだ。

これまでに4回転職して、転職サイトを使わずに自力で転職活動をしたことがあります。

たしかに面倒なことだらけだったけど、電話やメール嫌いな人からすると担当者との連絡のほうが苦痛と感じるかもしれません

とはいえ、
看護roo!は、まだマシなほう。

一日に何度もしつこく担当者から連絡がきて、退会したり、担当者を変えた看護師転職サイトもあります。

その点、看護roo!の担当者は、電話嫌いの私に気を遣って連絡をくれていました。

基本はメールでの連絡だし、必要最低限の連絡しかきません。

そんな配慮のおかげで、「ちょっと」面倒だっただけ。

マンガで楽々わかる!看護roo(看護ルー)を利用して転職するまでの流れ「看護roo!(看護ルー)を利用した場合、どんな流れで転職活動が進んでいくんだろう…」 こんな悩み、疑問を抱えていませんか? ...

 

最後に…看護師転職サイトは使ってよかった

使ってみるまで半信半疑でしたが、看護師転職サイトは使ってよかったです。

転職が不利となるどころか、
サポートが手厚かったので、あれよあれよと転職が進みました。

実際に私が看護roo!を使ったときのサポート内容がこちら↓

  • じっくり自己分析をする
  • 希望に沿った求人を紹介
  • 履歴書添削
  • 面接の日程調整
  • 病院見学のセッティング
  • 面接練習
  • 面接同行
  • 給料の交渉

とくに嬉しかったのが、「給料の交渉」です。

給料の詳しい金額って、内定が終わってから発表されますよね。

「ぜひ働かせてください」と言った後に提示されるので、内心「え!これだけ…もうちょっとほしい」と思っていても内定が取り消されそうで言えません。

ですが、実績豊富かつ交渉術に長けた担当者なら、病院と交渉してベストな着地点を見つけてくれます。

ちなみに私の場合は、2万円ほどアップしました。

看護roo!を使ったことが不利になるどころか、むしろ有利になり、さらに給料まで上がる。

コンビニでデザートを買ったら、100円割引だった上に、もう一個サービス。

これくらいイイコト尽くしなので、使わないと損ですね。

しかし、必ずしも「使ってよかった」とはなりません。

看護roo!の他に8社の看護師転職サイトを使いましたが、なかには「もう二度と使いたくない…」と思ったサイトもありました。

その辺りの話は、以下の記事が参考になるはずです↓

【看護師転職サイトは役に立たない】それでも活用すべき理由は?この記事を読んでいるあなたは、 おそらく… 連絡がしつこい 希望条件に当てはまらない職場ばかり紹介される 強引に...
ABOUT ME
みも
二児のママナース。 【経歴】看護学校卒業後、病棟看護師(内分泌内科&眼科)、眼科クリニック、呼吸器内科クリニックを経て、現在は健診クリニックで働く。副業で夜勤バイト、消化器内科クリニック、小児科クリニックの経験もあり。 ただいま、QOLを高めるために「お金」の猛勉強です!
あわせて読みたい