身だしなみ

看護師は、ノーメイクで仕事しないと損?すっぴん美人になる方法

夜勤をする看護師さんのすっぴん率は80%を超えてますが、日勤帯はメイクをする人も多いですよね。

でも、実は「すっぴん」で働かないと損をしています。

というのも、患者さんや家族からみて、メイクorすっぴんで看護師の印象が全然違うのです。

そこでこの記事では…

「なぜメイクすると損するのか」について研究結果をもとに詳しく解説していきます。

また、すっぴんに自信がない方に向けて、美肌を叶えるメイクテクもこっそり教えるので、ぜひ参考にしてくださいね。

メイクをしている看護師は損をしている!?

社会人ならメイクするのが当然。

女性なら一度は言われた経験ありますよね。(※今は完全に差別です)

身だしなみは、ビジネススキルで重要なポイント

仕事に対する取り組み姿勢や、誠実さ、清潔感など、あなた自身の品格を判断します。

もちろん接客業である看護師も身だしなみは大切なので、メイクをするのが当然だと思っていませんか?

実はそれは間違いです。

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

どういうこと…?

身だしなみに厳しい看護部長や看護師長も口あんぐり…。

まさかの結果です。

この論文をみればあなたも納得するはず↓

愛知県立大学看護学科研究科 萩あや子氏の論文【患者や家族と看護師の化粧に対する認識の比較に関する研究】によると…

化粧した方がいいと思っている患者さんは53.8%、ノーメイクでいいは2.5%、どちらでもよいは43.7%

化粧した方がいい患者さんの家族は60.2%、ノーメイクでいいは0.8%、どちらでもいいは39.0%

という結果です。(※下の表を参照)

ここで注目してほしいのが、意外にどちらでも良いと思う割合です。

ぶっちゃけ「ノーメーク」に関しては患者さんも家族もどちらも低いです。

しかし、どちらでもいいと思っている人は4割ほど!

なぜこうなったかは、「化粧が濃い看護師に対する印象」に対するアンケート結果を見れば納得できるはずです。

それがこれ↓

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

話しかけにくい、近づきにくい、怖い、安心・信頼できない…など、マイナスの印象です。

反対にナチュラルメイクな看護師に対しての印象はこちら↓

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

ナチュラルメイクの看護師は、話しかけやすい、清潔、安心・信頼できる、優しそう…など、プラスな印象です。

自分的には「ナチュラルメイク」をしたつもりでも、周りには派手メイクに見える場合もあります。

時間もコスメ代もかかるので、看護師は「すっぴん」で仕事をするのがオススメ。

 

看護師は「すっぴん」で働いたほうがいい理由

ここからは「看護師目線」で解説していきます!

オフィスで働く女性と異なることといえば、看護師は常に動きっぱなし

たとえば病棟ナースの場合、清拭や入浴介助、点滴、体位変換、バイタルチェックなど幅広くこなします。

力仕事が多く、午前中だけでも汗だくになっていませんか?

バイタルだけでも複数人の受け持ち患者の元に行くだけで軽く汗をかきます。

清拭や陰部洗浄では、物品を準備してケアをして片付けしたら汗がじんわり。

お風呂やシャワー介助に入れば、顔から汗がポタポタ…。

出勤して1時間でメイクが崩れる環境だし、メイク直しできる時間もありません。

また、今はコロナ禍なのでマスクは必須。

PPEとしてゴーグル(メガネ)やキャップ、アイソレーションガウン、手袋、フェイスシールドを着用している人もいますよね。

いつも以上に汗をかきやすいので、マスク対応ベースメイクを完璧にしていっても崩れます。

正直…、

メイク時間もコスメ代ももったいない!

「メイクをしていても、メイクをしていなくてもどっちでもいい」という結果が多いなら、最初から「すっぴん」のほうを選んだほうが良いのではないでしょうか。

みんなの看護師×すっぴんの口コミ

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

「すっぴん」で働けるなら働きたい!

でも、人に見せられるほど素肌がキレイじゃない…という事情を抱えた方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、「すっぴん美人になる方法」について次の章で詳しく解説していきます!

 

すっぴん美人になるための「おすすめケア」

ファンデーションなどのお化粧で、肌へ負担を与え続けてると分かっていても、気になる箇所ほどメイクで隠し続けてしまう。

夜勤のときも、本当はすっぴんで働きたいのに…と思っている方は、ぜひ「すっぴん美人」に近づけるためのスキンケア方法を参考にしましょう。

ステップ①メイク汚れをしっかり落とす

美肌づくりは、メイクや皮脂などの汚れをしっかり落とすことから始まります。

クレンジングは、肌タイプやメイクの濃さで選ぶのが◎

メイクを落としたら、洗顔料をしっかり泡だて、肌の上で泡を転がすように洗うのがポイントです。

ステップ②肌にしっかり潤いをあたえる

クレンジングと洗顔が終わったら、なるべく早く保湿ケアをしましょう。

20代は、保湿力が高めの化粧水や乳液を選ぶとオイリー肌に傾きやすいので、テクスチャーが軽めのものを選ぶのが◎

ステップ③UV対策を徹底する

朝早く出勤して、夜遅く帰るし、日中は病院の中だし…という看護師さんでも、UV対策対策は万全にしておきましょう。

「部屋にいれば安心」と思っている方も多いかもしれませんが、実は室内でも油断禁物。

日焼けのもととなる紫外線は室内にも降り注いでいるので、UV対策したほうがいいのです。

といっても、屋外ほど協力な日焼け止めは必要ないので、石鹸で簡単に落とせるベビーようの日焼け止めでOK

これならクレンジングの必要もないので、肌への負担も少なく済みます

また、夜勤時にも使用できますよね。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

日焼け止めを塗れば、マスクの肌荒れ予防もできるよ!

ステップ④カラダの中からもケア

看護師は不規則な勤務。

スキンケアを頑張っても、肌の調子がイマイチ…という方も多いのではないでしょうか。

…で、看護師ができる生活習慣としては、「食生活」と「睡眠」です。

ほぼコンビニ弁当という方も多いと思いますが、バランスの取れた食事を心がけ、美肌作りに不可欠な栄養素をまんべんなく摂り入れましょう

また、美肌づくりには良質な睡眠が欠かせません。

寝る前のスマホチェックは安眠が妨げられるので要注意!

 

すっぴん美人風にみせてくれるメイクテクニック

すっぴん美人風メイクに欠かせないのがCCクリーム。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

CCクリームは、気になるくすみや赤みなどをカバー。

肌のトーンを均一に整える働きがあるので、透明感ある美肌を演出してくれるのです。

補正したい悩みが明確な方は、以下の色を使うのがおすすめ↓

  • ピンク系:くすみを飛ばし、血色の良い肌に
  • イエロー系:シミやくすみをカバーしたい人
  • グリーン系:肌の赤みを抑えたい人
  • ブルー系:透明感を出したい人

ただ、一番大事なのは地肌の色になじむか…ということです。

すっぴん美人風メイクテク

  1. 化粧水や乳液で肌のコンディションを整える
  2. CCクリームを両頬、鼻、おでこ、あごの5箇所に置く
  3. 高い部分から外側に向かって薄く伸ばす
  4. 気になる部分は、ファンデやコンシーラーを薄く塗る
  5. 最後にパウダーを重ねたら完成

夜勤におすすめ「すっぴん風メイク」

夜勤のときは、長時間勤務や仮眠もあるので、日焼け止め+すっぴんパウダーを使った「すっぴん風メイク」がオススメです。

マスクの摩擦をしっかり防げるし、長時間働いてもおでこがテカる心配もありません。

そして、もう一つ嬉しいのが、仮眠時に洗顔しなくてもOKなこと。

保湿成分を配合していて、お肌に優しい成分なので、つけたまま仮眠しても大丈夫なんです。

7年目ナースの亜子先輩
7年目ナースの亜子先輩

素肌に透明感が出てきたら、日勤の間も「すっぴん風メイク」で

 

最後に

新人看護師の杏ちゃん
新人看護師の杏ちゃん

すっぴんだと何か言われそう…

と思う人もいるかもしれませんが、基本的には何も言われません

しかし、顔色が悪いと「ノーメイクはダメ。化粧しなさい!」なんて言われることも…。

ですが、今後しばらくはマスク着用は絶対なので、顔色が悪い=化粧しろと言われることはなくなることでしょう。

ビジネスマナーでは化粧するのが基本。

というか、ビジネスウーマンが化粧するのがマナーってのも、誰が決めたのか分かりません。

誰が決めたマナーか分からないのに、社会人だからとメイクするのがマナーということを鵜呑みする必要はなし。

有り難いことに、看護師はすっぴんでも許される職業です。

患者さんも家族も、メイクしてもメイクしなくてもどちらでもいいという人が結構います。

ただ「すっぴん」は乾燥しやすかったり、クマが目立ったり、シミやそばかす、ニキビなどの肌トラブルが起きやすいです。

すっぴん美人風メイクをして対策すればOK。

とはいえ…

彼氏にすらすっぴんを見せるのに抵抗あるのに、電車通勤できない…という方も多いことでしょう。

すっぴんに自信を持ちたいなら「まつエク」がお勧めです。

新人看護師でもできるナチュラルデザインについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

看護師1年目でもマツエクできる?ナチュラルデザインのオーダー方法「1年目って、マツエク禁止?」「病棟勤務だけど、マツエクしたい…」と悩んでいる看護師さんは多いですよね。 結論からいうと…看護師さ...

あと、すっぴん看護師に人気の髪型といえば「ショートボブ」です。

毎日の朝の支度だけでなく、仕事中にも「ラク」なポイントがいっぱい!

ショートやボブに興味のある方はぜひ以下の記事もチェックしてくださいね↓

看護師の髪型で「ショートボブ」が一番ラク!ジャマを解消する方法看護師の髪型で、ショートボブが一番楽です。 毎朝ヘアセットをしなくてもいいし、仕事中に髪が乱れる心配もありません。 他にも着...