知らないと損すること

看護師のニート期間は、1年以内にしたほうがいい【3つの理由】

頑張って働いていたあなたがニートになるのは大賛成!

と言えるのは、私にはほんの少しニート期間あります。

ガッツリ1年ではなく、わずか1ヶ月ほどでしたが本当に充実

今までになく、幸せな毎日でした。

寝る前に明日の仕事のことを考えなくてもいい。

朝起きるときに仕事のことを考えなくていい。

日中、仕事のことを考えなくていい。

看護師をしていたら、こんな時間はないですよね。

まとまって休める日もないし、もし休めても休み明けのことを考えるだけで憂鬱…。

だから、看護師は心から自由になるためにはニート期間が必要なんです。

ニートになるのは賛成ですが、期間は1年以内にした方が◎

その理由について、この記事で詳しく説明していきます。

またニート生活をする上での注意点、ポイントも踏まえて紹介します。

新人看護師が辞めたあと「幸せ」になるたった1つの方法【ニートでは無理】 こういった疑問にお答えしていきます。 ✓この記事の内容 新人看護師が辞めたあと、幸せになる「たった1つの方法」は...

/新人看護師さんはぜひ読んで〜♪\

【超重要です!】看護師のニート期間は1年以内がいい3つの理由

看護師のニート期間は1年以内にした方がいい理由は次の3つです。

3つの理由
  • お金の問題
  • 再就職しやすい期間
  • 看護ケア、医療の進歩

お金の問題

やっぱりニートで一番困るのはお金の問題です。

冒頭で1ヶ月間のニート生活の話をしましたが…

実は看護師3年目のとき2週間のニート期間があります。

初めての転職で失敗した結果、ニートになりました。

つまり予期せぬニート期間

正直、退職金も3万円くらいで貯金もあまりなく、ニート生活を楽しむことはできませんでした

お金のために就職活動をするけど、節約する毎日。

ニートを楽しみたいなら、最低限の貯金は必要と痛感した出来事です。

面接で空白期間を聞かれる

ニート期間が長いと面接で…

「空白の期間は何をしていたのか?」や「何で就職しなかったのか?」

と質問されます。

こればっかりは聞かれるかは面接官次第です。

ニートになる=『働きたくないのかな?』『ずっと怠けていたのかな?』というのが面接官の印象

それが1年以内であればスルーされることもあります。

正直に答えるのが大事ですが、あまり答えたくない部分ですよね。

だから、看護師のニート期間は1年以内が◎。

看護ケア、医療の進歩

私のニート期間の最大は1ヶ月。

だから、その時は全く感じませんでしたが、産休明けの復帰したときに今までのやり方が変わっていました。

その期間は1年です。

毎日仕事をしていたら普通ですが、一切仕事をせずに復帰すると…

「あれ…こうも違うのか…」と驚くこともいっぱいです。

今までのやり方と違うと慣れるのに時間もかかります。

医療や看護ケアが進歩すると、

「私ってこんなにも出来ないんだ…。」と自信がなくなったので復帰するなら1年以内がおすすめです。

 

【注目】教えて!失業保険&確定申告はどうなの?地味に保険証問題もあるよ。

失業保険はすぐには貰えない!出るのは3ヶ月後

貯金を貯めてニートになっても、貰えるものはもらっておきたいですよね。

それが失業保険です。

ただし、失業保険をあてにするのはやめたほうが◎。

なぜなら、失業手当が出るのは3ヶ月後

1年〜5年働いた人の支給期間は90日です。

ちなみに支給額は、退職前の6ヶ月の給料の総額と退職時の年齢が基準。

支給額=基本手当の日額×所定給付日数

また、受給するには条件があります。

失業保険がもらう条件

✓就職する意思がある

✓転職活動を行っている

✓離職前の2年間に雇用保険に通算12ヶ月以上加入している

みも
みも

『離職前の2年間に雇用保険に通算12ヶ月以上加入している』ということは、

もしかして新卒で入って1年未満で退職する場合は失業保険は貰えないってこと?

基本的にはもらえません。

病院が倒産したり、解雇を言い渡された…などの病院都合による退職は、通算6ヶ月以上の加入していれば受給資格が得られます。

でも、自己都合の場合は、貰えないので注意!

ニートでも確定申告が必要?

ニートしている年の1月1日〜12月31日までの1年間、ほかに所得がないなら確定申告する必要はありません。

ただし、収入がゼロでも確定深刻すれば国民健康保険の料金が安くなるので申告した方が◎。

とはいえ、おそらく収入ゼロの人はこの記事を読んでいないはず

どちらかというと働いていた期間があるという人が多いですよね。

そういう場合は、確定申告の必要があります。

所得税の源泉徴収は、おおよその見込みの金額で計算。

課税対象となる所得が少なくなり、源泉所得税が戻ってくることがほとんど

確定申告しないのは損しかないので、途中で退職して12月31日時点でニートの場合は確定申告するのをオススメします。

地味だけど、保険証問題もあります。

退職と同時に保険証も返却。

返却する=保険証なしです。

じゃあ、返却しなければいいじゃん!と思いますが、退職日の翌日以降に、もし保険証を使った場合、医療費などの返還しなくてはなりません。

もし自費で払うのがイヤな場合は、

  • 国民健康保険に切り替える
  • 社会保険任意継続の手続きをする

2つの方法があります。

どちらもお金が必要になるので、地味に痛い出費です。

 

ニート期間があっても看護師なら復帰は簡単!

ニート期間が長いと「再就職は難しいかも…」と不安になりますよね。

看護師免許があれば、そんな心配は不要!

看護業界はどこも人手不足です。

1年ほどニートをして就職した看護師の友人がいます。

面接でニートのことは聞かれず、ほぼ希望通りの病院に再就職。(しかも一発採用です)

看護師は国家資格なので、こういうときは役立ちますね。

もし復帰にあたり心配なら、週3〜4日で働けるアルバイトやパートという選択肢もあります。

自信をつけてから正社員に戻っても◎。

看護師の場合は、自分の働き方にあった職場が選べまるのも魅力ですね。

 

【おさらい】看護師のニート期間は、1年以内がベスト

看護師がゆっくり休みたいと思ったとき、ニートになるしか方法がありません。

だから、看護師からニートになるのは大賛成です。

ただし…看護師のニート期間は1年以内にした方が◎

その理由は次の通りです↓

3つの理由
  • お金の問題
  • 再就職しやすい期間
  • 看護ケア、医療の進歩

ニート期間は、ただ家にこもるのは勿体ないですよね。

せっかくのニート期間です。

楽しまないと損!

楽しむにはそれなりのお金が必要です。

貯金のことや再就職、復帰後のことを考えると1年以内にした方がいいですね。

いわゆる大人の夏休み的なくくりでニートになるのがオススメです。

この夏休み期間を楽しむために、失業手当をもらっておきましょう。

失業手当が貰える条件は先ほど言った通り3つの条件があります。

失業保険がもらう条件

✓就職する意思がある

✓転職活動を行っている

✓離職前の2年間に雇用保険に通算12ヶ月以上加入している

失業認定のためには月2回の求職活動が必要になります。

毎月2回ハローワークに出向いて、求人を探すフリは暇であっても面倒くさいです。

そこで退職と同時に転職サイトに登録だけしておくのがオススメ

すぐに働く気がなくても、「そろそろ働こうかな…」と思った時に使えるので、転職サイトの登録はムダではありませんよ。

転職サイトの登録は無料です。

失業保険をもらうためにも就職する意思、求職活動をしているアピールになる転職サイトに登録は必須ですね。

\実際に使った結果。9社の中から厳選したよー/

看護師に戻りたくないときは…

看護師資格は国家資格。

だから、使わないと損というイメージがありますが…

体力的、精神的にしんどい仕事です。

あえて復帰しないという方法もありだと私は思います。

いま仲のいい後輩が過去に看護師以外の仕事をしていました。

スタバで働いたり、ヤマトの冷蔵庫に荷物を入れる仕事、USJで働く、かばんを売ったり、看護師の仕事から離れた期間は1年半です。

今はまた看護師に戻ってきましたが、その期間のおかげと言っていました。

戻りたくないならムリに戻る必要はなし

看護師から離れたからと戻れないこともありません。

他の職業を経験したことで看護師の世界が魅力に見える部分も出てきます。

一番大切なことは自分がHAPPYな働き方をすることです。

一度きりの人生。働くのは楽しむためですよね。

思いっきり楽しむために毎日を過ごしましょう♪

看護師を辞めたい時の正当な理由なんてない!自分の気持ちが大事だよ「看護師を辞めたい…」と思ったことは、1度や2度どころか数十回、いや毎日思うこともありますよね。 看護師が辞めたい理由は… ...