新人看護師が困っていること

【残念】仕事のミスで、気持ちの切り替えができない人が知らない3ステップ

仕事で失敗やミスしたとき、気持ちを切り替えるのって難しいですよね。

特に新人看護師であれば、家に帰ってからも、休みの日にもグダグタ悩んでしまう人は多いもの。

ただ、上手く気持ちを切り替えることができる人もいます。

そう、気持ちの切り替えが下手な人は、切り替え方法を知らないだけ。

仕事のミスをすれば、誰だって落ち込みます。

ミス=新人というイメージがありますが、先輩たちも仕事のミスは日常的に起こしているって知ってた?

あなたはミスを引きずるけど、仕事がデキる先輩は気持ちの切り替えがとっても上手です。

そこで本記事では、気持ちの切り替えができない人に向けて、一瞬で立ち直る方法を紹介しようと思います。

職場でカンタンにできるので、是非やってみてくださいね。

先輩ナース
先輩ナース
  • 失敗した自分のことが嫌いになってしまう
  • 先輩や上司から責められる
  • 気持ちをガラリと切り替えたい

と思っている看護師さんはぜひ最後まで読んで、突破口を見つけるヒントにしよう!

だから、気持ちを切り替える儀式がすっごく重要!

ミスが発覚した瞬間、

サーーーッと血の気が引く、あれ…。

「やってしまった……」と頭が真っ白になりますよね。

なぜあのとき、あーしなかったのか?

なぜあのとき、確認しなかったのか?

何で疑問に思わなかったのか?

等など、頭の中が後悔でいっぱいになる瞬間です。

ちょっと冷たく聞こえるかもしれませんが…

後悔してもミスしたことは消えません。時間は巻き戻しできないので、意味のない行動だと私は思っています。

とはいえ、ヘコむ気持ちはすっごく分かる。

後悔しても意味はないと分かっている私でも、その瞬間、「よし、ミスしないように頑張ろう!」と前向きに考えるのは難しいでしょう。

だからこそ、気持ちを切り替える儀式が重要なんです。

\職場ですぐできる/

気持ちを切り替える3ステップ
  1. 一人になれる場所に移動する
  2. 深呼吸をする
  3. お茶を飲む

 

誰でもカンタン!職場ですぐに気持ちを切り替えできる3ステップ

看護師のミス発覚は、夜勤後に病棟から着信があったり、ロッカーに付箋が貼られていて、ミスが発覚するケースも多いです。

ですが、スタッフ同士で確認したときに、ミスが発覚することも…。

そんなときに、うまく気持ちを切り替えることができないと、ミスを引きずってしまいミスがミスを産むことになります。(ミスの連鎖)

だから…次の仕事に影響が出ないように、できるだけ早く気持ちの切り替えが必要です。

といっても勤務中にじっくり気持ちを切り替える時間なんてない…。

そこで気持ちの切り替えがカンタンにできる儀式をすることがオススメです。

やり方は超カンタン!

\明日、試したくなる/

気持ちを切り替える3ステップ
  1. 一人になれる場所に移動する
  2. 深呼吸をする
  3. お茶を飲む

ミスを指摘されたときに、冷静に伝えれる上司って看護師の世界では稀。(少なくとも私の周りでは片手で数えるくらい)

ほとんどは叱って注意されるので、容赦なくグサグサ刺さる言葉責めだから、ヘコまずにはいられません。

こんな自分がイヤ…となる前に、トイレや休憩室へ駆け込みましょう。

周りの目を気にせずに冷静になれる場所です。

気持ちを切り替えることで一番大事なのが「冷静」になること

ミスした後、叱られた後は、呼吸が浅く、速くなっていて、パニック状態です。

大きく深呼吸すれば、その状況から抜けることができます

深呼吸のやり方は、鼻からゆっくり息を吸って、はぁーーーーッと吐く。これを数回繰り返せば、だんだん落ち着いてくるはずです。

最後の仕上げに、お茶を飲んでホッと一息。

水よりも香りのある紅茶やコーヒーがオススメです。

この一連の流れをルーティン化すれば、短時間で気持ちの切り替えができる人になりますよ

それでも引きずってしまうなら、こちらの記事も参考にしましょう。

【仕事のミスを引きずってしまう新人看護師へ】引きずらない4つの方法 仕事でミスをしてしまうと、ズドーンと気持ちが落ち込んしまい引きずってしまうことありますよね。 ミスしたことを先輩に注意され...
今日、職場であった嫌なことを忘れる方法〜頭の中から98%消去する ミスや失敗、クレーム、人間関係…等など、仕事で嫌なことなんていっぱい! 自分なりにうまく対処できなければ、仕事中もずーーっ...

 

【おさらい】仕事のミスで、気持ちの切り替えができない人が知らない3ステップ

気持ちの切り替えが下手な人の特徴は、

  • 言いたいことが言えない
  • 周りの人のことが気になりすぎる
  • 感情や思考に飲まれやすい
  • 自分の憶測でモノを考えて被害者意識が膨らむ

です。

自分を責めやすい、心配性、完璧主義などの性格がゆえに、気持ちの切り替えが下手になっている人が多いですね。

仕事のミスを引きずってもメリットどころかデメリットと分かっていても、なかなか行動できません。

というか気持ちの切り替え方法が分からずに苦しんでしまいます

私も20代のときは、そんな感じでしたね…。

でも、次の3ステップをするようになって、スパッと気持ちを切り替えることができるようになりましたよ!

同じように悩む看護師さんは、次の3ステップを実践しましょう。

\超簡単だから、明日からできる/

気持ちを切り替える3ステップ
  1. 一人になれる場所に移動する
  2. 深呼吸をする
  3. お茶を飲む

ルーティン化が成功できれば、先輩みたいにミスを引きずらなくなるはずです。

気持ちの切り替えがスムーズにできるようになると、毎日が楽しめるようになります。ぜひ試して下さいね。

そもそも失敗やミスをしなければ、気持ちを切り替える必要なんてありません。

仕事に追われている…という人は、仕事でのミスはしやすいかも。

以下の記事を参考に、「余裕」を作り出すヒントにしてください。

「優先順位の付け方」が悪いんじゃない!定時で帰れない本当の理由 と悩んでいませんか? 多くの新人看護師は、「優先順位」がうまく付けれず、効率よく仕事ができないと悩んでいます。 しか...

追伸…

気持ちを切り替えてもミスが続く。

それって…あなたのせいではないかも?

根本的にやり方がおかしくて、ミスしやすい環境です。

ミスした新人に全責任を押し付けて職場の環境を全然改善しない職場にいても、「自分が悪いんだ…」と自分を責めやすくなるだけ。

自己肯定が低くなり、自分が思っている以上にストレスを抱え込み、カラダを壊してしまいます。

一刻も早く、その場から逃げるのが良いですね。

職場のせいにして逃げるのは…と躊躇する気持ちも分かります。

ただし、客観的にミスの原因を考えたときに、明らかに自分以外の原因があるなら、逃げではなく自分を守る行動です。

だって自分を守れるのは自分だけですよ。

さっさと逃げ切るのが正解です。

【つらい仕事からは逃げるが勝ち!】転職で毎日笑える職場を見つける方法 看護師長やお局ナースのパワハラが横行している、人間関係が最悪なら、そんな職場からは「逃げるが勝ち」です。 なぜなら、そんな...