看護師の身だしなみ

看護師の髪型で「ショートボブ」が一番ラク!ジャマを解消する方法

どうも、みもです。

忙しい看護師さんがテキパキと仕事をこなすには、髪型の長さは重要ですよね。

みんなお団子ヘアにしていますが…仕事中ふとした瞬間にお団子ヘアが崩れることがストレスだったのですが、ショートボブにしたら「楽ちん♪」になった話をします。

わたしが看護師1年目でショートボブにした理由

新卒で病棟で働いた最初の3ヶ月はロングヘアでした。

毎日こんな感じの清潔感のあるお団子ヘアで出勤↓


参照:お団子ネットを使ったおすすめのやり方

新人ということもあり、かなりきっちりお団子ヘアを作っていましたが、ピンでガチガチに留めたのに…不可抗力で髪の毛が乱れ崩れます。

わたしが仕事中、髪の毛が崩れてイラッとしたシーンは次の3つ↓

看護師さんが髪が崩れるよくあるシーン3つ
  • 寝たきりの患者さんの清拭中にボタンに髪の毛が引っかかる
  • 聴診器を外す時にお団子ヘアを引っ張る
  • 点滴にお団子がひっかかる

急性期&慢性期の混合病棟だったので、介護度が高い患者さんの身の回りのお世話をすることもよくありました。

体位変換、車椅子移動、清拭のときに、患者さんのパジャマのボタンに髪の毛が引っかかって崩れる。

呼吸音を聞こうと思って聴診器を使ったあと、首から外そうとすると一緒に髪の毛も引っ張る。

点滴のルートキープ時、落下確認のときにチューブ部分にお団子がひっかかる。

髪が乱れているとだらしなく見えるので、

悩む看護師
悩む看護師

すぐにヘアセットし直したい!

と思うけど、トイレに行く時間さえなくて時間に追われていた日々です。(何度も膀胱炎になるほど)

そんな時に詰め所にいる先輩をサーッと一通り見てみると、「あれ?先輩たちはお団子ヘアの人よりもショートやボブの人が多い」と発見!

ボブヘアは中学生以来していませんでしたが、まとめ髪をしなくていいショートボブに挑戦してみることにしました。

すると…

  • 制服⇔私服に着替えるとき
  • 患者さんを介助しているとき
  • 聴診器を使ったとき
  • シャンプーするとき
  • ドライヤーの時間
  • 朝のヘアセット

…などなど、ショートボブにしたらみるみる楽になり、気分も上々〜とココまではプラスの事しかありません

しかし、集中したい時に髪の毛がジャマになったり、ベタついたり…と少しだけ問題があったんです。

 

ボブヘアにして仕事中「髪がジャマ」と思う瞬間

ショートボブにして、お団子ヘアが崩れる心配はなくなりました。

でも、看護師がよくする”あの業務中“に「髪がジャマ!」と…。

それが採血やルート確保するときです。

顔を下に向けると、髪の毛が短いのでバサッと落ちてきます。

集中して狙いを定めているときなので、

「あ〜、ピン持ってこればよかった…」とボブヘアにしたばかりの日はそう思って働いていましたね。

あと意外にも患者さんの検査出しで車椅子護送、シャワー介助のときも髪の毛がジャマと思うかも…。

ショートボブにしたらお団子ヘアが崩れる心配はなくなったけど、髪の毛がジャマと思うシーンがいっぱいです。

 

『ジャマ』を解消したら最強の髪型になった!

肩にかからない髪型だからと「ボブ」を選ぶのは安易すぎます。

でも、どんなに忙しくてもボサボサになることはなし

ちょっと乱れたかな…という時はササッと直せば問題ありません。

ただし、仕事中で気になるのは、顔にかかる髪の毛です。

それを解消する方法は、仕事中は耳上の部分をピンで留めるだけでOK

なんですが…MRI室に患者さんを護送したとき、ピンを外し紛失させたこともあります。

ピンを使わずにワックスやムースでしっかり固定しても◎

整髪料を使う場合は、匂いがないor控えめのものを選んで下さいね。(患者さんによっては匂いに敏感な人もいるため)

一度ショートボブの楽さを覚えると、もうロングヘアにしたい…とはほぼ思いません。

私がショートボブにして良かったな〜と思う瞬間は、白衣に着替えるときにTシャツを脱いだとき。

お団子が引っかからずスッと脱げるのは嬉しい瞬間です。狭いロッカーをいち早く抜け出すコツの一つですね。(⇒着替える時間を時短するコツ

先輩ナース
先輩ナース

ショートボブは病棟ナースだけでなく、クリニック看護師にもおすすめ!

クリニックは休憩時間が長くて昼寝をすることも多々あります。お団子ヘアだと乱れますが、ショートボブなら問題なし。(⇒クリニックの仕事内容

 

【超簡単】看護師におすすめボブヘアのまとめ髪3選

顔にかかる髪の毛の解消法は、

  1. ワックスを使う
  2. ピンで留める
  3. ゴムを使ってヘアアレンジ

ワックスを使うのがラクかもしれませんが、ピンやゴムのアレンジも簡単かつ可愛いのでおすすめです。

そこで超簡単にできるボブヘアを3パターン紹介します。

ちょっと気分を変えたいとき、伸びてきてボリュームが気になるとき、久しぶりに友達に会う、仕事の後にデートする予定という人はぜひ試してくださいね。

ヘアアレンジ①ゴム1本でできるまとめ髪のやり方

まず紹介するのは「くるりんぱ」を使ったアレンジ。

ゴム1本でできるの簡単ヘアなので、不器用さんでも簡単です。

やり方の手順は次の5ステップ↓

  1. 耳上の髪をざっくり取り分ける
  2. ゴムでしっかり留める
  3. クルリンパを作る
  4. 毛束を引き出しぬけ感を出す
  5. 完成!

仕事中はゴムだけで、仕事のあとはバレッタをつければ可愛さがアップ♡

女らしさも上がるので、飲み会やデートの日にもいいですね。

「あれ、いつもより可愛い…♡」と彼がドキッとする髪型。仕事のオン・オフ両方に使えるヘアアレンジですよ!

ヘアアレンジ②顔周りのアレンジのやり方

続いても超簡単にできるボブアレンジ。

仕事中にジャマになる顔周りのアレンジのやり方です。

手順は次の通り↓

  1. 髪を7:3で分け目を作る
  2. 左サイドの髪をねじって耳の後ろでピンで留める
  3. 右サイドは飾りピンで留める
  4. 完成です

このアレンジの応用としてこんな方法があります↓

両方ともねじりを加えるヘアアレンジです。

  1. 髪を7:3で分け目を作る
  2. 左サイドの髪をねじって耳の後ろでピンで留める
  3. 右サイドも同様にねじねじ…
  4. 完成です

ヘアアレンジ③低めの位置でハーフアップを作る

出典:https://hair.cm/snap-275460/

最後も超簡単にできるアレンジ。

ハーフアップにするのですが、トップから2/3ほど多めに毛束を取るのがポイントです。

普通にハーフアップにするよりも、オシャレ感もでていますよね。

もともと毛の量が多い人にもオススメですが、毎日シャワー介助やお風呂介助を頑張っている看護師さんにも◎。

湿気でムワ〜ッとした部屋にいると、ジワジワ汗をかき首筋に髪の毛がまとわりつきますよね。

でも、ショートボブは髪の毛が短くて一つくくりができません

このハーフアップならOK!

紹介した3つのアレンジ以外にも色んなアレンジ方法を紹介しています。

前髪アレンジが知りたい方⇒【伸ばしかけの前髪が仕事中ジャマ!おすすめアレンジ

他のヘアアレンジも気になる方⇒【看護師のヘアアレンジ特集】をチェックしてくださいね。

 

【おさらい】ショートボブでも髪の毛がジャマにならない解消方法

看護師はお団子ヘアよりもショートボブが一番ラクです。

毎朝、お団子ヘアする時間を1分でも長く寝れるし、聴診器を使ったとき、介助の度に髪が乱れたりするストレスはグンと減りますよ。

ただ、ショートボブにしたら跳ねるのが心配という方も多いことでしょう。

寝る前にしっかり乾かせば問題なし。

ロングヘアのときに比べてドライヤーで乾かす時間はかなり短縮できますが、ヘトヘトで帰ってきて乾かすのは正直めんどくさい。

…と思った人はダイソンなどの大風量のドライヤーを使えば、その悩みは解決します

ダイソンのドライヤーは4万円くらいするので、ダイソンよりは劣るけどコスパが高い「SALONIA ドライヤー」がおすすめです。

5千円ほどでパナソニックのナノケア並みの威力なので、あなたの満足度は高いはず。

デザインはシンプルでマットの質感なので、20代女子に人気のアイテムです。そろそろドライヤー買い換えようかな…と思っているなら、のぞいてみてくださいね。

朝の時短といえばマツエクもおすすめです。

どんなデザインが看護師さんに人気なのか気になった方は【こちら】をチェックしよう。