看護師のモラル・ハラスメント対策

コミュ障ナースの私が、報告・連絡・相談(報連相)で意識した事3つ

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

ちゃんと報連相して…って先輩に注意されたけど、どうやったらいいの?

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

報連相で悩む新人さんは、ほんっと多いです。

社会人になると「報連相は大事!」って言われるけど、やり方を教えてもらえる訳でもなく、四苦八苦してしまうよね。

わたしも新人のときは、報連相が苦手でした。

しかも人見知りなうえに、コミュ障…。

そんなわたしが報連相(報告・連絡・相談)で意識したことを紹介しようと思います。

意識したことは次の3つ↓

  1. 相手の状況を確認する
  2. シンプルに伝える
  3. こまめな報告をする

その甲斐あってか、先輩への報連相で注意されたり、怒られたことはありません。

報連相が苦手な新人看護師さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

【注目】コミュ障の私が報告・連絡・相談(報連相)で意識した3つのコト

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

ねぇ…杏ちゃん!

報連相ってどうして大事なんだと思う?

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

えーっと…。

患者さんの情報の共有とか、連携をはかるため…です。

看護師の仕事は、チームで行っています。

チームの一員として、何が終わっていて、次何をするのか…など、チームで(患者さんの)情報共有する必要がありますよね。

つまり…効率よく働くために報連相が大事ってこと!

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

1年目の間はフォロー看護師がいますが、ずっと付きっきりではないので、何をしているのか、何に困っているのか…など、把握できていないことも。

フォローをしてもらい一人前の看護師になるためにも、報連相は大事なんです。

…と分かっても、報連相は難しいですよね。

そんなあなたに意識してほしいのが次の3つ↓

  1. 相手の状況を確認する
  2. シンプルに伝える
  3. こまめに報告する
7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

この3つのポイントについて、詳しく解説していきますね。

 

ポイント①相手の状況を確認する

まず意識してほしいのが、報連相をする相手への気遣いです。

新人の間は、自分のことだけで精一杯。

余裕なんて1ミリもないので、周りが見えなくなる人も少なくありません。

そうなってしまうのも分かりますが、報連相するには相手が必要なんです。

ちょっとここで、

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

報連相する相手=先輩看護師の置かれている状況を考えてみましょう。

看護師の職場はどこも人手不足。

今日もギリギリのメンバーで、決められた処置&ケア、イベント、ナースコールの対応、急変…等などをこなしていきます。

しかも多重課題が当たり前

輸液ポンプのアラーム対応中に、他の患者さんの処置の対応が重なったり、清潔ケアを行っている間に、他の患者さんからの対応を求められたり…。

患者さんのニーズに応えるためには、2つ以上のことを同時にこなす必要があります。

もし処置の対応中に物品を取りにナースステーションに戻った瞬間、報告されたらどんな気持ちになりますか?

「この状況が分からないの!?」

「なんで今なの?」

と思ってしまう気持ちも分かりますよね。

ただ…。

そう思ったとしても先輩たちは「空気読んで!」とか「後にして!」とイラッとしたり、怒る必要はないと思います。

ですが、先輩たちも日々一杯一杯、必死なんです。

働いていると余裕がなくなるので、「今対応している処置が終わってから聞くね」とか「5分後聞くから、ちょっと待って」と、優しく声をかけることができません。

逆ギレされないための声掛け方

だからといって後回しにすれば、「何で報告にこないの?」や「相談しないの?」と怒られるでしょう。

いわゆる逆ギレってやつ。

先輩の理不尽な対応でモヤモヤしたくないなら、

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

「〇〇について報告があるので、手が空いてからお時間いただけますか?」

報告する前にこの一文を言うだけで、「空気読んで!」や「後にして!」と怒っていた先輩の対応がよくなるはずです。

補足…

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

3年目や4年目になったらプリセプターをやる病院がほとんど。

正直、初めてプリセプターをする先輩は、あなた同様…余裕なんてありません。

プリセプター=新人フォローができる訳ではないのです。

プリセプターが最近冷たくなった!原因とプリセプティとしての適切な対処 プリセプターに冷たい態度をとられていると感じたら、自分にも何らかの原因があることが多く、あなたの言動や態度によって先輩を怒られて...

 

ポイント②シンプルに伝える

勇気を出して報告したのに、「…で?」と先輩に冷たく言われ、ビビったことありませんか?

一生懸命伝えようという気持ちは分かります。

ただね…、長ったらしい報告をしても先輩には伝わりません

(※報連相の目的は、先輩に伝えるため。)

しかも、忙しい中、あなたに時間を取っているのに、「結局…何が言いたいの?」という内容なら、イラッとしますよね。

そんな貴重な時間をムダにさせないためにも、シンプルに伝えましょう。

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

シンプルに伝えたいけど、

頭の中がごちゃごちゃで、何から伝えて、どこまで伝えたらいいのか…分からないです。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

たしかに、

報連相が苦手な新人看護師は、要点の絞り方が分かっていないかも。

シンプルに伝えるには、「5W1H」を意識してみましょう。

要点をまとめるときに、

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • なぜ(Why)
  • 何を(What)
  • どのように(How)

この5W1Hで考えれば、先輩にすんなりと伝わる報連相ができますよ。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

感情をうまくコントロールできない先輩が多いので、自分が傷つかないためにもシンプルに要点だけを伝える練習をしましょう。

Instagramで「申し送りのコツ」について紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

ポイント③こまめに報連相する

最後は、「こまめに報連相する」ことです。

といっても、先輩によってどれくらいの頻度か…は異なります

一処置が終わるたびに報告が必要な場合もあれば、午前分まとめての報告でいい場合も。

ただ、最初は先輩の傾向は分からないので、とりあえずこまめな報告を心掛けたほうがいいでしょう。

それに、新人の間は何をどこまで報告するのか…が判断できません。

自己判断して、インシデントやアクシデントにつながる可能性もあるので、こまめな報連相はしておいたほうが自分を守る行動につながりますよ。

もし、

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

「そんなことまで報告しなくていい」と言われたら、次から報告しなければOK

【仕事のミスを引きずってしまう新人看護師へ】引きずらない4つの方法 仕事でミスをしてしまうと、ズドーンと気持ちが落ち込んしまい引きずってしまうことありますよね。 ミスしたことを先輩に注意され...

 

【まとめ】コミュ障の私が報連相で心掛けた3つのこと

看護師はチームで動くので、報連相は大事です。

人見知り&コミュ障ナースの私が報連相で意識したコトは次の3つ

  1. 相手の状況を確認する
  2. シンプルに伝える
  3. こまめに報告する

人見知り&コミュ障だから、なるべく人と関わりたくない…と思う気持ちも分かります。

ですが、人見知り&コミュ障だからと出来ないと決めつけないで。

別に雑談する訳ではないので、要点を絞って話せばいいだけです。

あと、看護師を10年以上して報連相の重要性について発見しました。

ミスをしたときに、先輩に報告・連絡・相談をしたという証拠を残す意味でも重要なんです!

ちょっとあざとい…と思われるかもしれませんが、決して先輩に責任を押し付ける訳ではありません。

独断でしてミスを起こすのと、先輩に相談したミスでは先輩ナースの見方は全然違います。

自分を守るためにも報連相は念入りにしたほうがいいですね。

報連相と同様に、「積極性がない」と注意されることも多いので、モヤモヤしないためにも合わせて読んでおこう↓

仕事で積極性がないと言われた新人ナースへ|3つの原因を解消する方法 師長が注意したということは…つまり、 というのも… 新人看護師が消極的になってしまう原因があるから。...