今さら聞けない【看護技術】

サーフローが腫れる原因は3つ【点滴で留置針を上手く入れるコツ】

悩む看護師
悩む看護師
逆血はあるのに、サーフローを入れたらすぐに腫れてしまいます。

どうやったら上手くいくんでしょうか?

先輩ナース
先輩ナース
採血ができるようになっても、留置針が苦手な看護師さんも多いよね。

わたしも苦手だったな〜。

そんなサーフローが苦手なあなたでも、腫れる原因を知っていれば克服できます

サーフローが腫れる原因は3つ

もっと上手に入れたいと思っている人は必ずチェックしてくださいね。

サーフローが腫れる原因は3つ【必ずチェックしよう!】

サーフローを入れた瞬間、腫れる原因は3つあります。

腫れる原因3つ
  • 弾力のない血管
  • 蛇行している血管
  • 寝かせて外筒を入れていない
先輩ナース
先輩ナース
なぜ腫れてしまうのか、詳しく解説しますね。

弾力のない血管

まず1つ目の原因は「弾力のない血管」です。

なぜ腫れてしまうのでしょうか?

グニャグニャだったり、ガチガチの血管は脆い血管です。

つまり、穿刺したときに、血管がプクーッと腫れてしまいます

といっても、病棟で働いていると、ご高齢の患者さんも多く、思うような血管が見つけれないことも…。

駆血帯の巻き方に気をつけて、いい血管を探すのがコツです↓

【今さら聞けない②】採血で駆血帯を巻く強さってどれくらい? 血管を見つけるのが苦手…。 と悩んでいませんか? もしかして、駆血帯を巻く強さが悪いのかも…。 駆血帯を巻...

蛇行している血管

2つ目の原因は、「蛇行している血管」です。

先ほどと同様、ルートキープに向いていない血管のひとつ。

その理由については知っていると思いますが、一応お伝えしますね。

蛇行している血管は、針が貫通してしまい留置しづらいから。

しかし、蛇行している血管でも、針の長さ分が確保できれば問題ありません。

寝かせて外筒を入れていない

サーフローで逆血確認できるのは、内筒に入った時点です。

でも、まだこの時点では外筒は血管に入っていません。

つまり、外筒がしっかり血管に入るためには数ミリ進める必要があります

先輩ナース
先輩ナース
どんな角度でサーフロー針を進めてる?
悩む看護師
悩む看護師
角度は変えずにそのまま進めていました…。
先輩ナース
先輩ナース
だから、プクーって腫れてしまっていたんだね。

角度を変えずにそのまま挿入したら、血管を突き抜けてしまいます。

外筒を血管の中に入れるために、血管の走行に合わせるために角度を浅くして数ミリ進るのがコツ

 

よくあるサーフローの失敗例【ルートキープが苦手な看護師がやりがち】

腫れる以外にもよくあるサーフローの失敗もチェックしておこう!

よくある失敗①

「(内針ハブの)逆血があったー!」と思って、すぐに外筒を進めると、血管には入りません。

血管に入っていると思って、薬液を入れるとプクーッと腫れます。

新人看護師さんでよくある失敗例です。

よくある失敗②

内筒の再挿入すると、外筒が破けてしまいます。

 

【おさらい】サーフロー(留置針)の手順

では最後にサーフローの手順です。

やり方の手順は次の7ステップ↓

  1. 物品の準備
  2. 血管を探す
  3. 消毒
  4. 穿刺
  5. 駆血帯を外す
  6. 内筒を抜去する
  7. ラインを接続する

ポイントやコツなどを詳しく解説しますね。

①準備する

ドクターの指示を確認して、必要物品を準備しましょう。

用意するものは、

  • 処置用シーツ
  • 手袋
  • 駆血帯
  • 消毒綿
  • 留置針
  • 接続ライン(点滴)
  • フィルムドレッシング材
  • 固定用テープ
  • 針捨てボックス
  • トレイ

②血管を探す

処置用シーツを引き、周りに必要な物品をおいてから、駆血帯を巻き、ルート確保に適した血管を探しましょう。

こんな部位は穿刺を避けよう

  • 関節部位
  • 麻痺側
  • シャント側
  • 乳房切除を行った側の腕
  • 血腫や感染のある部位
  • 同日に穿刺した部位
  • 重症のアトピー性皮膚炎のある部位

③消毒する

穿刺しようとしている部位を消毒綿で、中心から5cm程度の円を描くように消毒し、乾くまで待つ。

④穿刺する

皮膚面に沿って5〜20°の角度で穿刺する。

留置針の内筒ハブに逆血が確認できれば、少し寝かせて、針を数ミリ進め、外筒を根本まで進める。

先輩ナース
先輩ナース
穿刺するときに、血管が動かないことは重要!

左右を引っ張ったりして、動かないように固定してね。

⑤駆血帯を外す

針がずれないように注意しながら駆血帯を外す。

⑥内筒を抜く

内筒を抜去するときに、外筒も抜けてしまうことがあります。

カテーテルハブを押さえるのも忘れずに!

先輩ナース
先輩ナース

もし逆流弁がついていない場合は、外筒の先端がある場所を指で押さえましょう。

⑦ラインと接続する

カテーテルハブに血液を満たして接続すれば、ラインに空気が入るのを防げます。

一連の流れは動画でチェック

 

スーパーキャスのルート確保が苦手な看護師さんへ。失敗を減らす方法どうも、mimo(@Nurse3Info)です。 ルートキープする時に使う「スーパーキャス」。(サーフローの病院もありますが…) ...