新人看護師が困っていること

新人看護師が「つらい」と感じたら実践したいこと!【視点を変えよう】

悩む看護師
悩む看護師

自分なりに勉強していても病棟の早い展開や患者さんの変化についていけず毎日つらい…。

悩む看護師
悩む看護師

もっと積極的になってどうしたいのか先輩たちにアピールしないといけないのは分かるけど、うまくできない…。

悩む看護師
悩む看護師

頑張りたいとは思うけど、気持ちがついていけない…。

というような悩みを抱え込み、一人で辛い思いをしていませんか?

そんなときは無理して頑張ろうとせずに「なぜ仕事を頑張れないのか?」と自分の気持ちをじっくりと見つめ直してみましょう。

もしかしたら「頑張れない」のではなく、「頑張りすぎて疲れてしまっている」ことが原因かもしれません。

そこでこの記事では、仕事を頑張れない理由とその対処法について解説していこうと思います。

「仕事を頑張りすぎないコツ」も紹介するので、問題が解決できるように様々なアプローチをしてみてくださいね。

新人看護師が仕事を頑張れない原因とその対策方法

  • 知識と経験不足で怒られてつらい
  • 不規則な勤務に対応できなくてつらい
  • 人間関係が上手くいかなくて、どう対処していいのか分からない
  • 家と病院の往復ばかりでプライベートがない
  • 辞めたあとのことを考えると不安になる

…など、新人看護師が感じる「つらさ」は人によって様々です。

先輩ナース
先輩ナース

まずは「どうして仕事を頑張れないのか」を自分とじっくり向き合って考えてみましょう。

仕事が頑張れない理由として、主に次の3つが考えられます。

  • 仕事にやりがいがない
  • 仕事が終わらない
  • そもそも気力がない
先輩ナース
先輩ナース

仕事を頑張れない理由について詳しく解説していきますね。

無理に仕事にやりがいを見つけなくていい

仕事にやりがいを感じている新人看護師は少ないはずです。

というのも、「仕事のやりがい」とは、社会と本人の関係の中で生まれるものだと思っています。

自分の仕事の成果が患者にどう生かされ、どんな評価を得られるのか。

それによって自分は何を得られて、自分の将来にどう繋がっていくのか。

このストーリーに対して自分なりに満足感が得られている状態が「やりがいがある」ということだと考えます。

新人の間は、知識も技術も未熟です。

さらに先輩との良い人間関係を築くのに苦戦している人も多く、やりがいを感じるのは難しいでしょう。

やりがいがあったほうが仕事へのモチベーションが上がりますが、無理に見つけようと焦る必要はありません

なぜなら、積極的な行動が必要だからです。

見つけようと必死になったところで…

与えられた仕事に対して自分なりに課題を立て、業務の改善や効率化のための工夫にチャレンジする。

そんな意欲を出すことは今はとても難しいはずです。

知識や技術、仕事の流れが分かれば徐々にできてくるので、急いでする必要はないと思います。

仕事が終わらない原因は上司のマネジメント能力不足かも

看護師の場合、予定している業務以外に「予期せぬ業務」がありますよね。

予期せぬ業務のひとつに、ナースコールの対応があります。

この対応を新人にさせる病院も多いです。

もちろん手があいていれば対応していいと思いますが、処置やケアの準備や報告しようと詰め所にいるときにナースコールが鳴ったら…。

詰め所には雑談している先輩がいたとしても、下っ端である自分が対応しなくてはならないのです。

次から次へと仕事が舞い込んでくる状態が続いてしまうと、仕事に対する意欲や頑張る気力を失ってしまうことも珍しくありません

ナースコールの対応に追われて、本来の業務に支障が出て残業が続いているなら、まずは上司やプリに相談することが大切です。

悩む看護師
悩む看護師

仕事ができないやつ…だと思われそうだから、相談するのは少しハードル高いかも…。

先輩ナース
先輩ナース

確かに言いにくいけど、正直に事実を話した方が仕事量を減らせるだけでなく、上司のマネジメント能力の向上にも繋がります。

上司や先輩たちが常にあなたを監視しているわけではなく、自分の仕事をしながらの指導です。

見えていない部分もあれば、言わないと分からないこともあります。

困ったときは一人で抱え込まずに、上司以外でもいいのでまずは周囲に相談してみることが大切です。

やる気がでないのはうつ状態のせいかも…

先輩の期待に応えたい、同期に負けたくない…など、強いストレスが原因で仕事が頑張れないケースもあります。

体力的にも精神的にも限界を感じていて、仕事をする気力が全く起きない状態が続くと最悪「うつ状態」にまで深刻化してしまうことも…。

以下の症状が2〜3つあれば、できるだけ早く精神科または診療科を受診しましょう。

からだの症状 こころの症状
  • 疲労感
  • カラダの重み、痛み
  • 食欲がなくなる
  • 眠いのに寝れない
  • 動悸、息苦しさ
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 不安や焦り
  • 消えてしまいたい
  • 意欲の低下
  • めんどくさい
  • 自分を責める
  • 会話や本の内容が入ってこない
  • 抑うつ気分
  • 興味や喜びの消失
先輩ナース
先輩ナース

もしも「うつ」と診断された場合、すでに追い込まれた状態です。

それでも「仕事に行かなきゃ…」と自分にカツを入れるのはかなり危険なのでやめてください。

仕事に行きたくない!憂鬱な毎朝から脱却する3つの対処方法目を覚ました瞬間、 と思ったことありませんか? 仕事に行きたくない気持ちを感じながら生活するのは、毎日が憂鬱で気だる...

 

仕事を頑張りすぎてしまう看護師へ|仕事でうまく力を抜くコツ3つ

「仕事を頑張れない」と感じる大半の人は、必要以上に頑張りすぎているのかもしれません。

そもそも仕事を毎日全力で頑張り続ける必要はないのです。

といっても新人看護師の場合、全力で挑んでいなければ「やる気がない」「責任感がない」などと言われることも。

しかし、毎日無理して走り続けるといつかは身も心もボロボロになってしまい、仕事を続けること自体が難しくなってしまいます

頑張りすぎてしまう人が少しでも楽できるように「頑張りすぎないコツ」について紹介していきますね。

コツ①一人でやろうとしない

優しくて真面目な人ほど「自分の仕事を先輩に押し付けては申し訳ない」と思って、何でも自分ひとりでやろうとしてしまいます。

看護は個人プレーではなくチーム制です。

みんなで協力し合うことで効率よく仕事を進めることができるので、一人で抱え込まずに思い切って先輩や同僚に声を掛けましょう

先輩ナース
先輩ナース

無理して自分一人でやろうとすれば、重大なミスを起こして周りに迷惑をかけてしまう恐れがあります

もし先輩が忙しそうなら「お忙しいところすみませんが…」とクッション言葉を使えば声を掛けやすくなるし、嫌な顔もされることもないはずです。

コツ②自分を責めない

頑張りすぎてしまう人は、自分を否定して努力をし続ける傾向にあります。

仕事はエンドレスです。

日頃から自分を責め続ければ、常にストレスを感じ続けることになります。

余暇時間でも仕事のことを考えてしまい、体は休まるどころかどんどん疲労が溜まってしまいます

ですから、何でも自分のせいにしないようにしましょう。

たとえ仕事でミスしても、何か他の要素があってミスした可能性もあります。

自分の責任だけであることは少ないので、一人で問題抱え込むのはやめましょう。

コツ③プライベートを充実させる

新人の間はとくに、仕事が終わって家に帰ってからも、休みの日も仕事について考えてしまいますよね。

社会人にとって仕事のオンオフを切り替えることはとても大切です。

充実したプライベートの過ごし方【一例】

  • マッサージに行く
  • 観葉植物や盆栽を育てる
  • 恋人にギュッとハグしてもらう
  • アニメやドラマ、映画を観る
  • You Tubeでねこ動画をみる

…など。

これらは、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」の分泌が増える趣味です。

ストレスが軽減したり、穏やかな気持ちになり、リフレッシュすることができますよ。

 

まとめ

仕事を頑張れないと感じたら、まずは頑張れない理由を考えて、どのように対策できるのか自分自身と向き合って考えることが大切です。

自分で解決できそうなら当記事で紹介した「仕事を頑張りすぎないコツ」をぜひ参考にしてください。

また、職場環境が原因の場合は、「改善の余地はないか?」一度上司や先輩に相談してみましょう。

もし上司が相談に乗ってくれない、今後も労働環境が改善しないようなら、思い切って転職を考えてみるのもひとつの手です。

【初めて転職する看護師へ】転職サイトランキングおすすめベスト3 看護師の転職サイトってたくさんあり過ぎて、どれがいいのか分からない… 看護師転職サイトでおすすめはどれ? 本当に良か...
【解決策】看護師1年目が「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!こんにちは、みもです。 こんな風に「仕事を辞めたい…」と思いつつ働いている1年目は少なくありません。 ...