看護師の身だしなみ

夜勤明けのクマがコンシーラーで消えない【5秒でできる疲れ顔の対策】

週1で夜勤に入っていると、目の下のクマが復活して消えない。

いいコンシーラーない?

こんな悩みを抱えていませんか?

寝不足や体調不良が続くと、目元にクマは現れるもの。

「疲れて見える」「老けて見える」と印象年齢を大きく左右するので、気にする人も少なくありません。

目の下のクマ対策の中で最もポピュラーなのが、コンシーラー(メイク)で隠す方法です。

しかし、この方法はオススメしません。

というのも、コンシーラーで隠す方法はもっとも簡単ですが、その場しのぎの対処法です。

看護師は、激務&不規則なので根本的に「クマ」を治さないと、どんどんクマが酷くなるだけ。

そこで今回は、脱コンシーラーで、目の下のクマを消す方法を紹介します。

根本的な対処法をすれば、夜勤中スッピンで働くことができるし、夜勤明けに鏡を見てゾッとしなくなるはず!

看護師の「目の下のクマ」は、根本的な改善が必要!

「メイクでも隠しきれない目の下のクマ」

看護師の夜勤あるあるです。

落ち着いた夜勤なら、ゆっくり仮眠することもできますが、忙しくて仮眠が取れなかった…という日もしばしば。

しかも、夜勤は月4〜6回で、週1であることが基本です。クマが消えることはなく、だんだん濃くなる一方

看護師のクマ対策は、隠してごまかせるのは最初だけです。

根本的に改善しない限り、評判のコンシーラーでもカバーしきれなくなります。

悩む看護師
悩む看護師
根本的な改善って具体的にどうすればいいの?
先輩ナース
先輩ナース
根本的な改善方法を考える上で、まず大事なのが「クマ」のタイプを知ることです。

目の下のクマには3種類あり、それぞれ原因と改善方法が異なります。

 

「目の下のクマ」は3種類!【原因と見分け方、対処方法】

「目の下のクマ」は大きく3タイプに分けられます。

  1. 青クマ
  2. 黒クマ
  3. 茶クマ

見分け方もピックアップしているので、自分がどのタイプかチェックしてみよう!

タイプ 青クマ 黒クマ 茶クマ
原因 血行不良 加齢 色素沈着
見分け方 下に引っ張ると薄くなる 上を向くと改善し、下を向くとより濃く見える 下に引っ張っても、上を向いても薄くならない
解決方法 血行を良くする ハリを与える 美白ケア

青クマ

下まぶたの毛細血管が、疲労や寝不足で血行が悪くなります

その結果、薄い皮膚を通して青黒く見えてしまうのが「青クマ」です。

【青クマの対処法】

目の下を温めたり、優しくマッサージして血行を改善すれば◎。

また、睡眠の質を上げて寝不足を解消することも大切です。

黒クマ

目の下がたるむことで「影」ができます。

下まぶたの皮膚がたるむ、目の周りの筋肉がたるむ、眼窩脂肪が重力の影響で下に落ちてたるむ…など、原因は加齢によるもの

【黒クマの対処法】

目の周りの筋肉の衰えによる肌のたるみの解消は、アイクリームや美容液で集中ケアしましょう。

茶クマ

「茶クマ」は、色素沈着や角質の肥厚、小さなシミが集まることでできます。

アイメイクや洗顔時にこすったり、メイク汚れの蓄積、紫外線ダメージが原因です。

【茶クマの対処法】

紫外線をカットしたり、摩擦刺激を少なくすることも大事ですが、シミやくすみができにくい環境を作ることがポイント!

メラニンの成分を押さえてくれる「美肌コスメ」を使うと、茶クマを予防できます。

悩む看護師
悩む看護師
夜勤明けのクマって「青クマ」だよね?
先輩ナース
先輩ナース
「青クマ」だけとは言いにくいかも。

というのも、自分では気づかないだけで、同時に複数の悩みを抱えている可能性があります。

ホットアイマスクをしたり、しっかり寝てもクマが消えない人も多いはず。

つまり、1年中ずーっと「目の下のクマ」で悩む看護師は、1種類だけでなく複数の掛け合わせです。

 

5秒でできる!疲れ顔・老け顔に見える「クマ」の解消法

慢性的な「目元のクマ」で悩む看護師は、複数の掛け合わせ。

しかし、睡眠不足による「青クマ」が原因だと思っている人も多く、しっかり睡眠を取ってもクマは消えません。

それどころか、どんどん濃くなります。

夜勤前なのに「疲れてるね」「顔色悪いけど、大丈夫?」と心配されたり、「ベテランだと思った」と患者さんから傷つく一言も…。

もうクマで悩むのはやめましょう。

といっても、忙しい看護師にとって、それぞれのクマの対処法をする時間も余裕もありません。

そこでオススメなのが、3タイプのクマを同時にケアできる「アイキララ」です。


消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

  • 青クマ→めぐりをサポートする「Kコンプレックス」
  • 茶クマ→コラーゲンサポート力を高める「ハロキシル」
  • 黒クマ→ビタミンC誘導体「MGA」

この3つを配合しているので、複数の「クマ」に効果が期待できます。

使い方は、1回分のクリームを目元になじませるだけでOK。

注射器の形になっていて、ワンプッシュすれば1回分が出てきます。(ノボラピットなどのインスリン注射と同じ)

クリームを目の下にスーッと伸ばして手を当てた状態で「1、2、3、4、5」とカウントすれば、より浸透しやすくなります。

1日2回塗るだけの簡単ケアだから、忙しい看護師に人気のアイテム!

悩む看護師
悩む看護師
手軽にできるのは興味あるけど、コスメって合う合わないがあるし…。
先輩ナース
先輩ナース
だからこそアイキララがオススメ!

もし効果を実感できない場合は、全額返金保証があるので安心です。

ちなみに返金できる条件は次の通り↓

  • 15日以上使用している
  • アイキララの代金を支払い済み
  • アイキララを受け取って25日以内に申請する
  • 単品購入orお試し定期コース
  • 初回購入である

返金方法は、【全額返金保証制度についてのご案内】を参考にしてください。

悩む看護師
悩む看護師
アイクリームって値段が高いイメージがあるんだけど…。
先輩ナース
先輩ナース
確かに人気のアイクリームは1万円以上ですが、アイキララは3000円ほど。

手軽に購入できる値段です。

アイキララは、評判が評判を呼んで、累計販売数はなんと230万本を突破!

コンシーラーを買うつもりなら、この機会にぜひ試してみてください。

↓↓↓

目の下用アイクリーム『アイキララ』

「アイキララ」の口コミ

 

 まとめ

看護師のクマは、コンシーラーで隠しきれるのは最初だけ。

というのも、コンシーラーは、根本的な解決法ではないからです。

激務&不規則なナースは、根本的に「クマ」を治さないと、どんどん酷くなります。

そこで忙しい看護師にオススメなのが、「アイキララ」です。

1日2回、目の下にクリームを塗るだけ。

青クマはもちろん、黒クマ、茶クマにも効果が期待できます。

ただし、効果ありなしは人によって異なるので、まずは1ヶ月間試してみましょう。

↓↓↓

目元の悩みには目の下用アイクリームの『アイキララ』

夜勤による「肌荒れ」で悩んでいるなら、【夜勤の肌荒れ対策3つ】もチェックしよう!

マスクによる肌荒れは【コチラ