看護師の悩み

【新人看護師】ワークシートの具体的な書き方|自分ルールを作ろう

はぁ〜。

今日も残業になっちゃった。

上手く仕事が回せないのってワークシートがグチャグチャだからかな…?

同期はいつも定時で仕事が終わるのに、自分だけいつも残業。

この差は何だろう…と考えたときに、仕事の回し方が悪いと思い浮かべるはずです。

仕事の回し方=ワークシートの書き方が原因

といっても、ワークシートの書き方って先輩から指導される訳でもなく、参考書にも載っていません。

ワークシートを上手に書きたいな〜と思ったときに、先輩のマネをする人も多いですよね。

でも、それでも上手く回せない。

やっぱり私ってポンコツ看護師だったんだ…。看護師向いていない…。

と悩んでいませんか?

実は、それには原因がありました。

ワークシートで上手く回すには、自分ルールが必要だったんです。

そこで今回は、ワークシートが上手く書けないあなたに

分かりやすくて、見やすくて、業務の抜け&ミスが減るワークシートの書き方、コツを紹介します。

先輩のワークシートをマネしても上手くいかない原因は〇〇だった…!!

学生の頃は、1人の患者さんを担当でしたが、看護師になったら複数の患者さんを担当します。

アレコレを考えながら同時に業務をこなすので、抜けてしまうことも多々。

それを防ぐのに大活躍するのがワークシートです。

といっても、先輩からこうやってワークシートを書くとわかりやすいよ〜とアドバイスがある訳でもありません。

そして、ワークシートの書き方が載った教科書がある訳でもなし。

どうやったらいいんだろう…というときに思いつくのが、先輩のマネです。

先輩のワークシートをこっそり見たり、直接どうやっているのかコツを聞いてマネしても、「あれ…?うまく仕事が回せないし、ミスや抜けも減らないのはなぜ?」と悩んでいませんか?

それには大きな勘違いがありました。

先輩のワークシートをマネしても上手く回れない原因はこれだった…

先輩のマネをしても上手く回れない、ミスや抜けが多いのは、自分で把握できていないコトが原因です。

みも
みも

自分で把握ってどういうこと?

ワークシートの本来の使い方は、業務を効率良く行うためのもの。

つまり、自分がパッとみて「次は〇〇」と分かれば乱雑に書いてもOKです。

ルールを決めずに先輩のマネだけをしても、先生が書いた黒板を写してるのと同じ。効率よく動ける訳がありません。

 

ワークシートで一番大事なのは「自分ルール」を決めること!

看護師にとってワークシートは欠かせないもの。

というのも、看護師の仕事は複数のことをこなさなければなりません。

例えば…

Aさんの点滴の次はBさんの清拭ケア、合間にドクターに指示をもらう

同時進行で業務を進めることもザラです。

しかし、看護師も人間なので、うっかり忘れてしまうことも…。(やることがいっぱいだから、流れが分かっていても忘れることも多いです。)

うっかりミスを防ぐ方法が、ワークシートです。

ワークシートにやることを書いておけば、ひと目みて「次は〇〇をしよう!」と分かりますよね。

もし抜けていたとしても、早い段階で気づくことも可能です。

ここで大切なのが、パッとひと目で分かるワークシートにしておくのがポイント!

キレイに書いたとしても、自分が理解していなければ、ただの紙切れです。

自分の性格をよく知っているのは自分なはず。

忘れやすいことをマーカーで囲うなど、自分ルールでワークシートを手作りしましょう。

悩む看護師
悩む看護師
なるほど〜。

いくらキレイに書いても意味ないんだ!

具体的なワークシート例を見せてもらえますか?

 

デキる看護師は手作りワークシートを使ってる!【参考例を紹介】

ここからは、具体的なワークシート例を紹介します。

新人ナースにおすすめ「押さえるポイント」は次の5つ↓

  1. バイタル
  2. 禁忌事項
  3. 点滴
  4. 処置・検査
  5. 清潔ケア

受け持ち患者を一覧にして、日勤帯の9時〜16時までの時間枠を設定しましょう↓

T(体温)、BP(血圧)、P(脈)、kot(便)、Hr(尿量/トイレ回数)のバイタルを中心に、シャワー介助、オペ出し、検査の前処置…等など、手書きで書きます。

朝の情報収集の間に、1日のやることを全部記入

バイタルもいつものルーティンですが、世間話をしてるとうっかり抜けることもあります。

全部書いておくのがポイントです。

あと、バイタル測定の後は記入までの一連の流れ。記入したらレ点してチェックすれば記入漏れを防止していました

また、絶対に抜けたらダメなこと(食前の血糖測定、内服、点滴など)は赤字で書いたり、マーカーで○を付けたり、目立つようにルール決め。

自分ルールが定着すれば、効率よく働けるし、抜けやミスがグンと減るのでおすすめですよ。

仕事の抜けが多い看護師の共通点は、「無意識のアレ」【解決法】新人看護師で「仕事の抜け」があるのは当たり前。 しかし、経験を重ねれば「仕事の抜け」が減っていくと思いますか? 今回は、仕事...

 

【おさらい】ワークシートは自分ルールを決めると、効率よく働ける&みるみるミスが減るよ

ワークシートを上手く書くコツは「自分ルール」を決めること!

これ、本当に大事です。

ただ最初から自分ルールを決めることはできません

何度か試行錯誤しながら作り上げていくもの

今日ダメだったことは、明日やり方を変えて挑戦すれば大丈夫です。

そうやって繰り返すことで、自分ルールのワークシートが完成。

自然にミスや抜けも減り、定時に帰ることができますよ。

新人看護師さんに一番伝えたいこと

新人のときって何でも自分でこなさないと…と思いますよね。

少なくとも私はそう思っていたので、何でも詰め込みすぎてキャパオーバーに良くなっていました。

でも、その必要はなし。

時間内にはムリかも…という作業はフリーの看護師にお願いしても大丈夫です。

1年目や2年目であっても、何でも一人でやろうとしなくて◎。先輩たちの力を借りてもいいんだよ。

ということに後輩ができてから気づきました

最初からできる人はいません。甘えるところは先輩に甘えて、抜けやミスなくこなしていきましょう。

今の職場がイヤなら

今すぐクリック