看護師の悩み

経験年数が浅い看護師が「派遣」になるときの注意点3つ

常勤や正職員で働く気力はない…。

だから、高時給で、自分の好きなタイミングで働ける「派遣」になりたい!

でも、経験年数が浅い看護師でも派遣で働くことってできるのかな?

もちろん臨床経験が少ない看護師でも派遣になることは可能です。

しかし、キャリアが浅いことが原因で、思ったように働けないこともあります。

そこで今回は、経験年数が浅い看護師が派遣になるときの注意点をまとめました。

経験年数が浅い看護師が派遣になるときの注意点3つ

さっそくですが、経験が少ない看護師が派遣になるときの注意点は3つ↓

  1. 採血などの看護技術を習得しておく
  2. 複数の看護師がいる職場を選ぶ
  3. 派遣先の仕事内容、環境はしっかり情報収集する

採血などの看護技術を習得しておく

看護師資格を活かして働く場合、基礎看護技術は一通りできるようにしましょう。

というのも、できると採用されやすくなります。

基礎看護技術とは?

採血や注射、点滴、心電図、バイタルサイン、体位変換、清潔援助、航空請合、吸引、酸素ボンベ操作…等など。

悩む看護師
悩む看護師
新卒で入った病院を3ヶ月で辞めて、できない看護技術がある場合はどうしたらいいの?
先輩ナース
先輩ナース
まずは、「できること」と「できないこと」をはっきり伝えましょう。

そして、できない看護技術に関しては、今後習得できるようになりたいと相談すれば◎。

複数の看護師がいる職場を選ぶ

経験年数が少ないので、知識も不足。

もし一人だけの職場を選んでしまうと、何かあったときに正しい判断はできません

急変が少ないと言われていても不安ですよね。

だからこそ、常勤の看護師がいる、他にも複数名の看護師がいる職場を選びましょう

派遣先の仕事内容、環境はしっかり情報収集する

大きな病院から中小病院、個人クリニックで働く場合、環境の違いに戸惑います

例えば、採血の針。

前の病院では、バンバン翼状針を使えたけど、派遣先の病院では翼状針は滅多に使えない…ということもよくあります。

他にも、手袋が最小限しか使えなかったり、アル綿は自分たちで滅菌して作る、瓶の注射器を使う…等なども。

事前にしっかり情報収集をしていれば、回避することができます

悩む看護師
悩む看護師
派遣になるときは、この3つを注意しよう!

でも、そもそも…経験浅い看護師が派遣できる病院ってあるの?

 

経験年数1〜3年の看護師ができる派遣先【一覧】

確かに経験年数が少ない看護師の派遣先は少ないです。

しかし、全くないわけではありません。

経験年数1〜3年で働ける「単発」の派遣先【一覧】

デイサービス 基本的に血圧測定できれば未経験でもOKです。

ただし、与薬や経管栄養、インスリン注射を行うことがあるので、マスターしておいたほうが◎。

また、入浴中や食事中に急変があった場合、BLS技術も求められます。

入居者さんとコミュニケーションをしたり、入浴介助やレクレーションに参加するので、体力に自信がある人におすすめ!

訪問入浴 血圧測定ができればOK。

入浴中の酸素管理や沐浴後の塗り薬、褥瘡処置を行います。

若くて元気な人が求められるので、看護師としての経験が少なくても派遣として受け入れられやすい。

検診 経験年数が3〜5年以上としていますが、血圧測定や身長測定のみで限定すれば、臨床経験がない人でもOK。

ただし、限定するため、紹介できる件数は少ない可能性が高いです。

採血ができる場合でも、一人あたり3〜4分程度で、1時間20名ほど採血しないといけません。

経験年数1〜3年で働ける「長期」の派遣先【一覧】

クリニック 基本は3年以上の看護師として働いていればOK。

3年未満でも、採血や注射、点滴、心電図などの看護技術を習得していれば採用されることもあります。

クリニックでの採血スキルは、病院の信用問題です。経験が浅くても、得意、自信があるならしっかりアピールしましょう。

あと、コミュニケーションが得意なのも◎。

有料老人ホーム 介護度の低い施設であれば、未経験者でも求人があります。

バイタル測定や血糖測定、インスリン注射、服薬管理ができれば問題なし。

看護師が2名以上いる施設を選べば、経験が浅くても安心して働けるはずです。

「日雇い派遣」ができる例外の人って?

悩む看護師
悩む看護師
気が向いたときに働ける「日雇派遣」っていいよね〜♪
先輩ナース
先輩ナース
ちょっと待って!

派遣法改定により「日雇派遣」が原則禁止になったから、例外者しかムリだよ。

悩む看護師
悩む看護師
例外者?

雇用期間が30日いないの日雇派遣は禁止です。

ただし、例外者に該当すれば、雇用契約が30日いないでもOK。

例外者は以下の人です↓

①60歳以上の人
②雇用保険の適用を受けない学生
③副業として日雇い派遣に従事する人(※本職の年収が500万以上に限る)

悩む看護師
悩む看護師

残念。

本業で500万以上稼いでいる人しかムリだね。

先輩ナース
先輩ナース
雇用期間が31日以上の派遣で探そう!

 

派遣で看護師をするメリット&デメリット

派遣会社を探す前に、「派遣」のメリット&デメリットも知ってから登録しましょう。

派遣で看護師をするメリット5つ

まずは派遣で看護師をするメリットは次の通りです↓

  • 時給が高い
  • 働き方が融通がきく
  • 人間関係のストレスが少ない
  • いろんな経験ができる
  • 福利厚生が受けられる

パートやアルバイトの平均時給は、1520円です。(参考:パート看護師の時給

一方、派遣の時給相場は2000円以上なので、パートやアルバイトよりも500円も高くなっています

また、「週2日だけ」「日勤だけ」など、自分のライフスタイルに合わせて働けるのも◎

さらに、期間限定で働けるので、ムリに職場の人と付き合わなくてもOKです。ゴタゴタに巻き込まれることもありません。

もしも職場が合わなかったら、「契約更新をしない」という形で円満退職できたり、万が一 妊娠しても「福利厚生」があるので、産休&育休も取得可能です。

※福利厚生は、派遣先の病院ではなく、派遣会社。

上のイラストをみて分かるように、雇用契約を結んでいるのは「派遣会社」だからです。

派遣で看護師をするデメリット4つ

良いことだけでなく、悪い部分もあります。

派遣看護師のデメリットは次の通り↓

  • 職場に馴染みにくい
  • 職場のルールになれるのが大変
  • 収入や雇用が不安定
  • ボーナスが貰えない

「派遣だし…」と割り切って働くことができたら、デメリットも気になりません。

先輩ナース
先輩ナース
派遣看護師をしたいときに、どこの派遣会社を使おう…と悩んだら次の2つの中から選ぼう!

 

看護師におすすめの派遣会社

派遣に特化した看護師におすすめ転職サイトはこの2つ↓

  • 看護ルー(派遣)
  • 看護のお仕事(派遣)

看護ルー!派遣

看護ルーの派遣も満足度が高いと評判です。

というのも、とても丁寧に説明をしてくれるので、「派遣看護師が初めてで不安…」というあなたでも安心して使えます。

求人数も多く、日勤のみ、土日休みなど、彼氏(夫)に合わせた働き方も可能。

さらに、社会保健完備、有給休暇取得など、質の高い福利厚生も派遣ナースで受けることも…!

安心&高時給 看護roo!の派遣
看護roo!派遣

看護のお仕事派遣

「看護のお仕事派遣」の特徴は3つあります。

  • 地域に密着した情報収集力
  • No.1に選ばれるサポート力
  • 現場の状況を徹底的にヒアリング

地域に密着した情報収集力

看護のお仕事派遣は、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、福岡、北海道…と広い地域で対応しています。

それぞれの地域には、特性をしっかり把握したエリア担当のキャリアドバイザーがいるので、希望の条件にマッチした求人を見つけてもらうことが可能

No.1に選ばれるサポート力

派遣業務の場合、就職して「はい、終わりー」という訳にはいきません。

看護のお仕事派遣は、就業後のサポートも手厚いことも特徴です。

給料や仕事内容、人間関係など派遣先で生じた悩みを相談できる専任チームがいるので、いつでも相談することができます

また、自分ではいいにくい、残業や給料の話でも、サポートチームが病院に対応してくれるので、派遣ナースに支持されている訳です。

現場の状況を徹底的にヒアリング

実際に求人を出している病院に訪問して、現場の状況を徹底的にヒアリングするのが「看護のお仕事派遣」のこだわり。

いい条件で働いたものの、やっぱり合わなかった…ということが少ないのも特徴です。

看護のお仕事派遣
看護のお仕事派遣

派遣で働くときの流れ

  1. 派遣会社に登録
  2. 求人の紹介
  3. 見学・打ち合わせ
  4. お仕事スタート

気になる求人があったら、職場見学や打ち合わせをしましょう。

実際の職場をじっくり見て、仕事内容、勤務条件を予め打ち合わせしてから、派遣でのお仕事がスタートします。

先輩ナース
先輩ナース
まずは気になる派遣向け転職サイトに登録して、どんな求人があるのかチェックしてみましょう。

そうすれば、あなたの不安は減るはず。

 

まとめ

派遣に登録したものの、思うように働けない。

派遣は楽って聞いていたのに、何か思っていたイメージとは違う…

そうならないために、経験年数が少ない看護師が派遣になるときに次の3つを注意しましょう。

  1. 採血などの看護技術を習得しておく
  2. 複数の看護師がいる職場を選ぶ
  3. 派遣先の仕事内容、環境はしっかり情報収集する

まずは気になった派遣会社に登録してみるのがオススメです。

というのも、自分のキャリアでどんな派遣先を紹介してもらえるのか、実際に目で確かめたほうがいいから。

思ったような派遣先が紹介されない場合は、派遣会社を解約して、別の派遣会社を利用すればOKです。

ちなみに…解約する方法は【こちら】で詳しく解説しています。