新人看護師のよくある悩み

なぜ「転職ゴール」がすり替わる看護師が多い?転職成功に導く考え方

突然ですが、
あなたの「転職のゴール」って何ですか?

転職のゴールを分かりやすく言うと「転職で叶えたいこと」。

専門分野の最新の医療が学べる、給料が上がる、残業が少ない、夜勤がない…など、人それぞれ叶えたいことは違いますよね。

ところが、「転職先で活躍できる」という根本的なことは同じです。

ただ、転職活動に必死になっていると、転職先からの内定をもらうことがゴールにすり替わる人が続出します。

というのも、
希望条件に合う求人が見つからない、応募しても内定がもらえない、面接でダメ出しされる…など、自分のダメっぷりに直面する機会がグンッと増えてしまうからです。

お先真っ暗な状況に陥ると「ここから早く出たい!」という気持ちが強くなります。

その結果、いつの間にかに転職のゴールが「内定」にすり替わるってわけ!

ですが、
あなたの「転職の成功」とは、転職先の病院から内定をもらうことではないですよね?

転職後に前の病院よりも、活躍できること、キャリアアップを目指せること、給料や待遇がアップすること。

それが本来の「転職の成功」のはずです。

そこでこの記事では、転職をしたゴールを忘れずに、転職を成功に導くための考え方を知っておきましょう。

この記事を書いているのは現役ナースの「みも」です。

新人看護師さんや看護学生さんの
考える・見直す・はじめる、そんなきっかけになればと思い当ブログを運営しています。

最終目標は、あなたのQOLを爆上げすること。

もっと私のプロフィールが詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

/こんな記事も書いてほしいなどのリクエストもあると嬉しいです。\

ゴールの設定をしよう!

転職活動を始める前に、必ず「ゴールを設定」しましょう。

「今の病院以外ならどこでもいい」「現在の病院から逃げたい」というネガティブなゴールで転職活動を始める看護師も少なくありません。

しかし、ネガティブなゴールは、失敗するリスクが高くなります

「どこでもいい」と思って転職が成功するほど現実は甘くありません。

流されてしまったら現在の職場よりももっと待遇や人間関係が悪い「ブラック病院」に転職してしまうことも。

また、現在の職場で問題を感じて転職した人が、転職後に同じ問題に突き当たることもあります。

例えば、人間関係が悪くて転職した場合。

転職先でも人間関係で苦しむことはよくあります。

というのも、
人間関係が悪いのは、職場のせいとは限らず、転職希望者の性格やスキルの問題かもしれません。

それに職場の人間関係の問題は、どの職場でも起こりうる問題なので、転職の理由にしないほうがいいでしょう。

とはいえ、
心が病むほど耐える必要はありませんが、コミュニケーション能力をアップするなど乗り越え方をシフトチェンジしたほうが◎。

「ゴールの設定」で欠かせないこと

たとえネガティブな感情をもとに転職を希望することになっても、現状を分析する必要があります

例えば、「残業が多い」ことは、果たして悪いことなのでしょうか。

ちょっと考えてみてください。

いつも8時に出勤し、21時に帰宅だと、プライベートな時間がとれないし、ゆっくり休むことができないかもしれません。

ですが、働いた分、お給料でもらえているなら、まだマシです。

新人看護師に対して「見習い期間だから超過勤務手当はない」「自己研鑽のために残業するのが当たり前」といった押しつける現場もあります。

また、看護研究を上司の指示で行う際、資料作成に使われるのは自分の時間です。

他にもタイムカードを押した後に仕事をしなければならなかったり、超過勤務申請は先輩ナースの許可が必要な場合もあります。

労働者の権利である働いた分の賃金を受け取ることすらできない「ブラック病院」も多いのです。

残業が多いといっても、ちゃんとお給料でもらえているなら恵まれている可能性があります。

だとしたら、現在の病院のまま、有給などを上手に活用してプライベートな時間を作ったほうが現実的な選択かもしれません。

亜子先輩
亜子先輩

現状をしっかり分析した上で、それでも転職したほうが「活躍できる」「キャリアアップできる」「給料が上がる」と思える場合に限って転職しましょう。

 

ゴールの優先順位をつけよう!

「なぜ転職したいのか?」と掘り下げていくと、いくつかの転職ゴールが見えてきます。

例えば…
「活躍したい」「新人教育が充実している」「キャリアアップしたい」「給料を上げたい」「福利厚生を充実させたい」「健康な生活がしたい」などのゴールです。

次にこのゴールの中で、何を最優先にするか決めます

なぜかというと、
「給料を上げたい」と「健康な生活がしたい」では、転職のゴールの中身が矛盾することもあるからです。

例えば、給料を上げたい場合。

1回の夜勤手当が高い病院を選べば、確実に今よりも給料を上げることができるでしょう。

しかし、夜勤回数は今と同じ、もしくは増える可能性もあるため、健康な生活とは程遠くなります。

一方、健康な生活を優先した場合、夜勤がない日勤帯のみの仕事です。

夜勤手当がない分、今よりも給料が数万〜数十万円ダウンしますが、昼間だけなので体の負担はなくなり健康的な生活が送れます。

転職のゴールは同じでも、最優先するゴールには大きな違いがでてくるのは分かりますよね?

転職のゴールを思い浮かべて、優先順位をつけましょう。

転職ゴールがブレると危ない!

実際に転職活動を始めると、たくさんの求人を目にすることになります。

最初は「活躍できる職場」を探していても、希望通りの職場がなかなか見つからないと、疲れたり焦ったりします。

このときが危険です。

そんなときに今の病院より給料が1.2倍くらい待遇がいい求人を見つけたらどうなると思いますか?

「給料も上がるし、ここでいっか…」と思って転職を決めてしまうことがあるのです。

ほんの少し給料が上がったものの、仕事内容に魅力を感じないし、人間関係も良くないと「前の職場のほうがまだよかった」と嘆くことになるかもしれません。

そうならないためにも最初に決めたゴールを見返して、転職のゴールを見失わずに転職活動を進めましょう。

 

ゴールを達成できる職場を探そう!

「活躍できる職場で働きたい」といった転職のゴールを達成できる転職先を探しましょう。

あなたが活躍できる職場で働くためには、どうのような転職先を選べばいいと思いますか?

選ぶときに大切なことはただ1つ。

病院の需要と、転職希望者の供給がマッチしていること」です。

病院が本当に求めている人材が応募して転職が決まった時、転職者が転職先で活躍できる可能性は高くなります。

なぜなら、
病院は転職者を募集する際、どのような仕事、どのような役割を担ってもらうか、事前に決めていて、「とにかく優秀な人材を募集しよう」とは思っていません。

例えば、なかなか辞めない人気の病院の場合。

「今いるメンバーと似た、ほんわかな雰囲気の看護師にきてほしい」という目的で募集を出したとします。

このときに「スキルも経験も豊富だけど、性格がきつめの看護師」が応募して、仮に採用されたとしても、転職後の活躍は難しいということになります。

この人が優秀じゃなかったのではなく、病院の需要に合わないため、活躍でいないというワケです。

不幸なミスマッチを防ごう

「病院の需要にマッチする人材が活躍できる」という法則は、他のゴールで転職しようとしている人にとっても重要なルールになります。

「給料アップ」「福利厚生の充実」を目指した転職でも、病院の需要にマッチしていることが転職を成功させるポイントになるからです。

需要にマッチせず、ぜんぜん活躍できなければ、好待遇を与えられても居心地が悪くなってしまうかもしれません。

不幸なミスマッチを防ぐためには、事前に情報をしっかりと収集することが大切!

そのため、看護師転職サイトに登録するのも選択肢のひとつになります。

さまざまな手を尽くし、情報を入手しましょう。

そのうえで求人を出した病院が求めている人物像を把握して、その人物に自分があてはまるかどうか、冷静な目で判断してみてください。

もし病院の求めている人材でないと判断したら、次のチャンスを狙いましょう!

 

最初のゴールを忘れずに、転職を成功させよう!

私たちの転職のゴールは、「転職先の病院に内定をもらうこと」ではありません。

「活躍できる職場で働きたい」「キャリアアップしたい」「給料を上げたい」といったゴールを叶えることです。

そのために、転職ゴールに優先順位をつけ「最優先するゴールを叶える」まで、粘り強く活動を続けましょう。

自分の能力やスキル、経験を求めている病院を探すことが、ゴール達成のためのカギです。

次の記事:看護師の転職活動は「在職中」から始めるのが鉄則!

ABOUT ME
みも
二児のママナース。 【経歴】看護学校卒業後、病棟看護師(内分泌内科&眼科)、眼科クリニック、呼吸器内科クリニックを経て、現在は健診クリニックで働く。副業で夜勤バイト、消化器内科クリニック、小児科クリニックの経験もあり。 ただいま、QOLを高めるために「お金」の猛勉強です!