看護師の悩み

看護師が「生理痛」で休むのは非常識?【欠勤するときの理由とは?】

痛み止めを飲んでも生理痛が辛い…と思ったことありますか?

仕事に行かないとダメなのに、出勤できない…

そんなとき、仕事を休んでいますか?

悩む看護師
悩む看護師
子宮内膜症があって、もともと生理痛がひどいからロキソニンが手放せません。

この前、ロキソニンとボルタレンを飲んでも効かくて、さらに吐き気もあったからお休みすることに…。

そしたら「そんなの甘えよ!」って看護師長に怒られました。

これって甘えているんでしょうか?

そもそも生理痛で休むのって非常識なことですか?

こんな悩みを解決していきます。

女性のほとんどが生理痛を体験しています。

ただ、その症状には個人差があり、ほとんど痛みを感じない人もいれば、激痛に耐えながら寝込む人までさまざま。

生理痛に悩む看護師の多くが、生理痛で休みたいと思っていますが、実現できている人はほんの僅かです。

そこで今回は、看護師が生理痛で休む方法を紹介します。

【結論】看護師が生理痛で休むのは非常識ではない

看護師が生理痛で休むのは非常識なのか?

結論からいうと、生理痛で休むのは、非常識ではありません

そして、甘えでもないです。

というのも、労働基準法第68条に「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められています。

つまり、あなたが看護師長に「生理で勤務できないほど辛いから休ませてほしい」と言えば、仕事をさせてはいけません。

それなのに、休ませてくれるどころか「そんなの甘えよ」という上司のほうが非常識です。

あなたが罪悪感を感じる必要はなし。

 

生理痛の辛さがわかない看護師長の場合【休む理由は何がいい?】

生理痛がひどい場合は、ムリせずに休みましょう。

といっても、生理痛の辛さが分からない上司であれば、普通に「生理痛がひどいのでお休みさせてください」と伝えても、嫌味を言われるのがオチです。

嫌味だけでなく、それでも出勤しなさいと強制する最低な上司もいます。

そんな上司の場合は、最初から理解してもらおうとは思わないのが◎。

「体調不良」を理由に休んでください。(※休むときの連絡方法が分からないときは【看護師が急に仕事を休む場合、いつ、誰に電話する?】をチェック)

その中でもオススメは、「吐き気」や「下痢」「腹痛」です。

出勤できない状況を作るのがポイント

もし後から病名を聞かれたら「胃腸炎」と答えれば大丈夫です。

しかし、この方法には問題点があります。

その問題点とは次の項目でじっくり解説していきますね。

 

生理痛がひどいなら、「生理休暇」が取れる職場に転職しよう!

生理痛に理解のない上司の場合、生理を理由に休むのは困難です。

ムリして出勤しても、思うように動けずに迷惑をかけるだけ。

でも、休みたくても看護師長が認めてくれず休めない…。

そんなときは、体調不良を理由に休むのがオススメです。

しかし、この方法には問題点がありました。

その問題点とは…毎月使えないこと

さすがに最初の1回は、休ませて貰えても、毎月、2〜3ヶ月ごとに同じ理由で休んだ場合、怪しまれます。

生理は毎月あるし、痛みのコントロールもできません

思うように休めずに苦しむことになるので、そんな職場からいち早く脱出しましょう。

転職先を選ぶポイントは、生理休暇の取得率が高い職場

転職先を選ぶ時に、小児科や美容系、クリニック…等のやりたいコト、給料なども大事ですが、生理休暇の取得率の高い職場を選ぶのも忘れずに!

「生理休暇」はあっても、取得率が悪い場合は、理解のない上司の可能性が高いです。

せっかく転職したのに意味がありません。

堂々と休む環境を作っておけば、ストレスも減ります

悩む看護師
悩む看護師
生理休暇の取得率ってどうやって調べるの?
先輩ナース
先輩ナース
転職サイトを使って、キャリアアドバイザーに聞いてみましょう。

生理休暇の取得率は通常の求人情報では分かりません。

このポイントは絶対に押さえておきたいので、転職サイトを利用して、情報を聞き出しましょう。

どこの転職サイトを利用しても、「生理休暇の取得率」が聞けると思っていませんか?

答えはNOです。

優良な転職サイトを使わないと、あなたの望む「生理休暇」については答えてくれません。

それどころかウソを言われることも…。

ちゃんとした対応を望むなら、次の3つの転職サイトを選びましょう。

まず1つ目は、看護のお仕事です。

給与などの待遇交渉が得意かつ、履歴書添削や面接対応のサポートも手厚いと評判の転職サイト。

自分のスキルに自身がない人でも、今よりもいい条件で働くことができます。

2つ目は、看護roo!です。

毎年2万人の看護師が利用していて、満足度が驚異の96.2%。非公開求人が豊富で、退職サポートもしてくれます。

また、面接を中心にサポートしてくれるので、面接が苦手という人にもピッタリです!

3つ目は、看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

病棟以外の求人も豊富で、都心だけでなく地方にも強いのが特徴です。

転職で失敗したくないなら、この3つの中から自分にあった転職サイトを2〜3社選んでください。

というのも、担当者さんとの相性で、転職活動のスムーズさが変わります。

さらに、担当者さんの「口コミ情報」を鵜呑みすれば、実際に働いたときに「聞いていたのと違う…」となります。

情報の信憑性を見極めるためにも、3社に登録して転職活動を進める方がいいですね。

そうすれば、「生理痛がひどいのでお休みさせてください」と言っても嫌味を言われるどころか「大丈夫?ムリしないでゆっくり休んでね」という職場で働けるはずです。