新人看護師が困っていること

新人看護師が、仕事で「積極性がない」と言われる3つの原因

どうも、みもです。

最近の副主任は「積極性がない!!」とよく吠えています。

ぼやいたり、つぶやいたりではなく吠えているので、怪獣そのものです。笑

なんてほのぼのシーンみたいに言っていますが、新人看護師にとってはストレスとなっている人も多いことでしょう。

私も新人のときに、怖い先輩から「積極性がない!」と怒鳴られたことがあるのでよく分かります。

これまでに「積極性とはなんぞや…?」と考えましたが、新人のときと今とではだいぶ考えが変わりました。

そこでこの記事では、「積極性がない」と先輩に言われて落ち込んでいる新人看護師に向けて積極性を取り戻す方法について紹介していこうと思います。

先輩ナース
先輩ナース

積極性を身につけるヒントにしてもらえると嬉しいです。

 

なんで積極性がないと言われるのか?

まず積極性って何だろう?と疑問に思う人もいると思います。

国語辞典で調べると…

進んで物事を行なおうとする性質

だそうです。

たしかに新人には欠けている部分かもしれませんね

「やったことない処置があれば積極的に先輩に声を掛けて!」なんて、まさしくその通り。

しかし、私はこれこそおかしいと思っています。

たった2人の受け持ち患者の情報を取るのに30分かかる新人に対して、やったことない処置をピックアップなんてできると思いますか?

受け持ち患者以外のイベントをチェックして、積極的に見学なんてさせてもらえるでしょうか?

いやいや、そんな余裕なんてないでしょ。

受け持ち患者の情報ですら先輩に突っ込まれるのに、逆に処置だけ完璧にピックアップできていたら奇跡です。

だから、先輩がもっと声を掛けるべきだと思います。

その考えに至ったのは、新人看護師が消極的になってしまう原因を見れば分かるはずです。

 

新人看護師が消極的になってしまう原因3つ

新人看護師は、最初から積極性がない訳ではありません。

できないながらも「やる気」や「意欲」に満ちていて、積極的に行動しようとしていました。

しかし、働くうちに積極性がなくなったのです。

新人看護師が消極的になってしまう原因は3つ↓

  1. 先輩が怖くて話しかけれない雰囲気
  2. やるべきことが理解できていないために行動できない
  3. 不安があることで行動できない

原因①先輩が怖くて話しかけれない雰囲気

1つ目の原因は、先輩が怖くて話かけれないことです。

挨拶するだけでも無視する先輩もいます。

その相手がペアやフォロー看護師だったら、「〇〇さんの処置、見学させてください」なんて声を掛けることができません。

また、積極的に報告しても「そんなの報告はいらない!」とか言うんですよね。

悩む看護師
悩む看護師

声をかけなくても怒るし、声かえても嫌な顔される。

どうしたらいいのよ〜!?

と萎縮してしまい、積極性が失われていくのです。

先輩ナース
先輩ナース

このタイプの看護師は、どっちに転んでも怒るので気にしないのが◎。

怒られても平気な人がしている3つの習慣を参考にしましょう。

原因②やるべきことが理解できていないために行動できない

目の前のことで精一杯になるのが新人です。

そもそも全体把握できていないので、やるべきことが理解できていません。

新人でよく困るのが「優先順位が立てられない」とか「時間内に終わらない」のは、やるべきことが理解できていないから起きています。

先輩としては「あれもやってほしい」と思いますが、それは全体を把握できているからこそ見えているもの

新人には見えていないので、行動できないのです。

先輩ナース
先輩ナース

先輩こそがナビゲートしていく必要があると思いますが、全体像を把握するには「段取り力」を鍛えたら余裕ができる!を参考にしてみてもいいかも。

原因③不安があることで行動できない

やることは頭で分かっていても、不安があれば行動できません。

誰だって初めてのことはビビるし、やらなきゃダメと分かっていても行動できないのです。

とくに怖い先輩に処置の見学とか処置の見守りをお願いするときなんて…。

「調べてきたの?」や「変なことしないか見てるわ」などプレッシャーをかけてきたら、消極的になるのも当然です。

先輩ナース
先輩ナース

こんな理不尽な先輩は「気にしないマインド」等の有効な対処法で乗り切りましょう。

詳しくは理不尽な先輩に有効な5つの対処法を読んでくださいね。

 

最後に…

「積極性がない」と言われた新人看護師さんは、気にする必要はありません。

新人の積極性を奪っているのは「先輩たち」。

そもそも…そんなことを言う先輩こそが元凶なのです。

最初から仕事ができる人なんていません。

少しずつ自信をつけば、おのずと積極的に行動できるようになります。それまでは自分のペースで進んで行けばいいんじゃないかと思います。

とはいえ、プレッシャーをかけてくるような先輩もいるので、そんなときは無視しましょう。

スルースキルの身につけ方をマスターしておくと、この1年乗り切るのが少し楽になりますよ。

ただし、「積極性がない!」と目を光らせる先輩が職場の半分以上いる場合は、環境がそうさせています。

というのも、人は環境に左右される生き物です。

この1年はスルースキルで乗り越えることができても、新1年目に対してあなたが先輩のような態度をとってしまう可能性があります。

自分でも気づかないうちにどんどん性格が悪くなる。

生理やミス、多忙などでメンタルが落ち込んでスルースキルがうまくできず、心と体が壊れてしまう。

自分にとってあまり良い環境とは言えないので、、早めに異動とか転職を考えて行動しておいたほうが◎。

半年先の情報収集もできる「看護のお仕事」や、登録後に転職ガイドブックがもらえる「看護roo!」には、今のうちに登録しておきましょう!

先輩ナース
先輩ナース

登録しておいて人生がいい方向に変わることはあっても損することはないと思ったので、私は転職するつもりがなくてもとりあえず登録しましたよ。