看護師の悩み

仕事のミスで落ち込んでいる看護師さんへ【気持ちを切り替える方法】

仕事でミスが続くと、気持ちが落ち込んでしまいますよね。

やっと仕事に慣れてきたと思ったのに、先輩たちに迷惑をかけっぱなし。

ミスしたことを先輩に注意されると、要領の悪さや性格、自分の存在意義まで考えてしまい、「この場から消えたい…」と思う人も少なくありません。

「やっぱり看護師向いていない…」「もう辞めたい…」「しんどい…」と思いながら、仕事をしてしまうと毎日がしんどいです。

そこで今回は、仕事でミスして落ち込んだときに、スパッと気持ちを切り替える方法を紹介します。

最後まで読めば、さっきまのドヨーンとした重たい気持ちを一転させるコトができますよ。

看護師が仕事のミスで落ち込んだときは「気持ちを切り替ること」がとっても大事!

まずあなたに一番言いたいことは、仕事でミスをすれば、落ち込む人はいません。

誰だって仕事でミスをして、先輩や上司に注意をされます。

注意されればズドーンと落ち込むのが普通です。

しかし、いつまでもミスを引きずって落ち込み続けると、仕事に集中することが難しくなりまたミスをします。

どんどん負のループに陥ってしまう前に、抜け出す方法が「気持ちを切り替えること」です。

悩む看護師
悩む看護師
確かに、仕事でミスして落ち込んだ気持ちのままで働いていたから、ミスを連発していたのかも…。

どうやって気持ちの切り替えをしたらいいの?

先輩ナース
先輩ナース
気持ちの切り替え方については後ほど詳しく解説します。

その前に、仕事のミスが多い看護師の特徴を紹介するので、自分に該当するかチェックしてみましょう。

 

仕事でミスが多い看護師の特徴5つ【チェックしよう】

仕事でミスしない人はいません。

しかし、仕事でミスしやすい人が存在します。

その特徴は次の通り↓

仕事でミスが多い看護師の特徴
  • 真面目&マイナス思考の人
  • メモを取らない&取り方が悪い
  • 気をつけようで終わらせる人
  • キャパ以上の仕事を引き受ける人
  • いつも寝不足

真面目&マイナス思考の人

真面目な性格で、マイナス思考な人は、過去のミスを引きずりやすく、とるべき行動がとれなくなる傾向があります。

というのも、同じミスをしないように…という気持ちが強くなり、慎重に仕事をこなすことで、どんどん仕事が溜まり、同時進行せざるを得なくなってしまいがち…。

また、同じミスをしないことに気を取られて、他のことへの注意が怠り、別のミスを誘発してしまうこともあります

ミスする自分が悪い…とマイナスに考えてしまい、新たなミスを引き起こす負のループから抜け出せなくなりやすいです。

メモを取らない&取り方が悪い

看護師の場合、同時進行で進めることも少なくありません

仕事中にメモを取らないと、タスク&スケジュール管理は難しいです。

後から思い出してできることならいいですが、時間が決められた処置もあります。

メモを取らない、取り方が悪いとミスを多発する可能性が高くなるってことです。

ケアレスミスを防ぐために、自分が分かるようにメモを活用することが重要なポイント!

気をつけようで終わらせる人

仕事でミスしないように気をつけることは大切です。

しかし、気をつけるといっても、何に対してどうやって気をつけたらいいのでしょうか?

もっと具体的に気をつけるポイントを出さないと、ミスは防げません

  • 何に気をつける?
  • どのようにすれば今回のミスは防げた?
  • そのために何をすればいい?

 

例)薬を管理している患者が、薬の飲み忘れをした。

⇒薬を渡すだけでなく、薬を飲んだかまで確認をする。

キャパ以上の仕事を引き受ける人

新人看護師で多いのが、全部自分でやらないと…と思ってしまう人はミスが多くなりがち。

キャパ以上の仕事を引き受けると、余裕がなくなり、注意力が散漫します。

つまり、キャパ以上の仕事を引き受けたことで、初歩的なミスが連発

いつも寝不足

新人看護師の場合、ヘトヘトで帰宅しても、次の予習のために勉強する人も多いはず。

睡眠時間を削って勉強すれば、寝不足になります。

その結果、仕事で集中力が発揮できず、ミスを連発

予習や復習も大事ですが、睡眠を削ってまで勉強をするのはやめましょう。

悩む看護師
悩む看護師
わたし…、全部に該当してる!!

だから、仕事でミスが多かったんだ…。

ミスばかりする自分をサヨナラしたい!

ミスを引きずって落ち込まないためには、どうやって気持ちを切り替えたらいいの?

 

【看護師さん必見】仕事のミスで落ち込んだときに試したい!気分を切り替える5つの方法

ここからは、気持ちの切り替える方法を紹介します。

あなたに試してほしい方法は、次の5つです。

落ち込んでいた気分を切り替える方法
  • 人はミスするものと思う
  • 人に相談する
  • リフレッシュする(笑う、涙を流す)
  • 深呼吸する
  • 転職する

人はミスするものと思う

人は誰だってミスをするもの

ここはしっかり頭に入れておきましょう。

というのも、ミスをしたときに「いつも私だけ…」と思っていませんか?

看護師長や先輩、同期に「ミスしたことはある?」と聞いてみてください。

おそらく、全員「ミスしたことある」と答えるはず。

ミスの大きさに差はあっても、全くミスをしたことがない人はいません。

大切なのはミスしたことを受け入れて、次はどう対策をすればいいかを考えることです。

人に相談する

仕事でミスしたときにヘコむのは、多くの人が経験しています。

信頼できる同期や先輩に相談することで、実体験からミスを無くすアドバイスをもらえるかもしれません

また、「ミスしたらヘコむよね」「ミスが続くと、仕事に行きたくなくなるよね。」「次の日、どんな顔で接したらいいか分からないよね。」など、共感してもらえるだけで気持ちが楽になることもあります。

リフレッシュする(笑う、涙を流す、カラダを動かすなど)

仕事でミスをした日は、職場の病院だけでなく、家に帰ってからも落ち込んでいませんか?

何度も言いますが、引きずっても新たなミスを引き起こすだけ。

スパッと断ち切るために、家に帰ったらリフレッシュに専念しましょう。

好きなことをすればいいのですが、もし無い場合は、笑ったり、涙を流す、カラダを動かすことがオススメです。

ジムもオススメですが、次の日の勤務を考えると微妙かも。

そこでオススメなのが、アニメやドラマを見ることです。

アニメやドラマを見て、泣いたり、笑ったりするだけでリフレッシュできます。

日本最大級のビデオ・オンデマンドといえば、「U-NEXT」です。

映画や韓流ドラマ、アニメなどの人気作品や名作が、今なら31日間無料トライアル実施中!

また、雑誌をはじめとした本も楽しめるから、休憩中の時間潰しにもオススメです。

U-NEXT
先輩ナース
先輩ナース
ちなみにU-NEXTでオススメ作品を紹介します。

笑える映画でオススメなのは、「斉木楠雄のΨ難」です。

シュールなギャグ満載のストーリーは、ミスで落ち込んだ夜にピッタリ。

アニメでオススメは、「はたらく細胞」と「かぐや様は告らせたい」「ハイキュー」の3作品です。

深呼吸する

落ち込んでいるときは、呼吸が浅くなりがち。

意識して深呼吸すれば、リラックスできます。

深呼吸する方法【2ステップ】

①鼻からゆっくり息を吸う

②口からはぁーーーーっと息を吐く

※息を吸うポイント⇒お腹を2.5〜5cm膨らませる。

※息を吐くポイント⇒吸ったときの倍の時間でゆっくり吐く

吸って、吐いてのサイクルを5回程度、繰り返せばOKです。

転職する

そもそも職場の環境が悪い、仕事が合っていない…という理由で落ち込んでいるなら、転職を検討してみてはいかがでしょうか?

「ミスばっかりする自分なんて、どこの職場も受け入れてくれない…」「ミスが多い上に、経験も浅いし、転職先なんて見つからない…」と不安なら、転職サイトの担当者に相談してみることをオススメします。

看護師転職サイトは、無料で転職相談でき、あなたにマッチした転職先を紹介してくれたり、履歴書の添削や面接対応、条件交渉の代行まで行ってくれる転職サービスです。

忙しくて転職活動を始める時間がない…という人でも、転職サイトを利用すれば効率よく転職活動をすることも可能。

もし看護師転職サイトが多すぎて選べないと悩んでいるなら、「利用して良かった看護師転職サイトランキング」を参考に選んでみてくださいね。