看護師の悩み

同棲中の家事分担|看護師はラクできる「最新家電」をフル活用しよう

大好きな人と一緒に過ごしたくて始めた同棲生活。

それなのに、家事のことで不満が溜まってイライラしていませんか?

そこで今回は、同棲中の家事分担について紹介します。

【この記事は、こんな人にオススメ】

✓夜勤などで不規則な勤務だけど、家事分担どう決めたらいいの?

✓彼氏が家事を全くしてくれないときの対処法が知りたい!

✓同棲中の家事のことで揉めたくない

同棲中の家事分担はどうする?

同棲中でケンカになりやすいトラブルが、「家事の分担」です。

同棲を始める前に、家事の分担はしておいたほうがいい!と聞いたことあるはず。

ただ、看護師の場合、夜勤などをしていると不規則な勤務だから、曜日制や役割で決めることができません。

「どうやって決めればいい?」と悩む人も多いですが、「家事の分担」の専用アプリを上手く活用すれば、不規則なシフトでも「家事分担」できます。

しかし、オススメはしません

アプリを使えば、家事分担の状況が把握できたり、家事を見える化するので「相手よりも多くやっているつもり」を改善できます。

はっきりとルールを作れば、彼氏はウンザリすることでしょう。

最初はルールを守りますが、ルールに縛られて息苦しくなり、どんどんストレスが溜まる一方…。数カ月後には、家事をサボるようになっているはずです。

家にいるのが嫌になったり、アナタへの気持ちが冷めて浮気に走る原因にもなります。

だから、同棲中の家事分担は決めないのが◎

 

同棲中の家事はラクできる方法を選ぶのが正解!

家事分担を決めなければ、ほぼ女性が家事をすることになります

というのも、男性の多くが「家事は女性がするもの」と思っているからです。

同棲前に家事ルールの話し合いをしなければ、彼女に任せがちに…。

不満のもとになるのは確定です。

ただ、先ほども言いましたが、ルールを作れば、彼氏が同棲をイヤになります。

女性らしさがアピールできると思って、家事をやりましょう。

なんて酷いことは言わないので安心して下さい!

もし、仕事をしながら家事までしたら、あなたの近い未来はこうなります↓(下イラストを参照)

看護師はがんばり屋さんが多く、世話好きで尽くしてしまう性格。

負けず嫌いもあるので、仕事と家事の両立を完璧にこなそうとして、自滅するのがオチです。

だから、最初からラクできる方法を選ぶのがコツ!

また、ラクできる方法を選ぶことで、家事が苦手な彼氏も手伝ってくれるかもしれません。

 

看護師は、同棲中の家事がラクできる「最新家電」をフル活用しよう!【オススメ4選】

同棲中の家事がラクできる「最新家電」を発表する前に、みんなはどの家事が面倒くさいと思っているのでしょうか?

【同棲中の家事で面倒くさいランキングTOP4】

TOP1:料理

TOP2:洗濯

TOP3:食器洗い

TOP4:掃除

このランキングの家事をラクできるオススメの「最新家電」を紹介していきます!

料理がラクできる「調理鍋」はコレ!

めんどくさい家事ランキング1位の料理。

残業して疲れて帰ってきて、料理するのは本当に面倒くさいですよね。

一人暮らしだったらコンビニ飯やカップラーメンで乗り切るのに、同棲中はそうもできない…。

そんな日にもオススメなのが「調理鍋」です。


パナソニック 電気圧力鍋 3L

朝にサササッと材料と調味料を入れて、スイッチオン!

帰ってきたときには、できたてのおかずが完成しています。

あとは、お皿に盛って食べるだけ。

ヘトヘトの日でも、楽できる方法です。

ちなみに、このパナソニックの電気圧力鍋は、レシピブック付き。料理で一番面倒くさい「献立を考えること」も楽できちゃいます♪

洗濯がラクできる「ドラム式洗濯機」

「洗濯」って思っている以上に面倒くさい家事の1つ。

洗濯自体は洗濯機がしてくれますが、干す・取り込む・たたむ・収納の4ステップがあります。

そこで洗濯で楽する方法が、「ドラム式洗濯機」を使うこと!


シャープ ドラム式 洗濯乾燥機

「干す」「取り込む」という2ステップを省くことができちゃいます。

また、突然の雨が降っても「洗濯物、干してきちゃった…」や「洗濯物、取り込んでくれるかな…」という心配もなし。

2人がいる時間に洗濯が終わるようにセットすれば、自分の分は自分で畳むルールにできるので、もっと楽できます!

このドラム式洗濯乾燥機は、コンパクト仕様。1LDKなどの一人暮らし向け物件にピッタリです。(⇒【間取りは1LDKと2LDKどっちが正解?】)

スペース的にドラム式は…と諦めていた人でも、設置できているので、一度検討してみることをオススメします。

食器洗いがラクできる「食器洗い乾燥機」

食器洗いも結構めんどくさい家事の1つ。

夜勤などで生活リズムが違う場合、ご飯を食べるタイミングもバラバラです。

自分の食べたものは自分で片付ける彼ならいいけど、テーブルやシンクに放置されていれば、イラッとしますよね。

そんな時に、「食器洗い乾燥機」を活用しましょう。


アイリスオーヤマ 食洗機

今まで放置していた食器を食洗機に入れてスイッチ入れるだけ!

これだけ簡単なら、彼にお願いできるはずです。

ちなみに、食洗機を買う場合、工事で諦める人も多いですが、これはタンク式だから工事不要!

シンクに溜まった食器をみてため息をつくことも減るはずです。

掃除をラクできる「掃除機」

最後は、「掃除機」です。

部屋が狭かろうが、わざわざ掃除機を出して掃除するのは面倒

2人とも働いているので、居ない時間に掃除してくれるロボット掃除機を活用しましょう。


Anker Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機)

シリーズ史上最薄(7.2cm)だから、ソファ下など手の届きにくい場所でも掃除することができます。

吸引力もしっかりパワフル!

フローリングはもちろん、カーペットに付着したあらゆるゴミやホコリも逃しません。

また、ロボット掃除機を使うことで、床に荷物を置かなくなり、部屋がスッキリ片付けられ一石二鳥です。(⇒【同棲中の「すれ違い」はこんなことから始まる】)

 

まとめ

同棲中の家事分担は、ガチガチのルールを決めてしまうと、彼がウンザリしてしまいます。

かといって、ルールを決めなければ、ほぼ女性がやることに…。

どちらにしても不満が出てきます。

そこでオススメなのが、最初から家事がカンタンにできる方法にしておくこと!

これが同棲中の家事分担を協力的に進める方法です。

最新家電をフル活用して、面倒くさい家事をどんどんラクにしましょう。

ただ、ゴミ出しやトイレ掃除、風呂掃除…などの家事は、最新家電で補うことはできません。

ゆるっと家事分担表を使って協力を仰いても◎。


引用:CHINTAI情報局

協力して貰うときに、一緒に住んでいるんだから、やって当然という気持ちは一旦捨てて下さい。

ド正論なんですが、彼としては家事は女性がやるものと思っていたら、「何で?」の気持ちが強くなります。

今の時代…と言われたら終わりですが、上手く彼氏を転がしてやる気を出る声かけをするのがコツ!

そして、できなくても攻めたりしない。

これも大事です。

声かけ一つで家事がラクできるなら、アナタにとって嬉しいはず。

協力してもらえないときは、家事代行を月に数回頼んでラクする方法もオススメです。

家事のストレスがなくなれば、同棲中にケンカすることもなくなり、いつまでも仲良く同棲できますよ。