新人看護師が困っていること

入職して半年。先輩と距離の詰め方が分からない新人看護師さんへ

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

入職して半年経ったけど、未だに先輩との距離の詰め方が分からない。

同期は先輩たちと笑って会話できているのに…。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

そう悩む新人さんは案外、多いよね。

自分には一切笑顔を向けないプリセプターが同期と笑顔で話している姿をみると、「なんで?」「やっぱりわたしって嫌われてる?」なんて落ち込んだり…。

そこで今回は、「先輩と距離の詰め方」について紹介しようと思います。

…で、結論を先に言っちゃうと、

あえて距離を詰める必要はありません。

というのも、先輩との距離が近すぎるとトラブルが起きやすいからです。

職場の人間関係は。少し距離があるくらいが◎

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

ただ、遠すぎても問題が出てしまうので、

先輩との正しい距離感をつかんで、人間関係のストレスを軽減させましょう。

ストレスで吐き気…もう辞めたい!仕事を辞めることは逃げではない理由 二日酔いや食べ過ぎ、病気でもないのに吐き気があるのは、ストレスの可能性が高いです。 しかし、吐き気の他にも頭痛やめまい、動...

職場の人間関係は、少し距離感があるほうがうまくいく

職場での人間関係の距離感が難しいと感じている人は少なくありません。

とくに新人の場合。

先輩たちは和気あいあいとしているのに、自分だけがポツリ。

疎外感や孤立していると感じてしまうことがあるようです。

しかし、職場の人との距離感は、少しあるくらいがちょうどいい

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

先輩との距離感は近づけないほうがいいってこと?

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

仲良くなるメリットもありますが、職場の人間関係は少し距離があるほうがうまくいくことがほとんど

その理由について、詳しく解説していきますね。

適度な礼儀をもって接することができる

先輩との距離を近づけすぎると、フレンドリーになりがちに…。

ふとした瞬間に、礼儀を忘れてしまうことがあります。

職場でこれは…致命的です。

看護業界って一見仲良しのようにみえて、上下関係に厳しい世界

それがきっかけで、先輩との関係に亀裂が入り、大きなトラブルに巻き込まれる…なんてこともあり得ます。

その点、距離感が少しあれば…

ある意味慎重にコミュニケーションを取るので、先輩に失礼がないような対応ができますよね。

関係が悪化しても、精神的ダメージが少ない

先輩との距離が近くなれば、報連相がしやすくなり、今よりも仕事のストレスが減るかもしれません。

しかし、ずっと関係を築けたら…の話。

何をきっかけに関係が悪化するかはわかりません。

一度関係が悪くなれば、最悪どちらかが退職しないといけなくなるリスクも

…といっても、おそらく辞めるのは新人であるあなたです。

居場所がなくなり、今よりも孤独になって退職に追い込まれてしまうでしょう。

距離感があれば、悪化しづらく、影響が少なくて済みますよね。

 

先輩との正しい距離感のとり方

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

先輩との距離感って難しいよ…。

「少しあるくらい」ってどれくらい?

とお困りのあなたに向けて、ちょうどいい距離感のとり方について話していこうと思います。

礼儀を守る

看護業界って、バリバリの体育会系。

上下関係には厳しいので、礼儀は守っておいたほうがいいでしょう。

  • 出勤前&後の挨拶
  • 何かしてくれたらお礼を言う
  • 何か失敗して迷惑をかけたら謝る
7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

挨拶してもそっけない返事やムシされることもありますが、ちょうどいい人間関係を維持するポイントになります。

入職して半年経つと、当たり前になって言わなくてよい習慣や癖がついてしまう人も。

もう一度意識して、お礼や挨拶を続けていきましょう。

仕事に関するコミュニケーションは早めに行う

苦手な先輩への申し送りや報連相って、マジで苦痛…。

だからか、無意識に避けちゃうんですよね。

ですが、仕事に関するコミュニケーションは早めに行ったほうが◎。

仕事の進行に遅れがでたり、先輩が考えていたものと違ったことをしてイライラさせたり…。

そうすると今まであなたが頑張ってきた時間や労力がムダになってしまうことも少なくありません。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

仕事の進捗や出来具合、先輩のニーズに合っているか…など、コミュニケーションを取りながら進めることで、トラブルを少なくすることができますよ。

コミュ障ナースの私が、報告・連絡・相談(報連相)で意識した事3つ わたしも新人のときは、報連相が苦手でした。 しかも人見知りなうえに、コミュ障…。 そんなわたしが報連相(報告...

話題に困ったら「たちつてとなかにはいれ」を意識する

入職して半年。

夜勤の回数が増えてきた新人さんも多いですよね。

夜勤中に困るのが先輩との雑談ではないでしょうか。

何を話したらいいのか分からない…という場合は、「たちつてとなかにはいれ」を意識しましょう。

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん
たちつてとなかにはいれ…?

それって何?

:食べ物
:地域ネタ
:通勤
:天気
:富
:名前
:体
:ニュース
:はやり
:異性
:レジャー

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

会話のきっかけ作りに一役買ってくれるネタ。

しかも、職場の誰かのネガティブな情報や悪口ではないやつだから、雑談にピッタリです!

こうやって少しずつ信頼関係を築いていけば、先輩との距離感は自然と縮まるはず!

 

最後に…

先輩と距離の詰め方が分からない…。

そう悩む新人ナースの多くは、「自分は嫌わているのでは…」とか「ロックオンされるのでは…」と怖いので、先輩たちの顔色や視線、言葉の端々が気になっています。

そのせいで、何気ない一言に傷ついたり、うまくいかない原因について悩んだり、自分を責めてしまうのです。

先輩との距離感を考えるうえで、とても大切なことがあります。

人との距離感はそれぞれ違うってこと!

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

今は焦らずに信頼関係を築くことを優先にしましょう。

そうすれば、自然と距離が縮まるはず。

それに、距離が近づきすぎるのはトラブルの元。

職場の人間関係は、ほどほどの距離がちょうどいいと思っているほうが気が楽になれますよ。

新人看護師が「つらい」と感じたら実践したいこと!【視点を変えよう】 というような悩みを抱え込み、一人で辛い思いをしていませんか? そんなときは無理して頑張ろうとせずに「なぜ仕...
【すべて実体験】新人看護師あるある10選【つらさは個人差がある】バリバリ働く先輩も、苦手な主任&看護師長も、仕事を押し付けてくるオツボネも、みんな通ってきた道。 新人時代は看護人生の中でも一番つ...