看護師の転職成功ノウハウ

転職したいけど、看護スキルや経験がない。20代ナースがやるべきこと

あなたは、「転職には看護スキルや経験が必須」と考えていませんか?

実は私もそう思っていました。

転職を考える看護師の多くは「転職には、看護スキルや経験が必須」と考えてしまうのです。

しかし、転職において看護スキルや経験が必須か、どの程度のスキルがあればよいか年代によって異なります。

というのも、
転職市場の傾向や病院が求職者に求めるものは年齢によって違うからです。

とはいえ、
「転職したいけど、看護スキルや経験がない…」と不安に思ってなかなか行動に移せない看護師さんも少なくありません。

年齢を重ねるにつれて転職が難しくなる傾向であるため、ゆっくり考える時間はない場合も。

はじめて転職する看護師さんは、何をすべきか分からない人も多いですよね。

まずは年代別の転職市場を知りつつ、スキルや経験不足の看護師がやるべきことを抑えて行動しましょう。

この記事を書いているのは現役ナースの「みも」です。

新人看護師さんや看護学生さんの
考える・見直す・はじめる、そんなきっかけになればと思い当ブログを運営しています。

最終目標は、あなたのQOLを爆上げすること。

もっと私のプロフィールが詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

/こんな記事も書いてほしいなどのリクエストもあると嬉しいです。\

「年代別」にみる転職市場【20代は最も売り手市場】

20代ナースの転職市場

20代は新卒をはじめ、社会人経験3年未満の第二新卒、そして仕事で実績を出し始める20代後半の中堅層などさまざまな人材がいる年代です。

転職市場において最も若い20代は「売り手市場」といえます。

なぜなら、
20代ナースは高い労働意欲やポテンシャル、新しい環境に適応できる柔軟性に期待できるからです。

20代はまだまだ幅広い分野にチャレンジできる年代であるため、未経験の分野への転職も十分に可能。

例えば、急性期病棟から美容クリニックとか、訪問看護など未経験の分野にチャレンジする看護師さんは意外と多いです。

ただし、若さやポテンシャル、熱意だけあればよいわけではありません。

魅力的な人材と感じてもらうためには、長期的なキャリアを固め、明確な目的を持った状態で転職に臨む必要があるでしょう。

30代ナースの転職市場

20代で培った経験や看護スキルを武器にできる30代は、転職活動も活発化する年代です。

どの病院も看護師不足が深刻なので即戦力となる人材がほしいことから、30代の転職市場は好調といえます。

しかし、30代後半になるにつれて難易度が上がる点は注意が必要です。

30代は一定以上の経験や看護スキル、そして若さもありつつ即戦力となる存在。

20代にはない経験や知識の豊富さ、そして今後必要とされるマネジメントスキルが期待されています。

その一方で、30代後半になると新しい仕事や環境への適応力が不安視されてしまうのです。

とはいえ、
スキルや実績が評価されれば、年収UPの可能性も十分にあるでしょう。

40代ナースの転職市場

40代の転職は、20代や30代と比べると求人数が少なくなり、病院が求める条件も高くなります。

しかし、転職できないというわけではなく、転職後に年収がアップしやすいなどのメリットもあります。

ただ、専門性の高いスキルや経験、マネジメント能力が評価されなければ好条件での転職は厳しいでしょう。

また、40代は新しい仕事や環境への適応力が不安視されることから、未経験の分野への転職は厳しいといえます。

 

転職したいと思ったら【経験やスキルがない20代ナースがやるべきこと】

ここからは、「看護スキルや経験がない20代ナースがやるべきこと」について解説していきます。

20代は若さやポテンシャルを武器にできることから、看護スキルや経験が未熟でも転職できる年代です。

しかし、同じ求人に看護スキルや経験も豊富な人の応募があればそちらが有利となってしまうケースも。

また、20代後半になれば、看護スキルや経験も重視される傾向になります。

そのため、20代ナースがやるべきことは、

  • 現職で身についたスキルの棚卸しをする
  • 転職したい分野のスキルを身につける
  • ヒューマンスキルを磨く

この3つです。

亜子先輩
亜子先輩

まずは現職でどのようなスキルが身についているか棚卸しをして「強み」を探す。

転職で有利になるスキルや経験、資格を身につけて強化する。

ブラッシュアップすることが、20代ナースがやるべきことです。

 

【まとめ】経験や看護スキルがない20代ナースが転職したいと思ったらやるべきこと

20代ナースは、若さやポテンシャルを武器にできることから、看護スキルや経験が未熟でも転職できる年代です。

ただ、先ほども言いましたが、
同じ求人に経験もスキルも豊富な看護師が応募すればそちらが有利となります。

ドラクエでいえば、
20代ナースの若さやポテンシャルは「メタルキングの盾」です。

最高装備なのでライバルからバシバシ攻撃されても身を守ることができますが、攻撃することはできません。

ライバルを倒していくには「剣」が必要です。

ということで、

  • 現職で身についたスキルの棚卸しをする
  • 転職した分野のスキルを身につける
  • コミュニケーション能力を鍛える

この3つが重要ってワケ。

攻撃力も防御力も両方高まれば「最強」ですよね。

とはいえ、
看護師としてのスキルが低いし、自分の存在価値なんてないと思ってしまう20代ナースも少なくありません。

まずは現職でどのようなスキルが身についているのか棚卸しをして「強み」を探してみることからはじめましょう。

スキルを見える化すれば、看護師としての自信につながるはずです。

「スキルの棚卸しのやり方ってどうやるの?」とお困りの方は、以下の記事を参考にしてください。

スキルの棚卸し方法|5ステップで看護師としての存在価値を見出そうどうも、みもです。 今回は、「スキルの棚卸し方法」についてお話します。 というのも、 転職したくても自信がない看護師さんっ...

コニュニケーション力が高い同期や先輩ナースをみて「いいな〜」と思っている方は、今からでも間に合います。

コニュニケーション能力を鍛える10の方法」を試してみてください。