看護師の悩み

新人看護師は、積極的に仕事を「ズル休み」しよう!【バレない理由】

私は、どちらかというと「ズル休み」を推奨派。

今回は、新人看護師が、仕事を「ズル休み」していい正当な理由を紹介します。

ズル休みをしても罪悪感にかられなくても大丈夫。

新人看護師は積極的にズル休みをしましょう。

✓この記事の内容

新人看護師が、仕事を「ズル休み」していい正当な理由

仕事をズル休みするとき、何て言って休む?【よくある理由の中でコレを使おう】

先月、ズル休みしてしまったときの乗り切る方法【多すぎるとバレる】

✓この記事の信頼性


みも(@Nurse3Info

この記事を書いている私は、看護師14年目の現役ナースです。

新人のとき「うつ病」になり、看護師の働き方を見直しています。

看護師だって人間。

有給が思うように取れなければ、ズル休みだってしたくなります。

また、ズル休みはダメって言われるほど、したくなりますよね。

  1. バレない理由で休む
  2. ズル休みしたら、仕事のことは一切 忘れて休む
  3. 次の日、全力で頑張る

ズル休みをするときはこの3つを心掛けましょう。

ズル休みをしても、明日頑張るから罪悪感に抱かなくても◎。

もし明日、「何となく行きたくない」と思ったときに使って見てくださいね。

仕事を休んだ罪悪感を帳消しにする方法【3つの方法でチャラにしよう】 仕事を休んだときにこんな風に罪悪感を抱く看護師さんは多いです。 そこでこの記事では、仕事を休んだ罪悪感を帳消しにする方法を...

新人看護師が、仕事を「ズル休み」していい正当な理由

新人看護師は、積極的にズル休みをしましょう。

というのも、何をもってズル休みというのでしょうか?

朝起きたときに「今日は何となく仕事に行きたくない…」と思った場合、これってズル休みにはならないと思います。

熱が出たら休むのと同じように、「今日は行きたくない…」と思ったのは心の風邪だと私は思います。

心の病気は目に見えにくいから理解がされにくいですが、歴とした病欠です。

だから、仕事を休んで大丈夫!

しかし、看護師に限らず社会人たるもの急に「今日は休みたい気分なんで、休みます」なんて言えません。

もし言ったとしても、「はぁ?さっさと出勤して!」と言われるのがオチです。

では、どうすればいいのか?

 

仕事をズル休みするとき、何て言って休む?【よくある理由の中でコレを使おう】

ズル休みするときに、よく使われる理由が「自分の体調不良」「親の体調不良」「親戚の不幸」の3つです。

この中で一番怪しまれないのが「自分の体調不良」

ただし、この理由を使う場合、「病院にきて内科受診して!」と言われることもあるので、外出できない状況の症状を言いましょう

例えば、高熱や下痢、嘔吐などの症状がオススメ。

今はコロナもあるので、この中では下痢と嘔吐を選んだほうがいいですね。

病院に行った結果、胃腸炎でした。と最終的に言えば問題ありません。

看護師が急に仕事を休むときの電話マナー|いつ、誰に言う?【例文付き】どうも、みもです。 と困っていませんか? そこでこの記事では、看護師が当日欠勤するときの連絡マナーについて以下の順番...

 

先月、ズル休みしてしまったときの乗り切る方法【多すぎるとバレる】

朝、起きたときに「今日は行きたくない…」と思ったら積極的にズル休みしましょう。

毎朝「仕事行きたくない」という気持ちを無視して鬱になった話どうも、みもです。 目を覚ました瞬間、 と思ったことありませんか? そう思うのは甘え。看護師1年目なんだか...

しかし、月に何度も休むと「もしかして…ズル休み?」と先輩たちに疑われます。

そうなるとあなたの信用問題に関わるので、半年に1回くらいのペースが推奨です。

もし1ヶ月前にズル休みした場合は、こんな乗り切る方法を試してみて

この方法を試しても「やっぱり、辛い…」と思う人は、異動や転職も視野に入れてみましょう。

というのも、モヤモヤした気持ちになっているのは、一つだけが理由ではありません。

先輩が怖い、仕事内容がイヤ、申し送りが嫌い、朝の情報収取が苦手…などいろんな要素があなたを苦しめています。

だからこそ、新たな職場環境になれば、気持ちがリセットできるはず。

今は転職する気がなくても、一度キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

転職したほうがいいのか、転職しないほうがいいのか、転職のプロに判断してもらえば、あなたもスッキリしますよ。

キャリアアドバイザーの評判がいい転職サイトはこの3つです↓

【転職サイトランキング】初転職する20代看護師におすすめベスト3 こんな風に心の中で叫んでいるあなたに向けて、看護師転職サイトおすすめベスト3を紹介しようと思います。 ...

/相談は無料です!\