看護師の悩み

先輩が仕事を教えない理由は8つ!教えてくれないときの対処法

悩む看護師
悩む看護師

仕事を教えてもらえない…。

転職や部署異動などで職場が変わったとき、先輩が仕事を教えてくれないと困りますよね。

そこでこの記事では、「先輩が仕事を教えない理由」と「教えてくれないときの対処法」を詳しく解説していこうと思います。

先輩が仕事を教えてくれない理由

看護師の場合、転職や異動で新しい職場にきたばかりなのに、仕事を教えてもらえないケースが多々あります。

それはなぜなのでしょうか。

先輩が仕事を教えてくれない理由は主に次の8つです。

  1. 人手不足で教える時間がない
  2. マニュアルがない
  3. 教えるのは自分の仕事じゃないと思っている
  4. 知っていて当然のことだと思っている
  5. 教え方が分からない
  6. 自分がやったほうが早いと思っている
  7. 仕事は自分で学ぶものと思っている
  8. 教えてもらう側の姿勢が気に入らない
先輩ナース
先輩ナース

それぞれ詳しく見ていきましょう!

理由①人手不足で教える時間がない

どの職場も人数がギリギリです。

多忙すぎるあまりに教えたくても「教える時間が取れない」可能性もあります

マニュアルを渡されるだけでほったらかし状態にされることも…。

先輩ナース
先輩ナース

というのも、少しでも看護師として経験があれば「即戦力」とみなされてしまうのです。

同じ看護業務でも職場が変わればやり方が違うこともあるし、物品の位置が分からず困ることのほうが多いです。

それなのに「できるでしょ」みたいに扱われてしまうんですよね…。

理由②マニュアルがない

そもそも中途採用者が多い中小病院ではマニュアルがないこともあります。

悩む看護師
悩む看護師

このやり方の手順を教えてほしいんですが…

とお願いしたところで、マニュアルがないので「前の病院ではやってたんでしょ?」と言われたりして教えてもらえません。

理由③教えるのは自分の仕事じゃないと思っている

「いま忙しい。他の人に聞いて」と全然仕事を教えてくれない。

結局、誰に聞いたらいいの?と途方にくれることもありますよね。

中途採用で入った場合、一般的に指導者はつきません。

先ほども述べた通り、人手不足や即戦力採用が理由なんですが、とはいえ慣れない職場では誰かフォロー役が必要です。

その都度フォローすれば済む話ですが、それもしてくれません。

なぜなら、教えることが自分の仕事ではないと思っているからです。

先輩ナース
先輩ナース

人に教えることは業務外と考えていて、困っていることに気づいていても「私の仕事ではない」と開き直ってしまう人も…。

理由④知っていて当然のことだと思っている

転職や異動してはじめて「あれって独自ルールだったんだ〜」と気づくことがあります。

ですが、ずーっと同じ職場で働いているときは案外「知っていて当然のこと」という認識なんです。

素直に聞いてみれば「じゃあ、説明しますね」で解決することも。

ただし、思い込みが激しい人に聞いてしまうと、「何でそんなのも知らないの〜?」と嫌味や皮肉を言ってくることもあります。

先輩ナース
先輩ナース

次からはこの人には聞かない…と思ってその場はスルーしましょう。

【対処法】嫌味を言う先輩に、イヤな気分にさせずに黙らす方法 という嫌味を先輩から言われたことがある人も多いことでしょう。 嫌味しか言えない先輩には、顔面にパイ投げを投...

理由⑤教え方が分からない

人に教えるって本当に難しいこと。

仕事ができる先輩であっても、教えるのが下手な人もいます。

そもそも自分が困ったことがないことが原因です。

さらに相手の立場が考えれないと何から教えていいのかも分かりません

理由⑥自分がやったほうが早いと思っている

忙しい職場に多いのが、自分がやった方が早いからと新人に教えずに自分でやってしまう先輩です。

仕事を教えるのも仕事のうちだし、どこかのタイミングで教えないと一向にできるようになりません。

先輩ナース
先輩ナース

自分は仕事ができると思ってる、自己評価が非常に高い先輩に多いですね。

人に仕事を任せることは、新人だけでなく先輩にとっても大事なことなんですが…。

理由⑦仕事は自分で学ぶものと思っている

「仕事は教えてもらうもんじゃない。見て覚えるもの。」

口に出さなくてもこう思っている先輩は一定数います。

あくまでも見て覚えるは+αな部分であって、基本的なことはまず説明すべきです。

先輩ナース
先輩ナース

とくに看護師の場合、自分が苦労してきたことを同じように体験させたり、簡単には教えたくないと考える人も少なくありません。

理由⑧教えてもらう側の姿勢が気に入らない

ここまでは教える側の問題でしたが、教えてもらう側に問題がある可能性もあります

「自分は大丈夫だったかな…?」と振り返ってみてください。

【教えてもらう側のNGな行動】

  • 何度も同じことを聞く
  • 教えたことでも「聞いてません」と平気でウソをつく
  • メモを取ろうとしない
  • 「このケアはどうしたらいいですか?」と自分の考えを入れずに質問する
  • 人に教わる謙虚さがなく、態度が悪い
悩む看護師
悩む看護師

たしかに後輩にこんなことをされたら嫌な気分になりますね。

自分の業務の合間に教えることになるので、やる気がない相手のために時間を割くのはムダと感じてしまうのです。

先輩ナース
先輩ナース

自分にはそんなつもりはなくても、周りからは「やる気がなさそう」と見られてしまっている可能性もあります。

自分のやる気が先輩に伝わるようにコミュニケーションを工夫してみましょう。

※ただ単に「気に入らない」という理由で教えてくれないケースもあります。

女性が多い職場は、疲れる…【ムダな消耗を避ける5つの気にしない】働く場所によっては、男性のほうが多いとか女性のほうが多いということはあります。 しかし、看護師の場合は、女性が圧倒的に多い職場です...
【対策】看護師がいじめられない方法|職場で意識する5つのことつらいイジメで精神的に追い詰められていませんか? 看護師の職場は、他の職種に比べてほんとうにイジメが多いです。 【だから多い...

 

仕事を教えてくれない先輩への5つの対処法を試してみよう!

ここからは、仕事を教えてくれない先輩への対処法を紹介していきます。

仕事を覚えるまでの期間はどうしても避けれない問題になるので、今の職場でどう活かせるのかイメージしながら対処法を考えてみましょう。

  • 謙虚な態度で聞いてみよう
  • 何を聞きたいのか具体的に聞く
  • 自分から積極的に聞きにいこう
  • 相手の時間を借りるという意識を持つ
  • 一人から教えてもらおうとしない

謙虚な態度で聞いてみよう

中途採用の場合、自分よりも年下に教えてもらうこともあります

素直に「ありがとうございます」と言えば、とくに問題はありません。

しかし、教えてくれる人が自分よりも年齢&看護師歴が下の場合、わざと難しい質問をしたり、教えてくれた内容に対して「それくらい知っています」的な態度を取ってしまう人もいます。

年齢&看護師歴が上だろうが下だろうが関係なく、お礼は言うべきだし、素直に教えてもらえばいいだけ。

転職や異動をしたときは、「1年目をやり直す」くらい謙虚な気持ちで過ごすことが大切です。

何を聞きたいのか具体的に聞く

新しい仕事は、分からないことばかり。

何が分からないのか把握できないので、分からなければ聞くように言われても「聞くことが分からない…」という人も多いことでしょう。

だからといって、漠然と「教えて下さい」と言われても、何を教えていいのか先輩は困ってしまうし、イライラさせてしまう可能性だってあります。

質問する場合は、聞きたいことを自分なりに整理しておきましょう

先輩ナース
先輩ナース

もし始めから分からないなら、「何から始めたらいいのか」を聞けば◎。

自分から積極的に聞きにいこう

受け身のままでは、誰も教えてくれないかもしれません。

というのも…

あなたが分かっていないということに、他のスタッフが気づいていない可能性があるからです。

みんな自分の仕事で忙しいし、あなたのことを気にかける余裕がないことも。

また、同じ経験年数の看護師であっても、経験や知識もスキルも人それぞれです。

聞いてくれれば教えるけど、聞かれなければ「分かっている」と思ってしまうもの

自分からどんどん声をかけて、積極的に教わりにいく姿勢が大事なんです!

相手の時間を借りるという意識を持つ

教えてくれる先輩は、自分の業務の合間に指導をしてくれます。

つまり、先輩の貴重な時間を使っている訳です。

「今お時間よろしいですか?」と声をかけたり、「お忙しいところお時間を割いていただきありがとうございました」など、ちょっとした先輩への配慮の一言を添えてみましょう

「ごめん。今急ぎの用があるから、終わったら声かけるね」など、態度が一変するかも…。

一人から教えてもらおうとしない

どんな職場でも、面倒見がよい人や、聞きやすい人はいるものです。

上司や教育係に放っておかれているなら、教えてくれそうな人を自分で探すのもひとつの手です。

ただし、毎回 同じ人や、チームが違う人に聞いていれば「何であの人ばかりに聞いているの?」と反感を買ってしまうことも。

また、一番聞きやすい2年目に聞くのも注意しましょう。

 

最後に…

せっかくやる気に満ちて入ってきた職場で、仕事を教えてもらえないという現実に遭遇すると、精神的に疲れてしまいますよね。

教える側に問題もあることもあれば、教えてもらう側に問題があることもあります。

自分で気づかないうちに、先輩に嫌な思いをさせてしまっているかもしれません。

自分の態度も見直したうえで、それでもモヤモヤした気持ちがあるなら転職も考えてみましょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけど、失敗はしたくない…」

そんな方へ看護roo!(カンゴルー)では、読むだけで看護師転職が有利になる限定ガイドブック無料プレゼント中!

例えばこのような質問はありませんか。

  • もっと確実に自分にぴったりの求人を見つける方法は?
  • アピール力が強い志望動機ってどう書くの?
  • 退職交渉にありがちなピンチはどう切り抜ける?

ガイドブックでは、求人の探し方も、履歴書の書き方も、面接のコツも、退職交渉も、役所関連の難しい手続きも、転職に必要なことはぜんぶ丁寧に解説しています。

転職を考えている全ての方におすすめです。