新人看護師が困っていること

看護師が同棲するなら、間取りは「1LDK」と「2LDK」のどっち?

看護師は不規則なシフト。

彼氏と同棲を始めるなら、間取りは「1LDK」と「2LDK」のどっちがいいんだろう…。

と悩んでいませんか?

看護師は夜勤もあり生活リズムが不規則なので、「1LDK」または「2LDK」で同棲するがおすすめ。

家賃で選んでしまうと、「同棲しなければ良かった…」と後悔することになります。

そこで今回は、「1LDK」と「2LDK」それぞれのおすすめカップルをまとめています。

「私たちは1LDK向きだ〜」「わたしも彼氏も2LDKが良さそう…」と自分たちにピッタリの間取りを見つけることができますよ。

看護師が同棲するなら間取りは「1LDK」と「2LDK」のどっち?

結論からいうと、どっちを選んでも正解!

看護師の仕事は不規則な勤務です。

寝室とは別の部屋があるのが理想。だから、「1LDK」「2LDK」どっちを選んでもOKです。

悩む看護師
悩む看護師

どっちも正解って言われても…。

「1LDK」と「2LDK」のどっちを選べばいいのか、分からないよ…。

同棲に適した広さ、間取りとは?

先輩ナース
先輩ナース
初めての同棲なら「ライフスタイル」や「譲れない条件」を考慮する前に、住居する人数に応じて「理想的な広さ」と「最低限必要な広さ」を目安に選びましょう!

「理想的な広さ」とは?

理想的な広さとは、単なる生活空間だけでなく、2人が楽しく豊かに生活できるだけの空間(面積)のことです。

国土交通省の居住面積基準では、「誘導居住面積水準」と呼ばれ、2人に対して75㎡(※都市部は55㎡。)

「最低限必要な広さ」とは?

最低限必要な広さとは、健康で文化的な生活を送るために必要最低限の空間(面積)のことです。

国土交通省の居住面積基準では、「最低居住面積水準」と呼ばれ、2人に対して30㎡あればOK。

結論

お互いの「ライフスタイル」や「譲れない条件」だけでなく、具体的な同棲生活をイメージして部屋の広さ(1LDK・2LDK)を選ぼう!

 

看護師におすすめの間取りは2つ!

ここからは、もっと具体的な「間取り」の解説です。

初めての同棲だと、「どんな同棲生活を送りたいか…」と聞かれても、いまいちピンとこない人も多いはず。

そこで、よりイメージしやすいように、それぞれの「間取り」の特徴とメリット&デメリットをまとめました。

親密度をあげたいカップルにおすすめ「1LDK」


引用:Rooch

1LDKとは、1部屋+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りのことです。

生活空間と寝室がしっかりセパレートされています。

夜勤などで「生活時間にズレ」があっても、相手に迷惑をかけずに生活することができます。

例えば…

準夜勤で帰宅時間が遅くても、彼を起こさずに、遅めのごはんを食べたり、寝る準備ができる。

夜勤入り前の朝は、彼がこっそり朝ごはん、出勤準備できるから、昼前まで寝ることができる。

メリット デメリット
一緒にいる時間が増えて、絆が深まる 1人の時間が少ない
ケンカをしても顔を合わせているので、仲直りが早い 収納スペースが少ない
家賃が比較的安く抑えられる 衛生観念が合わないとケンカの原因になる
築浅物件や交通の便が良い物件が選べる 将来的に子供ができたら、狭く感じる
部屋を広く使えるので、ホームパーティもできる

【こんなカップルにオススメ】

  • パートナーと一緒の時間を取りたい!
  • 広すぎる物件だと、落ち着かない…。
  • 家賃をできるだけ抑えたい。

結婚後も同じ部屋に住みたいカップルにおすすめ「2LDK」


引用:Rooch

2LDKとは、2部屋+リビングダイニングキッチンが10畳以上の間取りのことです。

部屋が2つあるので、自分の生活スタイルを守ったままふたり暮らしができます。

メリット デメリット
広いリビングで、ゆとりのある生活が送れる 家賃の予算がアップする
生活時間にズレがあっても影響がない 電気代やエアコン代がかかる
自分のスペースが作れるから、予習や復習など勉強もしやすい
結婚後、子供ができても、住み続けられる
1人の時間を過ごせる

【こんなカップルにオススメ】

  • 2人の収入に余裕がある
  • 住宅手当が手厚い
  • 荷物が多い
  • それぞれ違う趣味がある
病院からの「住宅手当」で損してない?平均よりも多く貰う方法住宅手当は、本来の給料以外に支給される手当て。一人暮らしの看護師には、ありがたい福利厚生ですよね。 なくても気にならない手取りなら...

1Kやワンルームはやめよう

1Kやワンルームで同棲するのはやめましょう。

なぜなら、契約違反になる可能性があるからです。

基本的に単身限定の物件で、「2人入居可」や「ルームシェア可」は全体の1割ほど。

もし、同居が禁止されている物件で同棲がバレた場合、最悪強制退去もあります。

今住んでいる1K・ワンルームの部屋で同棲する場合は、管理会社に必ず確認しましょう。

ただし、1Kやワンルームの同棲は、破局するカップルが圧倒的に多いので、やめたほうが◎。

 

まとめ

看護師が同棲するなら、「1LDK」または「2LDK」で選べばOKです。

生活リズムや譲れない条件も大事ですが、どんな同棲生活をしたいかイメージするのがポイント!

ちなみに…

わたしが同棲していたときは、1LDKでした。

最低限の生活で良かったのと、彼氏もわたしも1人の時間よりも一緒にいる時間を優先していたことが決め手。

彼氏とよく話し合って、どっちの間取りにするか決めてくださいね。


業界初「チャット不動産」待っているだけで、最新のお部屋情報が届く