新人看護師のよくある悩み

もう患者と関わりたくない…と追い込まれている看護師さんへ

今、あなたは

  • 看護師はうんざり…
  • 患者さんと関わるのがしんどい
  • もう、誰とも関わりたくない

と悩んでいませんか?

深く考えてしまいズドーンと落ち込んだり、自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

ですが、負い目を感じる必要なんてないんです。

なぜ、患者と関わりたくなくなったのか?

実はわたしも、新人のとき毎日そう思っていました

患者さんだけでなく、同期や先輩にも同じように思っていたので、人と関わることがイヤでした。

極力、人を避けるために、いつもの2本前の電車に乗って出勤したり、休日はできる限り家から出ないなど、隠れるような生活でしたね。

こういった感情になるのは、

今働いている病院に問題があるからこそ起こる」

と知ってしまったんです。

もともとコミュ障というか、人見知りで人付き合いは苦手なほう。

とはいえ、普通に人と会話できるし、仲良しの友達が参加するなら飲み会にも行っていたし、遊びに誘われれば断ることは滅多にありません。

そんな私が看護師となって、朝6時に起きて8時前に出勤、夜10時すぎに帰宅するという生活になったことで状況が一変

患者さんや先輩たちとの会話は必要最低限に抑えたり、一人になりたくて重症度の高い患者さん(シズさん)の部屋によくこもっていました。

一体なぜ、突然こんなにも人嫌いになってしまったんでしょうか。

 

誰とも話したくなくなる理由

結論から言ってしまうと、

私が誰とも話したくなくなり、患者さんと関わりたくないと思った最大の原因は「ストレス」です。

普通に考えて分かるのですが・・・

  • 朝6時に起きて夜10時に帰宅し、その後0時ごろまで予習と復習
  • 週に2回の夜勤(昼3時半〜朝11時の勤務)
  • 夜勤の日の朝も通常通り6時に起きてしまう

こんな生活をずっと繰り返していたら、身体がぶっ壊れますよね。

夜勤の場合、重症度の高い患者さんが多い病棟だったので、夜中のナースコールも多く、仮眠の時間はほとんど取れませんでした。

また、看護師になってからは、身体はヘトヘトに疲れているのに、なかなか寝れなくて…。

布団に入ってから寝るのに2時間ほどかかっていたので、寝るのは3時頃。

つまり、毎日の睡眠時間はたった3時間ってことですね。

一般的に、

理想な睡眠時間は7時間と言われていますが、その半分しか寝れていなかったのです。

20代とはいえ、こんな生活では疲労が蓄積するのが当たり前。

当時は常に頭がボーッとしていたし、クラクラして倒れそうになることも多く、かなり危険な状態でした。

これ以上ないギリギリの状態だったので、エネルギーを使う人に関わることを避けようとするのは当然です。

私が働く病棟には、攻撃的なお局がいて、理不尽なことでよく怒られていました。

些細なミスでも罵倒されたり、「今年の1年目は使えない」とか、「人間やり直したほうがいい」とか、散々な言われよう。

また、患者さんには、独歩の人なのに配膳のめちゃくちゃ忙しい時間帯にテレビカードを買ってこいと命令されたり、1コールでナースコールを取れと怒鳴られたこともありました。

完全にこじつけレベルの言いがかりだし、ネチネチと攻撃してくるので、病む一方。

精神攻撃を受け続けるうちに少しずつ人間不信になり、どんどん人間嫌いになってしまったのです。

もちろん、

世の中にはそんな人ばかりではないのは分かっています。

しかし、病棟という狭いコミュニティーがすべてと錯覚してしまいました。

このとき私は、「看護師の世界って、こんな人ばかりなんだ。こんな辛い思いをするんだったら、最初から誰とも関わらないほうがマシ」

そう思って、どんどん心を閉ざしてしまったのです。

ところが、あるときに転機が訪れます。

この環境に耐えきれなくなって、転職することにしました。

 

病院が変わったら、状況が激変!

転職活動は思っていたよりも簡単。

というのも、看護師転職サイトを使ったら転職までに必要なことを全部手伝ってくれたので、すんなりと次の病院に転職することができました。

転職してまず思ったのが、

「病院によってこんなにも違うものなんだ!」

ということです。

当然といえば当然なんですが・・・

病院が変われば、関わる人もガラリと変わります。

私の場合、病院からクリニックへ転職したので、入院患者さんがいないというは大きかったです。

待ち時間でのクレームくらいで、理不尽に怒ったり、攻撃的な患者さんはいませんでした。

基本、世間話なので、気が楽でしたね。

また、事前にクリニックの人間関係について口コミサイトでみていたので、みんな優しい人ばかりで「看護師でも、悪い人ばかりじゃないだな」という当たり前の事実に気づくことができました。

一時期は看護師は向いていないと思って、一人で黙々仕事ができるネジ回しなどの工場の仕事を考えました。

しかし、そんな私でも人と関わることの楽しさを取り戻すことが出来たのです。

「もう患者さんと関わらいたくない」「人と関わらない仕事につきたい」と思うのは、間違いなく今の病院の環境が悪いせいと断言できるでしょう。

誰だって身近な人に邪険に扱われていれば人間不信にもなります。

ですので、もしあなたが今そのような状況なら、転職を検討してみてもいいでしょう。

もちろん頑張れそうならそのまま耐えるのもありです。

が、しかし・・・

今の病院の年間休日が120日の場合、1年間の半分以上の245日を病院で過ごすことになります。

さらに、日勤の場合は12時間(朝8時〜夜10時)、夜勤の場合は18時間(昼3時半〜朝10時)も病院で過ごします。

つまり、自宅よりも病院にいる時間のほうが長いってこと。

もしあなたが今の病棟にお礼奉公期間の終了や一人前になるまでと思っているならあと3〜5年。

その間、今の職場で耐え続けなければならないと考えた際、本当にやっていけそうですか?

看護師転職サイトのおかげで、忙しい看護師でも転職が本当に簡単になったので、今のうちに転職準備だけでも進めておくと後々の選択肢を増やすことができますよ。

看護師転職サイトは、履歴書の作成から面接対策まで行ってくれて、さらにあなたにマッチした求人を無料で紹介してくれる仲介サービス

もちろん在職中でも登録や相談ができるため、転職検討中の看護師さんにもオススメです。

独自求人も多いし、病院側からお金をもらっているので私たち利用者側の負担はゼロ(0円)

それに、

看護師転職サイトは、「転職者が採用されなかった」ときや、「転職者が入職後、半年以内に辞めた」場合は、稼ぎが一切発生しないため、真剣にあなたの転職をサポートしてくれます。

看護師転職サイトは、ナスカレでお馴染みの

看護roo!(看護ルー)

が一番良いですね。

私も実際に利用したのですが、

ナスカレの使い勝手の良さで分かる通り、利用する看護師に寄り添っていて、対応がかなり丁寧で、真剣に私の話を聞いた上で病院選びを手伝ってくれました

何社も登録してしまうと、逆に対応に追われて非効率になるので、看護roo!だけですべて対応可能です。

ただ、看護roo!は一応全国対応ですが、特に強いのは東京や神奈川、名古屋、大阪のエリア。

私みたいに都市部で求人を探す人は良いですが、

反対に地元で探したい看護師さんは、全国22箇所にオフィスを持つマイナビ看護師がオススメです。

あと、

転職に失敗しないためには、事前に病院の口コミを見ておくことがめちゃくちゃ大事。

転職ガチャと言われるように、

実際に入職してみなければ、その病院がどんな雰囲気で、どんな看護師が働いているのかわかりませんよね。

今はインターネットの普及のおかげで、気軽に病院の口コミが見れるようになりました。

私はナスコミというサイトを使ったのですが、実際にその病院に入職している人しか書き込めないようになっているので、かなり信憑性の高い情報を集めることができますよ。

  • 福利厚生や給料は他と比べたら良い方だけど、職場ガチャがありひどいところはステーションのど真ん中で怒鳴られる
  • 病棟によると思いますが、雰囲気はよく、みんな色々と教えてくれる
  • ギスギス感もなく、1年目看護師でも働きやすい職場

など、看護師の生の声が聞けて重宝しています。

掲示板や5chみたいに書いてある情報よりも圧倒的に信頼できるし、利用も無料です。

入職してから、「なんか合わない」とならないためにも、事前に院内の雰囲気などを把握しておくことは何よりも重要だと言えるでしょう。

私は、看護roo!で自分にあった病院を紹介してもらって、その上でナスコミを使って職場の雰囲気を調べました。

転職したら、かなり環境がよくなったので、転職して本当に良かったです。

 

まとめ

患者と関わりたくないと思うのは、
シンプルに今の職場環境が悪いからです。

決して看護師に向いていないからではありません。

このままだと人間不信になることもあります。

最悪の場合、うつになって長期間働けなくなるどころか重い後遺症が残る可能性もあるため、早めに転職したほうがいいかもしれません。

幸い、看護師の場合、どこも人手不足でマンパワー不足なので、求人もたくさんある状態です。

ただ、みんなが働きたいホワイトな病院は、募集が殺到してすぐに締め切るため、後で後悔しない道を選んでくださいね。

追伸…

コミュ障などでそもそも人付き合いが苦手という方は、人と関わらない看護師の仕事を参考にしてください。