新人看護師のよくある悩み

辞めるか続けるべきか…。新卒の「仕事の辞め時」がわかる10のサイン

「仕事を辞めたいけど、本当に辞めてもいいのだろうか…。」

新卒で入った病院を退職する際、誰もが一度は悩むのではないでしょうか。

とりあえず3年働いたほうがいいとか、
プリセプターを経験してからのほうがいいなど言われますが…

退職理由は人それぞれあって、正解や間違いなんてありません。

新卒ナースであろうと、辞めたい時に辞めていいのです。

極端な話、
入職して1週間であっても、あなたが後悔しないならスパッと退職しても◎。(←これ、私の経験談です。笑)

とはいえ、退職は人生に関わる一大イベント。後先考えない脳天気な人を除いては、そう簡単にスパッと決断できないのも当然です。

ただ、看護師を15年続けて分かったのですが、
「仕事の辞め時がわかるサイン」があることを実感しています。

そこでこの記事では、
転職に悩む新人看護師のために「辞め時がわかる10のサイン」を詳しく紹介します。

さらに、
辞め時だと感じたときの対処法も合わせて紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

この記事のまとめ
  • 出勤前に体調が悪くなる」「休みの日が楽しくない」「急に涙がでてくる」というのは分かりやすい辞め時のサイン
  • さらに「残業や休日出勤が当たり前」「ハラスメントが横行し黙認」「成長の機会がない」職場(病院)も注意。
  • まずは転職活動がおすすめですが、本当に辛いなら自分優先で退職したほうが◎
  • スムーズに仕事を辞めたい看護師さんは、まずは看護師転職サイトの「無料相談」で色々聞いてみるのがおすすめ!
  • 看護roo!」なら、完全無料で利用でき、相談だけもOKです。


【新卒ナース向け】仕事の辞め時がわかる10のサイン。

1年目ナースの杏ちゃん
1年目ナースの杏ちゃん

「仕事の辞め時がわかる10のサイン」って、どんなサインがあるの?

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

以下のサインを感じた人は、仕事を辞めたほうがいい可能性があります。

  1. 出勤前に体調が悪くなる
  2. 残業や休日出勤が当たり前になっている
  3. ハラスメントが横行し黙認されている
  4. 自分の存在価値を疑ったとき
  5. 職場(病院)がなくなればいいのにと思ったとき
  6. 成長の機会がない
  7. 休みが楽しくない
  8. 仕事のことを考えると涙がでてくる
  9. 尊敬できる上司がいない
  10. 疲れているのに寝付けない

仕事を辞めたいけど、本当に退職していいのか悩んでしまい、なかなか決断できない人は多いはず。

というわけで、
それぞれのサインについて詳しくチェックしていきましょう。

サイン①出勤前に体調が悪くなる

出勤前に、こんな症状が出ていませんか?

頭痛や吐き気、めまいといった症状がある場合、それは体からの黄色信号かもしれません。

過度なストレスは体調に現れます。

仕事内容や労働環境、職場の人間関係などによって、心身が悲鳴をあげている証拠です。

なるべく早く退職したほうがいい辞め時サインといえるでしょう。

というのも、
「助けて〜」「もう限界」という体からのサインは、嫌な仕事を我慢し続けた結果に起こります。

ただ、私たちはしんどい状況に慣れてしまうと、ムリをムリだと感じなくなってしまう生き物です。

「まだ大丈夫…。」と自分に言い聞かせて出勤していませんか?

その間もストレスが体を蝕み始めていて、その状態を無視し続ければいずれ体に大きなダメージを負うことになります。

たとえば、うつ病になったり、ストレス性の病気にかかったり…。

ようするに、
心身の辞め時サインを無視せず、取り返しのつかない病を抱える前に退職することが大切ってわけですね。

サイン②残業や休日出勤が当たり前になっている

働き方改革があった後でも、残業や休日出勤が常態化している場合は、辞め時のサインといえるでしょう。

ご存知のとおり、
残業や休日出勤が常態化している職場で働き続けると、心身の健康を損なう可能性が高いからです。

1分単位できちんと残業代がでていて、やりがいを感じているなら心配はいりません。

しかし、プライベートの時間が取れずに苦痛に感じている時点で、あなたには合っていない仕事だといえるでしょう。

そもそも残業をしなければ仕事が回らないのは、経営方針に問題があることで、あなたが犠牲になる必要はないのです。

患者のためという「やりがい搾取」は絶対にダメ!

体調に悪影響が出る前に、ムリせずに辞めることをオススメします。

サイン③ハラスメントが横行し黙認されている

パワハラいじめなどハラスメントが横行していて辛かったり、不快に感じていたりする場合は辞め時のサインです。

当然ながら、
いじめはメンタルに一番悪いこと。

苦痛に感じているなら、一目散に逃げてもいいでしょう。

それにハラスメントが横行している職場にはこんな悪影響もあります。

ハラスメントが発生することで、職場全体のパフォーマンス力も低下するのです。

不安感や不信感が募り、
モチベーションの低下による作業効率の悪化や、ミスの増加で、仕事の生産性が低下します。

それにハラスメントが当たり前となり黙認されているような職場って、そのような体制を変えること自体が難しいですよね。

優秀な人ほど環境が良くないことに気づきやすいので、早々に見切りをつけて転職していきます。

つまり、
ハラスメントを放置するような職場にいても悪影響しかないので、転職して環境を変えたほうが格段に働きやすくなるってわけです。

サイン④自分の存在価値を疑ったとき

「自分なんていないほうがいい」

「消えてしまいたい…」

こんなふうに自分の存在価値を疑いはじめたら、辞め時のサインです。

というのも、
うざい上司や、やる気がでないなどの悩みは、家に帰ったり、美味しいごはん食べたりすればどうでもよくなります。

大抵のことは寝れば忘れられるでしょう。

しかし、自分の存在意義を疑う状況では、家に帰っても自己嫌悪に陥ってしまうのです。

たとえば、「自分が悪くないことでも自分のせいにしてしまう」とか。

「他人からの心無い言葉を強く受け止めてしまい、深く傷つく」とか。

心当たりないですか?

少しでもギクリとした方は、自己嫌悪の悪循環から抜け出せなくなっている可能性があります。

過度なストレスは体を蝕んでいき、食欲がなくなったり、寝れなくなったりします。

体調に悪影響が出る前に退職しましょう。(⇒関連する病気をAIで無料チェックしてみる)

サイン⑤職場(病院)がなくなればいいのにと思ったとき

「病院に隕石が落ちてきたらいいのに…」

「病院が火事にならないかな」

出勤する電車の中で、寝る前に、こんなこと思っていませんか?

仕事が嫌すぎてあり得ない妄想が浮かぶのは、心が疲れているサインです。

ちなみに…

アメリカテュレーン大学の地球科学教授 スティーブンネルソン氏によると、人間が一生の間に隕石や小惑星の衝突で死亡する確率は160万分の1と言っています。

火事にあう確率は250分の1。

隕石よりも火事にあう確率が高いですが、どちらにしろ現実味のない話です。

それでも病院に隕石が落ちることを期待してしまうのは、かなり精神的に病んでいるってこと。

病院に隕石が落ちることを願っていてもほぼ100%起きないし、その間もムリし続けて体に大きなダメージを負うことになるでしょう。

ドラクエやポケモンのゲームで例えるなら、毒にかかっている状態です。毒によってジワジワ体力が削られています。

手遅れになる前に退職したほうがいいですね。

サイン⑥成長の機会がない

上司によって成長の機会を奪われているなら、仕事の辞め時です。

たとえば、同期は受け持ちがいるのにフリー業務しかさせてもらえない。夜勤や週末日勤はNGと言われている。

このような新人ナースは、成長の機会を奪われてしまっている可能性があります。

徐々に慣れさせるというよりも、手に負えなくなって教育を放棄されているだけ

このまま今の職場で働いても、どんどん同期との差が開き、後輩にも抜かされるかもしれません。

仮に教え方に問題があって仕事ができなくても、「病棟のお荷物」と一度レッテルを貼られたら挽回するのは難しいでしょう。

あなたを仲間として温かく迎えてくれる職場は必ずあります

教育体制がバッチリ整っている病院へ転職することをオススメします。

サイン⑦休みが楽しくない

「休みまで、あと2日。(ワクワク…)」

「休みまで、あと1日(ルンルン)」

次の休みを楽しみに感じられない場合は、仕事の辞め時です。

毎日忙しく仕事をしている人にとって、休みの日こそオアシスのような存在。休みのために仕事を頑張っていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、仕事で心身ともに疲れ切っていると、休みが近づいていても全く楽しいと感じられなくなります。

恋人がいる人でも出掛けたい気持ちがなくなり、一日中家でゴロゴロ寝て過ごすようになってしまうのです。

このようにせっかくの休日をただ寝て過ごすような状況は、かなり深刻

何をしても楽しくないのは、軽いうつ症状の1つと言われています。

ムリしていないか、頑張りすぎていないか、働き方を見直す必要があるでしょう。

サイン⑧仕事のことを考えると涙がでてくる

仕事のことを考えると涙が出てくるようなら、かなり危険だと思ってください

というのも、うつなど、心の病気の発症リスクが高い状態が考えられるからです。

涙がでるのは、精神的な負担や苦痛を少しでも和らげようとする「生理現象」。

しかし、急に涙が止まらなくなる症状は要注意です。

この場合、「これ以上ストレスには耐えられない」という心が悲鳴をあげている可能性が高いでしょう。

精神的に追い詰められている状態をキープすれば、うつ病や適応障害、不安障害を引き起こすリスクが高いです。

涙が止まらないことに加えて、

眠れない、疲れやすい、頭痛、同期、自分を責める、憂鬱な気持ちが続いている…といった症状が出ている方は、医療機関を受診しましょう。

まだ大丈夫な場合も我慢せずに、早急に休職や転職を考えるべきです。

大切な人生の時間をムダに過ごすことになるので、自分の身を守る行動を取ってくださいね。

サイン⑨尊敬できる上司がいない

尊敬できる上司がいるかどうかも、辞め時を判断する上で重要なポイントです。

仕事がきつくても、上司の働きぶりをみて「こんな看護師になりたい」と思える場合は、辞め時ではありません。

逆に「反面教師」と感じるようであれば、転職を考えるべきだと言えるでしょう。

なぜかというと…

尊敬できる上司のもとに働く場合と、そうではない場合を比べると、仕事への姿勢はかなり変わってきます。

新卒で入った病院なら尚更、今の上司が基準になりますよね。

つまり、
仕事へのモチベーションを高く保つという面でも、良い上司から学ぶほうが好ましいってわけです。

さらに、上司の活力がない場合も仕事の辞め時と言えます。

極端にいえば…
上司とは、「あなたの未来そのもの」です。

今の職場で働き続けた結果どうなるか?を表しているので、「こんな上司にはなりたくない」という方は転職を検討しましょう。

サイン⑩疲れているのに寝付けない

「体は疲れているのに眠れない」

「眠ろうとすると目が冴えてしまう」

このような方は、過度なストレスが溜まっている可能性があります

仕事のストレスが交感神経を刺激するため、いざ眠ろうとしてもなかなか寝付けなくなってしまうのです。

悩んでいるときは眠れなくても、その悩みが解消したら多くの人は自然と眠れるようになるもの。

とはいえ、
悩みが解消されないままだと、眠れない日が続き、眠れないことに対してますます焦ってしまい眠れなくなる人もいます。

つまり、
体の疲れた取れないだけでなく、精神的な疲れもピークに達してしまうってわけです。

辞め時サインを無視すれば、やがては心療内科や精神科を受診することになります。

寝付けないほど仕事がストレスに感じられる場合は、1日でも早く退職することを考えておきましょう。

 

仕事の辞め時がわかる10のサインを感じたら、取るべき行動とは?

「仕事の辞め時がわかる10のサイン」に該当すると感じたら、まずは転職のプロに相談してみましょう。

転職のプロとは、看護師転職サイトのこと。

いわゆる看護師版の転職エージェントで、プロの手を借りて転職活動ができるサービスです。

なぜ、真っ先にプロに相談したほうがいいのでしょうか。

答えはシンプル!

「本当に辞めてもいいのか」といった不安を解消するためです。

あなたが転職に踏み切れないのって、こんな不安があるからじゃないですか?

「入職して1年経たないうちに辞めてもいいの?」

「奨学金を借りてて、辞めれない…。」

「どこも似たような感じだから、辞めるのは甘えなのでは?」

世間体やスキル、経験、お金…など、退職のネックになっている部分を綺麗サッパリ解決できるってわけです。

転職のプロだからこそできる技!

自分では思いもつかない解決法を提案されたり、客観的にアドバイスしてもらえたり、確実に良い方向に進みます。

また、無職の状態での転職活動は、精神的なプレッシャーが段違いです。

「どこかしらに転職しないと生活できない」というプレッシャーから志望度がそこまで高くない職場に妥協して入ってしまうケースも少なくありません。

無職期間があれば、年金や健康保険といった心配もでてきます。

ところが、
看護師転職サイトを利用すれば、転職に関する手厚いサポートが受けられるため、今の仕事を続けながらでも転職活動しやすいのも嬉しいポイントです。

ようするに、
仕事が忙しくても、面倒な作業をすべて丸投げできるってわけ!

ただ、悪徳業者も多いため、しっかり話を聞いたうえでサポートしてくれる大手の看護師転職サイトを選びましょう。

面談に定評ある大手の看護師転職サイトといえば…

この2社です。

相談はもちろんのこと、求人探しから面接の日程調整、最終的な年収交渉まで一連の活動をすべて無料でサポートしてくれます。

オールマイティに対応してくれる大手の看護師転職サイトであっても、エリアによって得手不得手があります。

自分が転職したいエリアにもっとも強い看護師転職サイトを使うことが成功のコツ!

亜子先輩
亜子先輩

転職活動を始めることにリスクはありません。もし上手くいかなくても、今の仕事に戻ればいいですよね。

むしろ行動しないほうがリスクが大きいでしょう。

看護師転職サイトの登録はたった1分ほど。

理想の人生をつかむためにも、先延ばしせずに今すぐ行動を起こしてみましょう!

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【2022年最新】新人看護師におすすめ転職サイト|人気ベスト3 ✓看護師転職サイトってありすぎ…。どうやって選んだらいいの? ✓看護師転職サイトって電話がしつこいし、ブラック病院ばかり紹...

 

仕事が心身に支障をきたしているなら、即退職もあり!

理想の退職は、看護師転職サイトを使って、退職先を決めてから退職する流れです。

しかし、合わない仕事をムリに続けた結果、何に対してもやる気が起きなくなったり、体調に異変が出てしまうことがあります。

生きる意欲や体調に影響が出てしまっている場合は、即退職する決断をしてください。

自分を優先する行動で大丈夫です。

このような症状は、うつなどの病気を発症している兆候なので、一旦仕事から距離をおいて休息をとることが大切になります。

場合によっては退職代行サービスを利用するなどして、できるだけ早く仕事を辞めるのがおすすめです。

スムーズに退職したい看護師におすすめ

退職したくても言いづらい場合は、退職代行を利用してみるのも手でしょう。

退職代行サービスはたくさん種類がありますが、看護師におすすめなのが【退職代行ガーディアン】です。

なぜなら、弁護士と労働組合以外は会社(病院)との交渉が行えないという決まりがあります。

民間の退職代行サービスを活用すると、交渉がうまくいかず、退職を成功させられなくなってしまう可能性があります。

ところが、退職ガーディアンは労働組合が運営しているので、合法的かつ確実に退職することが可能

しかも、退職代行サービスの費用相場は、だいたい3万〜5万円ですが、退職代行ガーディアンは一律29,800円で対応してくれます。

他のサービスと比べて費用がかなり安いだけでなく、即日対応もしてくれるので、安心して利用できるってわけです。

ただし、弁護士が運営しているわけではないので、仮に会社(病院)と裁判になってしまった場合、代理人が必要となります。

とはいえ、退職に関して会社(病院)から訴えられるケースは非常に少ないため、そこまで心配する必要はないでしょう。

退職が言いづらい、確実に辞めたい場合は、以下のサービスを使って退職するのがオススメです。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

 

まとめ|仕事を辞めたほうがいいサインがあれば、手遅れになる前に即行動しよう

新卒ナース向け「仕事の辞め時がわかる10のサイン」を紹介しました。

以下のサインのどれか、もしくは複数に身に覚えがある場合は、今の仕事を辞めるタイミングといえるでしょう。

  1. 出勤前に体調が悪くなる
  2. 残業や休日出勤が当たり前になっている
  3. ハラスメントが横行し黙認されている
  4. 自分の存在価値を疑ったとき
  5. 職場(病院)がなくなればいいのにと思ったとき
  6. 成長の機会がない
  7. 休みが楽しくない
  8. 仕事のことを考えると涙がでてくる
  9. 尊敬できる上司がいない
  10. 疲れているのに寝付けない

先ほどもチラッといいましたが、
看護師転職サイトを使って、転職先を決めてから退職する流れとなります。

良い転職先が見つかるように、いやらしいくらい看護師転職サイトをフル活用してくださいね。

ただし、心身の調子が悪いと感じている場合は、即退職しましょう。

自分を守れるのは自分だけ。

退職代行サービスを使うなどして早めに仕事を辞め、心と体を休めてくださいね。

ABOUT ME
みも
二児のママナース。 【経歴】看護学校卒業後、病棟看護師(内分泌内科&眼科)、眼科クリニック、呼吸器内科クリニックを経て、現在は健診クリニックで働く。副業で夜勤バイト、消化器内科クリニック、小児科クリニックの経験もあり。 ただいま、QOLを高めるために「お金」の猛勉強です!