看護師の身だしなみ

看護師はピアスをしてもいい?【一発でピアスOKな病院か分かる方法】

悩む看護師
悩む看護師

看護師って、仕事中にピアスをしてもいいのかな?

もしピアスする場合、気をつけることがあるなら知っておきたい。

あと、ドラマ「ナースのお仕事」みたいに仕事中にピアスをつけて働ける病院の選び方も教えてほしい。

こういった疑問にお答えしていきます。

✓この記事の内容

看護師はピアスをして仕事をしてもいい?【OKな職場も多いけど、NGな職場もある】

仕事中に看護師がピアスをつけるときの注意点3つ【これで安心】

ピアスOKな病院か一発で分かる方法【病院見学で現役看護師をチェックするだけ】

✓この記事の信頼性


みも(@Nurse3Info

この記事を書いている私は、看護師14年目の現役ナースです。

看護学生1年生になる前にピアスを開けました。

今回は、看護師が仕事中にピアスをしてもいい病院の選び方を紹介します。

仕事中もピアスOKな職場もあれば、透明ピアスでさえ禁止している職場もあります。

求人情報をみただけで、ピアスOKかどうか…は見極めることはできません。

しかし、看護師でもオシャレをしたいと思っているあなたが、もしピアスNGな病院を選んでしまったら…。

最後まで読めば、看護師でもピアスOKな職場で働くことができますよ。

看護師はピアスをして仕事をしてもいい?【OKな職場も多いけど、NGな職場もある】

結論から言うと、OKな職場も多いけど、NGな職場もあります

透明ピアスであっても認めないという病院も少なくありません。

そのNGな職場の理由が、業務に不必要ということだけでなく、次の3つの理由も挙げられます

  • 清潔感に欠ける
  • ピアスが原因の医療事故の危険がある
  • 院内感染を引き起こす可能性がある

清潔感に欠ける

看護師の身だしなみのポイントは清潔感です。

ピアスは仕事中には必要ないものなので、付けているだけでマイナスイメージに思われることも少なくありません。

特に、年配の患者さんは、茶髪やピアス、派手メイクをしている看護師は、不信感を抱きやすいです。

いろんな世代を対応する看護師なので、清潔感はすっごく大事!

ピアスが原因の医療事故の危険がある

看護師は、体位変換、シャワー&入浴介助など患者と密接するシチュエーションが多いです。

密接したときに、患者さんの服にピアスが引っかかったり、ピアスが皮膚にあたり怪我させることも。

また、ピアスを仕事中に落とすことも医療事故の危険があります。

院内感染を引き起こす可能性がある

2017年 科研費の研究結果報告書によると、ピアス(穴)を通して、院内感染リスクが高まると報告しています。

この研究は、ある大学病院の看護師200名を対象したもの。

ピアスを開けている人は128名で、ピアスを開けていない人は72名です。

ピアスを開けている128人中72名から、ピアス孔および手指に黄色ブドウ球菌が定着。

一方、ピアスを開けていない人72人中7名だけ。

ピアスの穴は手指を介した院内感染の原因となる可能性が高いことが挙げられます。

しかし、対象者数が少ないこと、ピアスを開けていない人からも発見されているので、ピアスが原因で院内感染を引き起こしたかは断定できません。

とはいえ、

やっぱり看護師はピアスを付けないほうがよさそう…。

と思ってしまいますよね。

でも、そんなコトはありません

実際にピアスを禁止しているのは一部の病院だけ。仕事中もOKな職場も多いです。

私は新人(病棟)のときから、ピアスを付けて仕事をしています。

ただし、ピアスをつける場合気をつけた方がいいことがあって、注意点3つに関しては次の項目で詳しく解説するよ!

 

仕事中に看護師がピアスをつけるときの注意点3つ【これで安心】

では、ここからは、看護師が仕事中にピアスをつける場合の注意点です。

気をつけることは次の3つ

  • ピアスのデザインは小さくて派手じゃないもの
  • キャッチはしっかりとまるもの
  • 顔周りを触らない、手洗いを徹底する

ピアスのデザインは小さくて派手じゃないもの

仕事中につけるピアスなので、ぶら下がるデザインはNG

あと複数のピアスをつけるのもダラシなく(チャラく)見えます。(※清楚感からほど遠く見える)

目立たないシンプルなデザインのピアス(1つ)であれば可としている病院も多いです。

キャッチはしっかりとまるもの

キャッチがゆるいと仕事中に紛失する可能性が高いです。

例えば、聴診器を使ったとき、ピアスが引っかかりやすいので要注意

他にも清拭やシャワー、入浴介助で、患者さんと蜜に接したときもキャッチがゆるいと取れる可能性が高いです。

大事なピアスを紛失させるだけでなく、紛失したピアスが原因で患者さんに害を起こすようなことがあれば、インシデントになります。

しっかりと留まるキャッチで定評あるのはこれ↓


GUILLYS JAPAN ピアスキャッチ30個(15ペア)

大型タイプシリコン+ダブルロックで、聴診器が引っかかっても絶対の安心感があるピアスキャッチ

取れない安心感をぜひ体感して下さいね。

顔周りを触らない、手洗いを徹底する

ピアスが院内感染に直接影響しているとは断定できませんが、ムシできる結果でもありません。

仕事中は顔周りを触らないのはもちろん、どんなに忙しくても一処置一手洗いは必ずしましょう。

ピアスをつけるときの注意点も分かったし、あとはピアスOKな病院を選べばいいだけ

でも、ピアスがOKかどうか、求人情報をみても分かりません。

結局、入職しないと分からなんだろうか…と諦めなくても大丈夫。

ピアスOKな職場かどうか一発で分かる方法があります。

 

ピアスOKな職場かどうか一発で分かる方法【病院見学で現役看護師をチェック】

求人情報をみても、基本的にピアスがOKかどうかは分かりません。

入ってみないと分からない部分が大きいですが、一発で分かる方法があります。

それが病院見学です。

病院見学へ行ったときに、看護師さんの服装&身だしなみをチェックしましょう。

ピアスの有無だけでなく、髪色、メイク、爪なども一緒にみておくのが◎。

髪を染めている人が少ない場合は、身だしなみに厳しい病院の可能性も高いです。

どんなに評判の病院でも、オシャレに気を使うあなたにはストレスとなるので、避けたほうがいいでしょう。

\オシャレが大好きなあなたへ/

 

【まとめ】

看護師でも仕事中にピアスを付けたいなら、ピアスOKな病院を選びましょう。

しかし、求人情報をみても判断できません。

そんなときに一発でピアスOKな職場かどうか見極める方法があります。

その方法が、病院見学です。

実際に働いている看護師さんの身だしなみをチェックすれば◎。

ピアスOKな職場なら、少なくとも一人や二人ピアスをしています。

どんなデザインを付けているかだけでなく、髪色やメイクも合わせて確認しておくといいですね。

というのも身だしなみがどれくらいまでなら許されているのかが、現役ナースを見れば何となく分かりますよ。

看護師であってもオシャレは欠かせないと考えるあなたにとって、身だしなみは二の次…という病院であれば息苦しさは覚えるもの。

全部の病院がそういう訳ではありません。

そこの病院しかできないコトがある!というときの除いては、身だしなみのゆるい病院で働いた方が伸び伸びとあなたらしく働くことができるはず。

病院見学の段取りは転職サイトでスマートにしよう

自分で病院見学の段取りをするのは正直めんどくさいです。

そんなときは転職サイトを使いましょう。

日程調整はもちろん、見るポイント、病院の内情も確認できるので、ピアス問題だけでなく、働きやすさも合わせてチェックできるのは◎。

億劫に感じることは、全て転職サイトの担当者さんにお任せできるので、あなたのストレスは減ります

また、あなたの条件に合う病院だった場合は、そのまま面接の段取りもお願いすればOK。

面接までに、好印象な履歴書の書き方や面接の突破方法などプロのアドバイスが受けれるのも強みです。

転職活動で失敗したくないなら、転職サイトは欠かせません。

どの転職サイトを選べばいいのか分からない人はコチラの記事を参考に選んでみて↓

【初めて転職する看護師へ】転職サイトランキングおすすめベスト3 看護師の転職サイトってたくさんあり過ぎて、どれがいいのか分からない… 看護師転職サイトでおすすめはどれ? 本当に良か...