新人看護師のよくある悩み

「負のスパイラル」からの脱出方法!仕事で嫌なことが続くのはこれで最後

こんにちは、みもです。

あなたは今、

「今すぐ負のスパイラルから抜け出したい…」

「この負の連鎖を今すぐ断ち切りたい…」

と思っていませんか?

仕事で嫌なことが続くと、何もかもうまくいきませんよね。

「もう、イヤッ!!」と逃げることができればいいのですが、仕事なのでそんなワケにもいきません。

そこで今回は、「負のスパイラルを断ち切る方法」についてお話します。

「負のスパイラル」というやつは、私たちの生活に潜んでいて、出てくる機会を狙っています。

分かりやすく言うと、

負のスパイラルは「お風呂のカビ」です。

「70%以上の湿度」「15〜30度の室温」「栄養分」この3つの条件がそろうと、カビは爆発的に増殖します。

カビを吸い込んでしまうと、

かゆみ、咳、鼻水…といったアレルギー症状、過敏性肺炎、シックハウス症候群など私たちの健康に影響を及ぼすのです。

ですが、ちゃんと「原因」と「対処法」「予防方法」がわかっていれば、怖くも痒くもありません。

それは、負のスパイラルも同じ。

じゃあ、どのように対処し、どう予防すればスパッと断ち切れるのか、具体的な方法をみていきましょう。

この記事を書いているのは、現役ナースのみもです。

いつも「中堅ナースの日常」を読んでいただき、本当にありがとうございます。

看護師のQOLを爆上げをして「一人でも多くの看護師をハッピーにしたい!」という思いで、このブログを運営。

というのも、私たちが快適に暮らすには「お金」が必要ですよね。

他の仕事よりもちょっと給料がいい看護師を続けるのが◎。

ただし、給料に見合わない過酷な現場もあります。

…で、このブログが最終に目指すのは、「仕事も楽しい、プライベートも楽しい」そんな生活です。

おかげさまで月間8万PVを超え、毎日たくさんの悩める看護師さんに役立っています。

もっと私のプロフィールが詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

/こんな記事も書いてほしいなどのリクエストもあると嬉しいです。\

負のスパイラルは2種類ある!あなたが抜け出したいのは、どっち?

そもそも「負のスパイラル」には、2種類あります。

ちなみに、

負のスパイラルとは、悪循環

悪いことやネガティブなこと、よくないことが連鎖的に続くことを意味します。

1つ目の「負のスパイラル」

1つ目の負のスパイラルは、「よくない出来事が続けて起こる」です。

例えば、こんな感じ↓

ステルベンに当たる→投薬ミスをする→ナースコールを押さずにトイレへ行った患者さんが転倒しているのを発見(センサーを見事にすり抜け)

このように嫌なことが連続して起こります。

2つ目の「負のスパイラル」

2つ目の「負のスパイラル」は、「1つのよくない出来事が原因で悪循環を起こす」です。

例えば、

投薬ミス→太くてまっすぐ、弾力のある患者さんの採血で失敗する→仕事の抜けが多くなり、先輩に怒られる

ドミノ倒しのように、嫌なことが次々と起こります。

 

「負のスパイラル」から抜け出すために知っておくべき3大原因

どうすれば「負のスパイラル」から抜け出せるのか?

あなたが知りたいのはこの部分ですよね。

先ほど、「負のスパイラル」には2種類あると言いましたが、

「よくない出来事が続けて起こる」でも

「1つのよくない出来事が原因で悪循環を起こす」でも、

どちらにしても対処法は同じ。

というのも、「負のスパイラル」に陥っている原因が一緒だからです。

というワケで、なぜあなたが「負のスパイラル」に陥っているのか、原因を探ってみましょう。

原因①考えすぎ

ノーベル経済学賞を取った心理学者作「ファスト&スロー」という本にも書いてあるんですが、

私たちは、人生で遭遇する大半のことはランダムであるという事実を、どうしても認めたくありません。

本当にそうで、

嫌なことが次々に起こると、理由探しをしちゃいます。

例えば、ステルベンが続いた場合。

「ほら、やっぱり!〇〇さんがいるからステった。」

「明日の夜勤、〇〇さんと一緒。患者さんで危ない人いるから、ステりそう…。」

と思ったことありますよね?

こんな風にランダムである事実を、それっぽい理由を探し当て、自分を納得させちゃうんです。

これが良いことなら、連鎖になっても困りません。

というか、良いことはウェルカムです!

ですが、悪いことが続けば、最悪うつなどの精神疾患になってしまいます

原因②過剰なストレス

仕事をしている以上、何らかのストレスはありますよね。

ストレスが全くないより、適度にあったほうが仕事のパフォーマンス力が上がる。

という内容を聞いたことあるはず。

しかし、ストレス発散がうまくできず、負担になっている看護師さんは少なくありません。

過剰なストレスを抱えているときは、心に余裕がなくなるので、マイナス思考になりやすい傾向です。

普段だったら気にしないようなことでも、マイナスに考えてしまいます。

例えば、「ここ出来ていなかったよ。」と先輩から指摘された場合。

ただ指摘されただけなのに、

マイナス思考になっていると「めちゃくちゃ怒られた」や「指摘する意味ある?」とイラッとしてしまうのです。

マイナス思考って怖いですよね。

裏を返せば、ちゃんとストレス発散していれば、パフォーマンス力を上げて仕事ができるのですが…。

原因③もともとネガティブ

もともとネガティブな人は、負のスパイラルに陥りやすい傾向です。

というのも、

ネガティブな感情がさらにネガティブな気持ちを増幅させるから。

その結果、自覚していないところでネガティブな態度や行動を取ってしまい、悪い結果をもたらしてしまいます。

つまり、本心とは裏腹に、悪い結果を望んでいる行動や態度をしているのです。

 

仕事で嫌なことが続くのはコレが最後!「負のスパイラル」をスパッと断ち切る方法

ここからは、負のスパイラルから抜け出し、スパッと断ち切る具体的な方法を紹介します。

色んな方法がある中、

私が実際にして有効だった方法が、「気にしないこと」です。

シンプルですが、一番簡単で効果ありました。

ところが、悪いことが起きても「気にしない」「考えない」と思っていても、気になってしまうのです。

というのも、

見たらダメ。

やったらダメ。

人って、禁止されたことほど、むしろやってみたくなる生き物だから。

「だったらムリじゃない?」と思われるかもしれませんが、

要するに、

負のスパイラルをスパッと断ち切るには、いつも通り頑張ればいいんです。

「こういう日もあるよね」とさらっと受け流し、いつも通り一つ一つ丁寧に、確実に仕事をすればOK。

それが断ち切る近道です。

 

たったこれだけでOK!「負のスパイラル」に陥らないための予防方法

で、ここからが一番大事なポイントです。

「負のスパイラル」に陥らないためには、予防が大事になります。

美肌をキープしたり、病気にならないためにも「予防」がめちゃくちゃ大事ですよね。

ただ、予防って結構めんどくさい。

毎日続けることも大事になので、継続することがとても難しいのです。

例えば、虫歯予防のコツはこの3つ↓

  • フッ素成分の多い歯磨き粉を使う
  • 歯磨き+フロスでの清掃
  • 毎食後に90%以上のキシリトールタブレットの習慣

どれくらいの人が1年以上、この3つのコツを継続できているのでしょうか?

その点、「負のスパイラル」の予防法はシンプル!

嫌なことが起きたら、自分へご褒美をあげるだけです。

ね、超簡単でしょ?

例えば、ハーゲンダッツを食べる。映画をみてゆっくり過ごす。自分のテンションが上がればいいので、ちょっとしたご褒美でOKです。

(私の場合、グリンティーのハーゲンダッツを食べれば、すぐに上機嫌♪)

というのも、嫌なことが起きたとき、気持ちの切り替えが重要になります。

落ち込んだとき、引きずらないための方法と同じなんです。

ところが、良いことが起きるのを待っていても、いつ起きるかなんて分からないですよね。

1時間後かもしれないし、

明日かもしれないし、

明後日かもしれません。

というワケで、待つのはやめて「自分で良いことを作っちゃえ」という方法です。

自分の感情をコントロールする裏ワザ。

簡単にできるので、ぜひ試してくださいね。

 

まとめ

以上、負のスパイラルから抜け出し、スパッと断ち切る方法を紹介しました。

ここまで読んでもらって言うのもなんですが…

今こうやって解決方法を検索していることが、「負のスパイラル」から抜け出せなくなっている一番の原因でしょう。笑

(とはいえ、ここまで読んでくれたことには本当に感謝しています。)

ただ、今のあなたに必要なのは、気にしないこと。

「そんな日もあるよね…」とさらっと受け流すことが大事です。

この記事を読んだら、すぐに自分へのご褒美をあげて、気持ちを切り替えてくださいね。

ズドーンと落ちていた気持ちがふわっと上がったら、

モヤモヤがスーッと晴れたら、

ぜひ他の記事も読んでもらえると嬉しいです。

まずは、今のあなたに役立ちそうな以下の記事から読むのがオススメ↓

他にも、看護技術や、職場の人間関係効率よく仕事をするノウハウ…など、看護師のあなたに役立つ情報を紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

PS.追伸

「人生には3つの坂がある」

いろんな場面で一度や二度、聞いたことありますよね。

(私の記憶の中では、ドラマ「カルテット」のセリフが印象的です。)

で、その3つの坂とは、

上り坂、下り坂、まさか。

そう、「まさか」がつきものです。

今は大丈夫と思っていても、働いていたら突然逃げ出したくなることがあります。

(経験上、10回以上あり)

いざというときの「逃げ道」は用意できていますか?

まさかに備えておらず、逃げ遅れてしまい、うつなどの精神疾患になる看護師さんは少なくありません。

だから、

今すぐ使わなくても、「まさか」に備えておく必要があります。

「まだ」という方は、こちらの記事を参考に「逃げ道」を作っておくのがオススメ↓

【保存版】優秀な担当者がゴロゴロ!看護師転職サイトおすすめベスト3突然ですが、 あなたに1つ質問があります。 看護師転職サイトを使う場合、 「経験豊富な担当者」と「1年足らずの素人同然の担当者...

ちなみに、

私の場合、今の職場で働いて10年以上経ちますが、いつでも逃げられるように「情報収集」は欠かせません。

あえて看護師転職サイトは解約せずに、登録したまま。

新着求人があれば、メールで送ってもらえるようにお願いしています。

もちろん、メールで届くのは「いい条件の求人」だけ。

人気殺到する「いい条件の求人」は、募集が不定期なので、今のところ…逃すことなくチェックできていますよ。

こんなふうに負担なく、賢く

明日、突然やってくるかもしれない「まさか」に備えましょう。