看護師資格を活かせる職場

やっぱり大変?「保育園看護師」で働くメリット&デメリット

こんにちは、みもです。

悩む看護師
悩む看護師

保育園看護師ってどうなんだろう…?

興味あるんだけどな〜。

と悩んでいませんか?

そこでこの記事では、保育園看護師で働くメリット&デメリットを紹介しようと思います。

転職するか検討する際にぜひ役立ててくださいね。

保育園看護師って何するの?

悩む看護師
悩む看護師

今小児科に働いていて活かせる職場で「保育園看護師」に興味があるんだけど、何するんだろう…?

という方も多いことでしょう。

まずは保育園看護師の仕事内容をざっくり解説していこうと思います。

保育園で働く看護師の仕事は主に2つ!

  • 園児の健康管理
  • 保育士の補助

園児が保育園で健康に安全に過ごせるように管理するのが看護師の役割です。

園児の変化に気を配ったり、部屋や廊下、トイレ、手洗い場の衛生状態がキープ出来ているか、メンタル状態…など毎日チェックします。

また、ケガや病気をした園児の対応や病院の同行、健康診断、歯科検診のサポート、保健指導も。

ただ、基本的には保育士のサポートになります。

先輩ナース
先輩ナース

と言われてもイメージがつきにくいので、1日のスケジュールを見てみましょう。

保育園看護師の1日のスケジュール

8:30 出勤・ミーティング
8:40 バイタルチェック(体温)
9:30 保育(オムツ交換、授乳、外遊び)
11:30 昼食(与薬、昼休憩中に休憩)
13:30 書類作成、連絡帳記入
15:00 おやつ
17:30 保護者のお迎え時の対応、翌日の準備
先輩ナース
先輩ナース

ざっくりはこんな感じです。

 

保育園看護師で働くメリット&デメリット

仕事内容はざっくり理解できましたよね。

ここからは保育園看護師で働くメリット&デメリットを解説していこうと思います。

というのも…

「無類の子供好き」「将来子育てするときに役立ちそう」「小児科で働いたスキルを活かせそう…」という理由で転職すれば100%辞めたいと思うことになるでしょう。

デメリットよりもメリットの方が大きいと感じたときだけ保育園看護師に転職したほうが◎。

そんな訳でメリット&デメリットを見ていきましょう。

保育園看護師のデメリット

保育園看護師のデメリットは以下の通り↓

  • マニュアルがない
  • 頼れる人がいない
  • スキルを発揮できるシーンが少ない
  • 暑い&日焼けする
  • 保護者との関わりが難しい

2009年に「保育所保育指針」が改定されたことで看護師のニーズが高まり、看護師が常駐する保育園が増えています。

そのためマニュアルがない園も多いです。

看護師は1人しかいないので質問や相談できないことがほとんど。

保育士や園長などに聞いても、保育園看護師の前例がなくて分からないことも多く何をしたらいいのか途方にくれる人も少なくありません。

また、小児科経験を活かそうと思っても、仕事内容をみて分かったように発揮できるシーンは少ないです。

ほぼ保育業務となるの「このままでいいのか…?」と悩む人も多いですね。

そして、暑い&日焼けも保育園業務では欠かせません。

外遊びや散歩、イベント…等など。

さらに、保護者との関わりは入院患者よりもとても難しいです。

先輩ナース
先輩ナース

保育園看護師って大変そう…と思ったかもしれませんが、良いこともありますよ。

保育園看護師で働くメリット

保育園看護師で働くメリットは以下の通りです↓

  • 夜勤がなく日勤のみ
  • 土日休み
  • ほぼ残業がない
  • 針などを扱わないので自分の身に危険が起きにくい
  • 子供と触れ合える

夜勤がなく規則正しい生活ができるのが大きいですね。

また、病棟にいたときのように針などを扱わないので自分の身に危険が起きにくいのも◎。

そして、何よりも子供と触れ合える職場です。

子どもたちの純粋無垢な笑顔は、病棟の人間関係に疲れた人にはピッタリ!

 

まとめ

保育園看護師は大変と聞きますが、やりがいはとてもある仕事です。

保育園看護師に向いている人は…

  • 体力がある人
  • 子供が好きな人
  • 給料よりもワークバランスを重視したい人

これに該当する人は保育園看護師へ転職してもいいと思います。

保育園へ転職するコツ!

厚生労働省はできる限り保育園に看護師を配置するように定めていることから、保育園ナースの求人が増えています。

しかし、残念ながら求人の枠は1名。

そのためレアな求人と思う人も多いですが、効率よく探す方法があります。

転職サイト+ハローワークで探す方法です。

この2つを組み合わせることで…

  • 好条件で応募が殺到する非公開の保育園求人
  • コストをかけれない保育園の求人

両方を網羅することができちゃいます!

保育園ナースは求人枠が少ないからこそ転職成功させるには通勤可能な範囲の求人をできるだけ多く見つけること。

ここがめちゃくちゃ重要です。

だから、転職サイトはできる限り、信頼できる大手を3社ほど登録しましょう。

というのも、求人を掲載する転職サイトを限定していることがあるからです。

保育園求人を効率よく探すには、3社ほど転職サイトに登録+ハローワークで探すのがポイント!

【保育園看護師の求人探しにおすすめ転職サイト】

看護roo!今登録すれば転職ガイドブックをゲット!

看護のお仕事24時間電話相談OK

マイナビ看護師スピーディーに転職できる!

病棟に疲れた看護師へ|命に関わらない仕事7選【現実可能なものだけ】 命に直結していて常にミスしたらいけないプレッシャーと不安に押しつぶされそう… 看護師3年目だけど急変対応ほとんどやったない...