新人看護師のよくある悩み

看護師は、カスタマイズし放題!「自分らしく働ける」職場は選べる

どうも、みもです。

今回は、「看護師の働き方」についてお話します。

なかには「もう看護師やめたい」と思っている人もいるかもしれませんが、看護師をやめるのはもったいないです。

やめるのは個人の自由でしょ!と言われたらそれまでなんですが…。

ただ、
看護師は働き方をカスタマイズできる唯一の職業だと思うんです。

そこでこの記事では、「カスタマイズし放題の看護師の働き方」について紹介します。

この記事を書いているのは現役ナースの「みも」です。

新人看護師さんや看護学生さんの
考える・見直す・はじめる、そんなきっかけになればと思い当ブログを運営しています。

最終目標は、あなたのQOLを爆上げすること。

もっと私のプロフィールが詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

/こんな記事も書いてほしいなどのリクエストもあると嬉しいです。\

看護師はカスタマイズし放題ってどういうこと?

冒頭でも言いましたが、
看護師は働き方をカスタマイズできる唯一の職業です。

会社員ではカスタマイズはできません。

例えば、営業職を希望する場合。

「外回りは嫌!」なんて言えば、「何言ってるの?」と冷たく言われるでしょう。

ところが、看護師の場合は違います。

「看護記録や看護計画を書くのが苦手」「排泄物や痰の処理がいや」「療養上のお世話がどうも苦痛」という場合でも大丈夫。

苦手だったり、いやな業務がない職場を選べばいいだけです。

というのも、
看護師資格で働けるのは病院だけではなく、クリニックや外来、美容系、施設、企業、保育園…などいろんな職場があります。

苦手なことは省いて、好きなことができる。

看護師だからこそ、働き方をカスタマイズできるってワケです。

 

自分好みにカスタマイズできる知識を身につけよう

しかし、カスタマイズをするには知識が必要です。

自分好みにチョイスするには、どんな職場、働き方があるのか詳しく知らないと選べません。

例えば、「看護記録や看護計画や書くのが苦手」という場合。

一般的に考えたら、病棟以外ならOKと思うでしょう。

でも実際は、グループホームや訪問看護、保育園でも看護記録のようなものがあります。

看護記録がないと思って入職したらガッカリですよね。

情報を網羅しているからこそ、候補にすることもできるし、反対に外すこともできるのです。

では、次のような場合はどうでしょう。

「今のところよりもう少しゆっくり働きたい」という場合。

相当な知識はもちろん、現状の把握ができていないとカスタマイズすることができません。

3〜4回の転職経験者でもカスタマイズすることは難しく、はじめて転職する看護師はかなりハードルが高いでしょう。

どんな職場があるのか、知見を広げていくということも大事。

ただ、時間がかかってしまうし、ひとりで全部を把握することは難しいでしょう。

ですので、てっとり早くプロの力を借りることをオススメします。

 

プロの力を借りてカスタマイズし放題!

私がいう「プロの力」とは、看護師転職サイトのこと。

人気の看護師転職サイトを使えば、カスタマイズし放題になります。

例えば、看護roo!を使った場合。

年間2万人の看護師が利用する人気の看護師転職サイトです。

ちなみに、私がいま働いている職場へ転職する際、利用したのが看護roo!

入職してから2〜3ヶ月ぐらいまで「どうですか?」「困っていることありませんか?」という連絡がありました。

こんな風に入職後のフォローもちゃんとしてくれるので、もし万が一ギャップがあっても相談することが可能。

実は、このフォローがあるかないかって大きいんです。

求人を紹介して内定もらって、ハイさよなら〜!という看護師転職サイトもありますが、それだとカスタマイズし放題とは程遠いでしょう。

というのも、
入職後のフォローをしないと、提案した求人が本当によかったのか検証できないからです。

1年目ナースの「振り返り」が大事なのと同じ。

振り返りができる看護師は成長が早いし、反対に振り返りしない看護師は成長が遅いですよね。

やりっぱなしでは、そもそも正解だったのか、間違いだったのかがわかりません。

本当はマズイことになっているのに、気づかないままだけなんてことも。

だから、検証することが大切なんです。

入職後にちゃんとフォローをすることで求人提案の検証できるので、どんどん提案力があがるのです。

つまり、
人気の看護師転職サイトを使えば、知識も豊富だし、提案力も高いので、カスタマイズし放題になるってワケ!

 

看護師は、働き方をカスタマイズできる唯一の職業!

会社員と違って、看護師は働き方をカスタマイズできる唯一の職業です。

ただ、自由度を上げて選択したり、自分のスキルに適した職場を見つけるには、どんな職場があるのか、という知識が必要になります。

今から知見を広げたり、全部を自分一人で把握することは、医学書院の解剖生理学の教科書を全ページを丸暗記するくらい難しいので、「プロの力」を上手に活用しましょう。

ABOUT ME
みも
二児のママナース。 【経歴】看護学校卒業後、病棟看護師(内分泌内科&眼科)、眼科クリニック、呼吸器内科クリニックを経て、現在は健診クリニックで働く。副業で夜勤バイト、消化器内科クリニック、小児科クリニックの経験もあり。 ただいま、QOLを高めるために「お金」の猛勉強です!